bunko23

鏡の法則(野口 嘉則著)

パンダの温度ハッピー文庫幸せになる本



◆ ひとことで どんな本? ◆

「心のあり方」を変えれば、「現実に起こる出来事」も変わってくる。それが、『鏡の法則』です。

読みやすさ hoshi5
感情ゆさぶり度 hoshi3
目からウロコ度 hoshi5
楽しさ・おもしろさ hoshi3
即効性 hoshi3

 


特にこんな人におすすめ

・夫婦関係がうまくいっていない

・子どもの問題を抱えている

・人間関係がうまくいかない

・人生、ツイてない

・悩みや不満が多い

・「許せない人」がいる

 


◆ ラッキーの感想 ◆

panda1

心の中が不機嫌だと、ますます「不機嫌になるような出来事」が現実に起きてくる。

心の中が上機嫌だと、さらに「上機嫌になるような出来事」が現実に起きてくる。

これが、『鏡の法則』。

この法則を知ってしまうと、「不機嫌でいる」のが怖いんです。もったいないんです。

だから、「いつも上機嫌」を心掛けています。

 


◆ 本の解説 ◆

『鏡の法則』をつかって、我が子のイジメ問題を解決していくという、実話をもとにした物語。

わが子のイジメられる原因が、なんと!「母親の心の奥にある、父親への憎しみ」だったのです。

ちょっと不思議な話に感じるかもしれませんが…

悩みの原因のほとんどは、「相手」ではなく、「自分の心のあり方」なのです。

そのことを理解すれば、人生が大きく変わります。

 

(※Amazonには中古しかないようです)
 
幸せになる本・一覧へ

ハッピー文庫トップへ

パンダの温度トップへ

スポンサーリンク