「聞き上手な人」が使っている簡単テクニック

hissya

vol.0137

「聞き上手になるには、どうしたらいいのだろう?」

20151126kangae

 

聞き上手になるために…

たくさんのノウハウを身につける必要はありません。

 

「たった1つ基本テクニック」さえ覚えておけば、

あなたはすでに「聞き上手」の仲間入りです!

20151126han

 

今回は、『聞き上手な人が使っている簡単テクニック』をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

 

「聞き上手」と「聞きベタ」の違いは?

 

「聞き上手」と「聞きベタ」の違いとは、いったい何でしょうか?

 

それは…

「教わる姿勢」か、「教える姿勢」かの違いです。

 

聞きベタな人は、「教える姿勢」

 

聞きベタな人は…

「教える姿勢」で会話をすすめてしまいます。

 

相手の話を「理解しよう」として聞いているのではなく…

「教えよう」「答えよう」として聞いている

 

「自分も意見を言わなければならない」

という気持ちが強いのですね。

20151126jiman

 

だから、聞いてる表情は、

どこか「うわの空」。

20151126uwanosora

 

そして、口を突いて出てきてしまう言葉が、

・「でも、だって、だけど」という自己主張

・「その事なら、もう知ってるよ」というような自慢話

20151126osieru

これらが、話の腰を折ってしまいます。

 

聞き上手な人は、「教わる姿勢」

 

反対に、聞き上手な人は…

「教わる姿勢」で話をすすめます。

 

「昨日、新しくできたイオンに行ってきたよ!」

へー、もう行ったんだ!で、どうだった?(教わる姿勢)

「聞いてよ~、それがね…」

という具合に、「教わる姿勢」で相手の話を引き出します。

20151126kaiwa

 

また、「プロの聞き上手」といえば、トーク番組の司会者。

「徹子の部屋」の黒柳徹子さんも、

「ごきげんよう」の小堺一機さんも、

明石家さんまさんも、

ダウンタウンの浜ちゃんも、

名司会者は、みんな「教わる姿勢」。

 

「それで、どうなったの?」

「そのとき、どう思った?」

「きっかけは、なんだったの?」

というように、

常に「教わる姿勢」で話をすすめます。

 

では…

「教わる姿勢」とは、具体的にどのような行動でしょうか?

これが、今回の記事の本題。

 

たった1つのテクニックさえ覚えておけば…

「教わる姿勢」は簡単に作れます。

 

テクニックとはいっても、

誰にでもできることです↓

 

聞き上手な人が使っている基本テクニック

 

聞き上手な人が使っている基本テクニック。

それが、こちら↓

褒める
↓↓↓
質問
↓↓↓
うなずく

 

このスリーステップが、

聞き上手な人に共通するテクニック、

「教わる姿勢」です。

 

①「褒める」ことで、相手を気持ちよくする

②次に「質問」で、話を広げる

③「うなずく」ことで、相手に気持ちよく話してもらう

 

もう少し、具体的に説明させていただきます。

 

褒める&質問

 

ハリウッドスターが、映画の宣伝で来日すると…

若手の女性アナウンサーがインタビューをおこないます。

20151126intabyu

 

彼女たちは、さすがプロの聞き上手!

大スターを前にしながら、臆することがありません。

 

なぜ、そのようなことができるのでしょうか?

 

それは、やはり…

「褒める&質問」を、たくさん準備しているからです。

20151126memo

 

ラストの格闘シーンは、大迫力ですね!(褒める)

ありがとう!

格闘技の経験があるのですか?(質問)

実はね……

 

このような、「褒める&質問」をいくつも用意している。

だから、聞き上手なのです。

 

これを、日常生活で応用すると…

山田さんって、お肌きれいよね!(褒める)

「あらま、おじょうず!」

なにか秘訣でもあるんですか?(質問)

「みんなにはナイショよ!実はね…」

えっ、それどこで売ってるんですか?(質問)

と、こんな感じ。

20151126osyaberi

 

日常会話では、「褒める&質問」をわざわざ準備する必要はありません。

「まずは褒めて、それを質問する」

たったこれだけです。

 

うなずく

 

「褒める&質問」のあと、

自分は聞く側になります。

 

そのときに大切なのが、「うなずく」こと。

 

たかが「うなずき」ですが、

相手を気持ちよくする効果は絶大です。

 

心理学の研究でも…

「うなずく回数を増やすだけで、相手は気持ちよくなり、1.5倍も口かずが増える」

ということが分かっています。

 

うなずくときのコツは…

「深くうなずく」こと。

 

いつもの2倍~3倍。

「ちょっと大げさかな」と思うぐらいが丁度いい。

 

そして、「目を大きく開く」ことです。

 

しっかりと、うなずいてさえいれば…

相手は気持ちよく話をしてくれます。

 

こちらは「うん、うん」「へー!」と相づちを打つだけで、驚くほどスムーズに会話が進むはずです。

 

「聞き上手のテクニック」まとめ

 

「話し上手になりたい、話し上手と思われたい」

 

そんな気持ちが強い人ほど、

「聞くこと」をおろそかにしがち

 

「話し上手は、聞き上手」と昔から言われているように、

話し上手になりたければ…

まずは「上手に聞く」ことが肝心です。

 

そのための近道が…

褒める ⇒ 質問 ⇒ うなずく

 

このパターンさえ活用できれば、

もう立派な「聞き上手」。

そして「話し上手」です。

 

相手は話をしたあとに、

「ああ、気持ちよかった!」と感じることでしょう。

 

「話し方のクセ」は急には直らないので

最初は、多少の努力が必要かもしれません。

 

まずは、身近な友達・家族・同僚などを相手に、ぜひ試してみてください。

その効果を、すぐに実感できるはずです。

 

以上、「『聞き上手な人』が使っている簡単テクニック」でした。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!
(心理カウンセラー・ラッキー)

スポンサーリンク