【会話が続かない…】話が弾む「上手なあいづち」の法則

IMG_0421-5

夢の中では、ジャニーズに所属してました。こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。


 

vol.0085

「会話が続かない…」

「話が弾まない…」

20150603otikomu

「きっと僕には、会話の才能がないんだ…」

 

それ!

「あいづち」が間違っているだけかもしれません。

 

話し方は才能ではなく、スキルです。

今回は、「話が弾む上手なあいづちの法則」を、ご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

 

あいづちが悪いと、会話が続かない

会話が続かないのは、あいづちが悪いケースがほとんど。

●会話が続かない「悪いあいづち」の例

「目覚まし時計の電池が切れて、遅刻したんだって~!」

へー!そうなんだ~

「………」

●話が弾む「上手なあいづち」の例

「目覚まし時計の電池が切れて、遅刻したんだって~!」

へー!ビックリしたよね?

「そうなんだってー!飛び起きて、めちゃめちゃ急いで……」

このように、「へー!そうなんだ~」は悪いあいづち。

そこで会話が終了してしまいます。

 

へー!ビックリしたよね?」は上手なあいづち。

相手は、ビックリした時の光景を思い出し、自然と話が弾みます。

20150603tikoku3

 

「悪いあいづち」と「上手なあいづち」は、いったい何が違うのでしょうか?

上手なあいづちには、ある1つの法則があります。

 

上手なあいづちの法則

上手なあいづちの法則、

それは…

「相手の気持ち」を入れること。

 

先ほどの「へー!そうなんだ~」には、相手に気持ちが入っていません。

 

へー!ビックリしたよね?」には、「ビックリした」という相手の気持ちが入っています。

 

「相手の気持ちが入ったあいづち」が、上手なあいづちです。

 

人は「気持ち」を刺激されると、

過去の記憶がよみがえり、エピソードがあふれてきます。

すると、感情も盛り上がり、もう話は止まりません。

 

女性同士の会話が盛り上がりやすい理由も、ここにあります。

 

男性の会話は「意見」が中心。

女性の会話は「気持ち」が中心。

 

「そう思わない?」「わかる~」「だよね~」「そうそう!」と、気持ちを中心に話をするから、あんなに盛り上がれるのです。

20150603jyosikai

 

話を弾ませるコツは…

「相手の気持ち」をあいづちに入れること。

相手の気持ちを「会話の主役」にすることです。

すると、ほかっておいても話がふくらみ、自然と会話が弾みます。

 

「あいづち」良い例・悪い例

「上手なあいづち」と「悪いあいづち」の事例を、いくつかご紹介します。

ここを読むだけでも、「話し上手」に近づけるはず。

ぜひ、「相手の気持ち」になって読んでみてください。

20150603tukin

「毎日、2時間かけて通勤してるんですよ」

 

♠悪いあいづち

えー!それは遠いですね
↓↓↓
「はい、疲れちゃいます」

 

♥上手いあいづち1

えー!イヤになっちゃいません?
↓↓↓
「それがね、意外と充実してるんですよ。読書したり…」

 

♥上手いあいづち2

えー!くたびれるでしょう
↓↓↓
「そうなんですよ~、家を衝動買いしちゃったんですけど、もう…」

20150603nekuresu

「このネックレス、3か月探してやっと見つけたんだ!」

 

♠悪いあいづち

へー!どこで買ったの?
↓↓↓
「楽天だよ」

 

♥上手いあいづち1

へー!嬉しかったでしょう
↓↓↓
「そうそう!見つけたときは、キャー!って…」

 

♥上手いあいづち2

へー!めちゃカワイイね!
↓↓↓
「でしょ!一目惚れしちゃって、もう必死で探して…」

20150603nyuin

「実は、妻が入院してるんですよ~」

 

♠悪いあいづち

えっ!何の病気ですか?
↓↓↓
「えーっと、婦人系の病気で…」

 

♥上手いあいづち1

えっ!それは心配でしょう
↓↓↓
「そうなんですよ~、実は半年前から…」

 

♥上手いあいづち2

えっ!大変そうですね
↓↓↓
「ええ。僕、洗濯すらしたことがないんで、家のことが…」

20150603okinawa

「連休は、沖縄に行ってたんですよ~」

 

♠悪いあいづち

へぇー!沖縄のどちらへ?
↓↓↓
「本島と宮古島です」

 

♥上手いあいづち1

へぇー!素敵なところありました?
↓↓↓
「とにかく海が綺麗で、スキューバをしたんですけどウミガメが…」

 

♥上手いあいづち2

へぇー!料理もおいしかったでしょう
↓↓↓
「それはもう、食べ過ぎちゃいました!ソーキそば、ゴウヤチャ…」

20150603eigyo

「仕事は、住宅販売の営業なんです」

 

♠悪いあいづち

ほー!どちらの会社で?
↓↓↓
「セキスイです」

 

♥上手いあいづち1

ほー!難しそうですね
↓↓↓
「そうなんですよ~!簡単に売れるものでもないですし、ノルマも…」

 

♥上手いあいづち2

ほー!腹が立つこともありません?
↓↓↓
「そうそう!この前もクレームが…」

 

上手いあいづちには、

「嬉しい」「カワイイ」「おいしい」「ツラい」「心配」「大変」

などの相手の気持ちが入っています。

 

このワンパターンさえ覚えておけば、

話を盛り上げることは、いとも簡単!

 

ちなみに、テレビのトーク番組の司会者も、このワンパターンで話を進行しています。

 

「話が弾む上手なあいづち」のまとめ

人は、なぜ「おしゃべり」をするのか?

 

それは、

「たまっている気持ちを吐き出してしまいたい」からです。

 

あいづちで「相手の気持ち」を刺激すると、

たまっていた感情があふれ出し、話が盛り上がる。

 

その結果…

相手は、「あ~スッキリした!また、あなたと話したい」となります。

 

話し上手は、あいづち上手!

「相手の気持ちが入ったあいづち」を、ぜひ一度お試しください。

 

以上、『【会話が続かない…】話が弾む「上手なあいづち」の法則』でした。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!
(心理カウンセラー・ラッキー)

スポンサーリンク