心晴日和(喜多川 泰著)


 


 

◆ ひとことで どんな本? ◆

女性なら一度は悩む「女同士の人間関係」。それを見事に乗り越える知恵を描いた物語。

読みやすさhoshi4
感情ゆさぶり度hoshi4
目からウロコ度hoshi3
楽しさ・面白さhoshi3
即効性hoshi3

 


 

特にこんな人におすすめ

・学生

・女同士の人間関係に悩んでいる

・ハツラツとした人生を歩みたい

・人間関係に疲れて無気力な人

・キャリアウーマン

 


 

◆ ラッキーの感想 ◆

panda1

人生は、「自分の発する言葉」どおりになっていきます。

「面倒くさい」「どうせ無理」「うざい」が口グセなら、そのような人生になっていく。

反対に、「うれしい」「楽しい」「ツイてる」が口グセなら、そのような人生になっていく。

いわゆる「言霊のチカラ」を思い知らされる本です。

 


 

◆ 本の解説 ◆

知らないうちに、自分で「不幸」を集めて生きている人がいる。

反対に、積極的に「幸せ」を集めて生きている人もいる。

その違いに気づいた主人公・美輝は、イジメられっ子から一転、素晴らしい人生を手に入れていきます。

 

 

幸せになる本・一覧へ

ハッピー文庫トップへ

パンダの温度トップへ

スポンサーリンク

サイト内検索

更新日:

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2017 AllRights Reserved.