bunko23

ゆるすということ(ジェラルド・ジャンポルスキー著)

パンダの温度ハッピー文庫幸せになる本



◆ ひとことで どんな本? ◆

「ゆるし」の反対は、「人を裁く」。

知らぬ間に「他人と自分を裁きながら生きてきた自分」に気づかせてくれる本です。

「ゆるし」を学び実践することの大切さと、その方法について記してあります。

読みやすさ hoshi4
感情ゆさぶり度 hoshi5
目からウロコ度 hoshi5
楽しさ・おもしろさ hoshi3
即効性 hoshi4

 


特にこんな人におすすめ

・心穏やかに生きたい人

・イライラしがちな人

・落ち込みやすい人

 


◆ ラッキーの感想 ◆

panda1

心から幸せになるための第一歩は…

ゆるすこと。

ぼくは、そう思っています。

 

ここでいう「ゆるす」とは、

「友達を許す」とか「父を許す」という一般的な「許し」とは少し違います。

 

「人をジャッジしない、裁かない、責めない」

ということです。

 

多くの人が「人をジャッジするクセ」を持っています。

そのクセが、自分自身を苦しめているのです。

 

たとえば…

「こんな所にゴミを捨てて、非常識だ!」と他人を裁いても、自分がムカムカするだけですよね。

テレビのニュースに向かって、「なんて、けしからん奴だ!」と文句を言っても、自分の気分が悪いだけです。

 

このように、人をジャッジしながら生きるよりも、

愛に身をゆだねて生きたほうが、はるかに心地いい。

 

この本には、そのことが分かりやすく書かれていて、読んでいるだけでも癒されます。

 

一億総評論家時代といわれる現代において、

すべての日本人に読んでもらいたい一冊です。

 


◆ 本の解説 ◆

著者は、世界的に有名な心理療法士・ジェラルド・ジャンポルスキーさん。

・「ゆるし」とは、いったい何なのか?

・ゆるすと、どう人生が変わるのか?

・どのように、ゆるせばいいのか?

など、「ゆるし」についてのすべてが詰まった本です。

 

他人をゆるし、自分をゆるすことによって、はじめて得られる心の安らぎ。

「そうか!幸せって、そういう心の状態なのか!」

と、気づかせてくれる一冊です。

 

 

幸せになる本・一覧へ

ハッピー文庫トップへ

パンダの温度トップへ

スポンサーリンク