bunko23

少女ポリアンナ(エレナ・ポーター)

パンダの温度ハッピー文庫幸せになる本



◆ ひとことで どんな本? ◆

読むだけで「プラス思考」が身につく、感動のストーリー。

読みやすさ hoshi4
感情ゆさぶり度 hoshi4
目からウロコ度 hoshi4
楽しさ・おもしろさ hoshi4
即効性 hoshi4

 


特にこんな人におすすめ

・つい、物事の悪い面ばかりを見てしまうクセのある人

・心配性の人

・何か悩みを抱えている人

・不満やイライラの多い人

・ストレスの多い人

 


◆ ラッキーの感想 ◆

panda1

この物語のキーワードは…

「何でも喜ぶゲーム」

主人公の少女ポリアンナが、「何でも喜ぶゲーム」をつかって、世の中をみるみる変えていきます。

 

落ち込んでいる人に、希望を与え、

イジワルな人を、優しい人に変え、

刺々しい町を、愛のあふれる町に変えていく。

それはまるで、天使の魔法のように、すべてが「愛」へと変わっていくのです。

 

それで、「何でも喜ぶゲーム」とは何かというと…

どんな出来事からでも「喜べること」を探すゲーム

つまり、「プラス思考」のことなんです。

 

一人の人間が「プラス思考」を始めると…

本人が幸せになるだけでなく、周りの人たちも明るく優しい人になっていく

そのような「プラス思考の素晴らしい波及効果」をみごとに表現しています。

 

また、読むだけで、「具体的なプラス思考の技術」を身に付けることができると思いますよ。

 

「わたしも、『何でも喜ぶゲーム』を早くやりたい!」

そんな気持ちにさせてくれる作品です。

 


◆ 本の解説 ◆

100年以上前に、アメリカで発売された作品で、

日本には、昭和37年に上陸。

「愛少女ポリアンナ物語」としてフジテレビ系のアニメにもなった、超ロングセラーの感動物語です。

 

・幸せは自分の心で決めることができる

・「何でも喜ぶゲーム」で周りの人の性格まで変えることができる

そんな自己啓発的な内容になっています。

 

これを単なる感動ストーリーとして読むのはもったいない!

ぜひ実行して、幸せな人生を手にしてくださいね。

 

ちなみに…

旧約版の「少女パレアナ」と、

新約版の「少女ポリアンナ」の、

両方が、今でも発売されていますが、

新約版の「少女ポリアンナ」のほうが、読みやすいと思いますよ↓

 

 

幸せになる本・一覧へ

ハッピー文庫トップへ

パンダの温度トップへ

スポンサーリンク