アラン先生と不幸な8人(五百田 達成)


 


 

◆ ひとことで どんな本? ◆

「幸せな人生を歩みたかったら、考え方さえ変えればいい」と気づかせてくれる本。

読みやすさhoshi5
感情ゆさぶり度hoshi4
目からウロコ度hoshi4
楽しさ・面白さhoshi5
即効性hoshi3

 


 

特にこんな人におすすめ

・人との関わりが嫌い

・夢がない

・幸せを感じられない

・自分が嫌い

・すぐに腹が立つ

・親のことが嫌い

・生きる意義がわからない

・人間不信

 


 

◆ ラッキーの感想 ◆

panda1「幸福の度合いとは、気持ちの持ちようでほぼ決まってしまうようだ」

リンカーンの有名な言葉ですが…

この本の感想を一言でいえば、リンカーンの言う通りです。

 

・人生も、人間関係も、お金も、考え方一つで豊かになる

・考え方を変えれば一瞬で幸せになれる

・幸福になれる条件も、ましてや幸福な人の人数制限もない

という人生のコツを、笑いながら学べる一冊です。

 


 

◆ 本の解説 ◆

主人公アラン先生が、「日本一不幸な学校の8人」を次々と幸せに導くエンターテインメント小説。

不幸な8人の名は…

  • 人嫌男
  • 金信女
  • 夢無男
  • 失恋女
  • 戦争男
  • 毒親女
  • 自殺男
  • 不幸男

この8人が、アラン先生との会話でどんどん幸せに近づいていく。

 

「ほとんどの不幸は、自分の頭がつくっている偽物の不幸

だから、“幸せな人生"を歩みたかったら、考え方を変えればいい」

その方法を、アラン先生は見事に解説していきます。

 

「あっ!自分にもこんな間違った思考グセがあるわ」

「そうか!そう考えればいいのか」

読みながら、そんな気づきがたくさんあるはずです。

 

【目次】
・1時限目 人間関係の授業「人嫌男」
・2時限目 お金の授業「金信女」
・3時限目 仕事の授業「夢無男」
・4時限目 恋愛の授業「失恋女」
・5時限目 怒りの授業「戦争男」
・6時限目 親子関係の授業「毒親女」
・7時限目 命の授業「自殺男」
・8時限目 幸せの授業「不幸男」

 

 

 

幸せになる本・一覧へ

ハッピー文庫トップへ

パンダの温度トップへ

スポンサーリンク

サイト内検索

投稿日:

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2018 All Rights Reserved.