【日曜の夜は憂鬱…】サザエさん症候群3つの対策

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

ファックスで書類もハガキも送れましたが、海苔は送れません。。こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。


 

vol.0063

先日、『サザエさん症候群』のご質問をいただき、

メールで回答をお送りしたのですが…

 

リターンメールで帰ってきてしまいました。

20150417meru

 

お便りに、

いずれ記事の中で取り上げていただけたら、それで十分です

とありましたので、

この場を借りて、回答させていただきます。

スポンサーリンク

 

『サザエさん症候群』についてのご質問

 

●ご質問内容●

日曜日の夜的な感じでしょうか。

「明日は仕事・学校か。イヤだなぁ」といった憂鬱感の軽減はありますか?

 


ご質問の、

  •  日曜日の夜的な感じ
  •  「明日は仕事・学校か。イヤだなぁ」といった憂鬱感

20150417tameiki

 

これは、

『サザエさん症候群』

『ブルーマンデー症候群』

と呼ばれています。

 

他にも、

『五月病』や、『テスト前・夏休み終盤の憂鬱感』も、同じ精神状態だと思います。

 

ホント、嫌な気分になりますよね!

 

この憂鬱感を軽くする『心理学的な方法』は…

 

残念ながら、思い当たりません。

医学的にも、「解決法はない」というのが基本的な考え方のようです。

 

ただ、

「対策」は3つありますので、ご紹介させていただきます。

使えそうなものがあれば、ぜひ試してみてください。

 

と、その前に、

『サザエさん症候群』には、怖い病気が隠れいる可能性もあります。

20150417odoroki

まずは、そちらから。

 

生活に支障をきたすほどの『サザエさん症候群』

 

サザエさん症候群も、人それぞれで、

ひどい人は、頭痛・腹痛・吐き気・倦怠感などの身体症状が出ることがあります。

20150417zutuu

 

もしも、そのよう自覚症状があるのなら…

早めに病院で診察を受けてください。

20150417sinsatu

 

なぜなら、

軽い『うつ病』『適応障害』の可能性が、少なからずあるからです。

 

心の病のほとんどが、進行性。

ガンと同じで、ほかっておくと、どんどん悪化します。

 

「軽いガンだから、大丈夫!病院には行かないよ」

20150417daijyoubu

という人はいません!

 

同じように、

心の病も、軽いからといって、そのまま放置してはいけません。

 

心の病は、早期発見・早期治療が鉄則

 

精神科、神経科、心療内科、メンタルクリニックなどの病院で受診することができます。

20150417jyusin

 

少し話がそれてしまいましたが、

次は『サザエさん症候群の対策』3つです。

 

サザエさん症候群の対策① 考え方

 

サザエさん症候群の対策として、まずは『考え方』を2つ。

考え方を変えることで、少しは楽になると思います。

20150417egao


人間に備わった機能に、無駄なものは何一つありません。

 

憂鬱感や不安感も、大切な機能。

『行動』を起こすために、神様が付けてくれた大切な能力です。

20150417kamisma

 

受験勉強でも、

「みんなもやってるから…」という不安感や、

「落ちたらどうしよう…」という憂鬱感がなければ、

あんなに頑張れるものではありません。

20150417benkyou

 

『サザエさん症候群』と聞くと、

何かの病気みたいに感じてしまいますが…

 

本当は、

『頑張るためのエネルギー』

『気持ちを切り替えるスイッチ』

20150417suitti

「明日から、また頑張らなくちゃいけない」という気持ちにさせてくれるスイッチ…

それが、『サザエさん症候群の憂鬱感』です。

 

この事実を踏まえていれば、

憂鬱感が湧いてきても…

「あ、今週も正常に機能してるみたいだ」

と、安心することができます。

20150417nattoku

 


考え方の2つ目は、

『小さな悩みでも、心はイッパイになる』

ということ。

20150417aozame

 

どういうことかと言いますと…

2リットルのペットボトルを満タンにするには、当然、『2リットルの水』が必要です。

20150417mizu

 

しかし、

心の場合は、そうではありません。

大きな悩みであろうと、小さな悩みであろうと、

心はイッパイになります。

 

たとえば…

戦時中なら、

「明日の食べ物はどうしよう」というような命にかかわる悩みで、心がイッパイだったと思います。

 

平和な今では、

「歯が痛い」「手に平にトゲが刺さった」という小さな悩みでも、心がイッパイになってしまいます。

20150417haita

 

つまり、

『サザエさん症候群で心がイッパイになっている』

ということは、

それ以上の悩みがない証拠。

幸せなのです。

 

病院に行くと、よくわかりますが…

世の中、多くの人が『病気』『障害』を抱えながら生きています。

顔には出さないけど、笑顔で一生懸命に生きています。

20150417kurumaisu

 

心をイッパイにしている悩みが、『サザエさん症候群の憂鬱感』なら、その人は絶対に幸せなはず。

 

この事実を踏まえていれば、

憂鬱感が湧いてきても…

「あ、僕の最大の悩みは、明日会社に行くことなんだ」

と、安心することができます。

20150417nattoku

 

サザエさん症候群の対策② 好きになる

 

イヤなことが待っていれば…

「イヤだなぁ」と感じるのは当然のこと。

 

『明日はデート』なら、憂鬱にはならないですよね!

20150417deto

 

一流のビジネスマンや実業家は、

仕事にやりがいを感じているので、月曜の朝が待ち遠しい人が多いそうです。

20150417erito

 

つまり、

『イヤなこと』『楽しいこと』に変えてしまえば、月曜日が待ち遠しくなる!

 

とはいっても…

仕事や学校を、楽しいものに変えるって、難しいですよね!

突然、明日から「実業家」にはなれないし…。

 

そこで、『イヤなことを楽しむコツ』を、2つご紹介します。

 


1つ目は、

好きな異性を作る

20150417suki

 

(職場や学校などの)行きたくない場所に、『好きな異性』を作るのも、1つの手です。

 

隣の席が大好きな子なら、勉強嫌いな子供でも、学校が楽しくなります。

20150417kapuru

 

それと同じで、

好きな人が近くにいるだけで…

『イヤなこと』が、『楽しいこと』に変わります。

 

憂鬱な日曜の夜でも…

「明日はがんばって、○○君とお話するぞ!」なんて思ってると、ワクワクして寝られなくなっちゃうかもわかんない。

 

次に、イヤなことを楽しむコツの2つ目は、

ゲーム化

 

昔、ある会社で、欠勤する社員が多くて困っていたそうです。

20150417syatyo

そこで、面白い実験が行われました。

 

出勤時に、トランプのカードを一枚渡す。

月曜~金曜までのカード5枚で、ポーカー勝負。

20150417poka

 

トップの人には20$と、賞金は少ないですが、

このゲームを始めたら、グッと出勤率が上がったのです!

20150417jyousyou

 

それで、

ゲームをやめると、出勤率は元通りに下がり、

20150417kakou

ゲームを再開すると、出勤率がまた上がったそうです。

20150417jyousyou

 

ゲームという楽しみが1つ増えるだけで

出勤に対する面倒くささが、多少なりとも減るわけです。

 

このような楽しみをドンドン増やすことで、仕事も徐々に楽しくなると思います。

 

具体的には…

『今日は、部長が何回怒鳴るかで、友達とジュースをかける』とか、

20150417butyou

『昨日は1時間で30個作れたから、今日は31個に挑む』とか、

数値化してゲームにすると、意外と楽しめます。

 

楽しみが1つ増えれば、憂鬱は1つ減る。

楽しみが10個増えれば、憂鬱は10減る。

 

そして、好きな異性が近くにいれば、もっと楽しくなる!

 

『イヤなこと』『楽しいこと』に変えることができれば、サザエさん症候群はいづれ消滅するでしょう。

 

まとめ

 

長くなってしまいましたので、

要点だけを、まとめさせていただきます。

 

憂鬱感や不安感は、『イヤなこと』をさせるために、神様が付けてくれた大切な能力。
↓↓
「あ、今週も正常に機能してるみたいだ」と、安心することができます。

 

●『サザエさん症候群で心がイッパイになっている』ということは、それ以上の悩みがない証拠。
↓↓
「あ、僕の最大の悩みは、明日会社に行くことなんだ」と、安心することができます。

 

●『イヤなこと』を『楽しいこと』に変えることができれば、サザエさん症候群はいづれ消滅する。
↓↓
『好きな異性を作る』・『ゲーム化』

 

ご質問の回答になっているか、わかりませんが、

思いつくことを、いろいろと書いてみました。

 

「使えそう!」と思うものがあれば、ぜひ試してみてください。

 

以上、『【日曜の夜は憂鬱…】サザエさん症候群3つの対策』でした。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!
(心理カウンセラー・ラッキー)

スポンサーリンク