【心が折れそう…】人生に疲れた人に効く3つの質問

hissya

vol.0081

人生に疲れた人に効く3つの質問

「人生に疲れた…」

「もう心が折れそう!」

20150528otikomi

何をしても上手くいかなかったり、悪い出来事が重なったり…

そんな時期は、誰にでもあるはずです。

今回は、そんな人の「心を救ってくれる3つの質問」をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

 

質問① あなたより不幸な人を思い浮かべてください

 

1つ目の質問は…

「今の自分より、もっと不幸な人を考えてみる」というもの。

 

  • 自分より、追い込まれている人
  • 自分より、深い悲しみを持った人

このような人のことを想像し、その人の気持ちを思ってみると…

自分のツラさは、徐々に薄らいでいきます。

 

今日リストラされた人から見れば…

「仕事が上手くいかない」という悩みは、うらやましい話かもしれません。

 

難病の人から見れば…

多少の借金など、なんでもない事かもしれません。

20150528byouki

 

落ち込んでいるときは、「現状が最低最悪!」と感じてしまうもの。

20150528kanasimi

それは、視野が狭くなっていることが原因です。

 

「自分より不幸な人」を想うことで…

視野が広がり、自分の置かれた現在地も見えてくる。

すると、心が楽になって、余裕も出てきます。

 

ツラいときに心が折れて、自分が潰れてしまっては、どうしようもありません。

「不幸のどん底にいる」と感じたときは、この質問を使って、少しでも元気を取り戻してください。

 

質問② 尊敬する人なら、どうすると思いますか?

 

2つ目の質問は…

「尊敬する人があなたの立場なら、どう行動するのか?」というもの。

 

尊敬する人は、誰でもかまいません。

坂本龍馬・野口英世・アインシュタインなどの偉人でもいいし、

両親・先輩・矢沢永吉・神様・ヨン様でもかまいません。

 

あるいは、学費をアルバイトでまかなっている隣の良子さんでもOK。

20150528arubaito

 

尊敬する人の「いきざま」には…

人生のお手本や、テクニック、ノウハウが隠れています。

 

「もし、あの人ならどうするだろう?」と考えると…

「今あなたがすべきこと」を、その人が教えてくれます。

そして、勇気まで与えてくれる。

 

もしも、尊敬する人が相田みつをなら…

たまには涙をみせたっていいんだよ、人間だもの

と、励ましてくれるかもしれません。

 

もしも、尊敬する人が矢沢永吉なら…

こんな時こそ、ロックンロールでしょ!

と、元気づけてくれるかもしれません。

 

あなたの尊敬する人は…

現状を打開するための「テクニック・アイディア・心構え」などを、きっと教えてくれるはずです。

 

質問③ 1つ書くたびに一万円もらえるとしたら、あなたは「今の幸せ」を何個あげられますか?

 

3つ目の質問は…、

「現状の幸せを、とにかくたくさん書いてください」というもの。

 

その内容は、どんな事でもかまいません。

「風邪を引いていない」とか、「指が10本ある」でもいいし、

「お風呂が気持ち良かった」とか

「セカオワの新曲が良かった」でもOKです。

 

なぜ、「幸せ」をたくさん挙げるのか?

それは、感謝するためです。

 

感謝を増やしていくと…

脳内に緊張をほぐすホルモン「セロトニン」がふえ、ストレスが軽減さます。

また、快感ホルモンの「ドーパミン」、鎮痛ホルモンの「エンドルフィン」も分泌されます。

 

心理学の研究でも…

感謝できることを書き出していると、

幸福感が高くなり、

意志が強くなり、

エネルギッシュになり、

楽天的になれる

ことが分かっています。

 

20150528genki

 

人は嬉しいと感謝したくなりますが…

落ち込んだり、イライラしているときは、なかなか感謝できないものです。

 

しかし、落ち込んだときこそ「感謝」が大切!

 

肝心なのは、現状の幸せに気づくこと。

「当たり前」を、「感謝」に変えていくことです。

 

「今の幸せ」に気づけば、感謝ができる。

感謝をすれば、幸せを感じる。

「感謝と幸せ」はハッピーセットなのです。

 

心が折れそうなときには、やる気も落ちていると思いますが…

1つ書くたびに一万円!201505281man

という勢いで、感謝できることをドンドン挙げてみてください。

 

不思議と、心が落ち着いてくるはずです。

 

幸せは、質問力で決まる!

 

「人生に疲れた人に効く3つの質問」を見てきましたが…

なぜ、質問形式にしたのか?

 

それには、大きな理由があります。

 

その理由は…

落ち込みやすい人は、「自分への質問」が苦手だから。

 

「自分への質問なんて、考えたこともない」かもしれませんが…

人生を幸せに生きている人は、「自分を幸せにする質問」がとても上手です。

 

たとえば、

「この試練から、何を得られるだろう?」

「なぜ神様は、この悲しみを与えたのだろう?」

と、自分の成長につながる質問をします。

 

逆に、落ち込みやすい人は…

「どうして、上手くいかないのだろう?」

というような曖昧な質問をして、マイナス面にフォーカスしてしまう。

 

すると、出てくる出てくる!

「能力がないから」

「知識がないから」

「経験が足りないから」

「頭が悪いから」

「顔が悪いから」

 

このマイナス面の数に圧倒され、

身動きが取れなくなり、

その結果、落ち込んでしまうのです。

 

「自分を勇気づける質問」や「プラス面にフォーカスする質問」を持つことで、あなたの人生を劇的に変えることができます。

 

ピンチは、チャンス!

 

壁にぶつかり、落ち込んだときは、とても苦しいものです。

 

しかし、ピンチのときこそ、自分を成長させる絶好のチャンス。

どんな困難であれ、必ず将来のプラスになります。

 

ソフトバンクの孫正義さんは、「困難」をこのようにとらえています。

「うまくいかなくても、やったことは全部、将来の自分にプラスになる!」

 

元プロ野球選手の桑田真澄さんの場合は、こうです。

「目の前に起こったことは、すべてパーフェクトなのだ!」

 

このように考えているので、

誰かのエラーで試合に負けても、腹が立ったり、落ち込んだりしたことは一切なかったそうです。

 

人生のどん底では「覚悟」が試されます。

考え方を切り替えて、ピンチをチャンスに変えていきましょう。

 

「人生に疲れた人に効く3つの質問」のまとめ

 

何をしても上手くいかず、人生に疲れてしまったときは「3つの質問」で元気を取り戻しましょう。

 

3つの質問

① あなたより不幸な人を思い浮かべてください

② 尊敬する人なら、どうすると思いますか?

③ 1つ書くたびに一万円もらえるとしたら、あなたは「今の幸せ」を何個あげられますか?

 

これらの質問に答えることで…

  • 打開策が見えてくる
  • 勇気を与えてくれる
  • 幸福感が高くなる
  • 楽天的になれる

 

3つの質問に必要な時間は、10分程度だと思います。

とても簡単に心とカラダを楽にできますので、ピンチのときはぜひ試してみてください。

 

以上、『【心が折れそう…】人生に疲れた人に効く3つの質問』でした。

●こんな記事もありますよ●

「解決しない」という解決方法もあります
↓↓↓
もう心が折れそう… 【もう心が折れそう…】心がつらいときに『なにもしない』という選択

☆こちらの名言も、ぜひどうぞ!
↓↓↓
落ち込んだときに効く名言

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!
(心理カウンセラー・ラッキー)

スポンサーリンク