【おすすめ新刊】うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた

更新日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。


 

 

今まで、ブログで「新刊」をご紹介したことはなかったのですが…

「どうしても話さずにはいられない」くらい良い本をみつけたので、ご紹介させてください。

 

タイトルは…

「うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた」

うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた

著者は、メンタルハッカーほっしーさん。

 

内容をひと言でいうと…

「うつマッビング」をつくって、僕はうつ病を改善してますよ

という感じ。

 

この「うつマッビング」というアイディアが、シンプルなのに超斬新!

「何でみんな、今まで思い付かなかったの?」という、まさにコロンブスの卵です。

 

 

「うつマッビング」ってナニ?

 

ほっしーさんの作った「うつマッビング」は、ずばりこれ↓

 

うつマッビング

(ほっしーのメンタルハック「うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた」から抜粋)

 

縦軸が「効果」、

横軸が「難易度」です。

 

マッビング

 

●「効果のありそうな方法」を手当たり次第に試してみて、書き込んでいく

↓↓↓

●自分にとって効果の高い方法をしる

 

やり方は、こんなにシンプル。

A4用紙1枚あれば、誰でも作れちゃいます。

 

 

このシンプルなアイディアが、凄い!

 

「うつに何が効くかは、人それぞれ」というのが、うつ治療の難しいところ。

うつだけでなく、心の病のすべてに言えることだと思います。

 

・「薬が効いた」という人もいれば、「悪化した気がする」という人もいます

・「運動がいい」という人もいれば、「外にも出たくない」という人もいます

 

「だったら、自分専用のメニューをつくりましょうよ」というのが、うつマッビング。

 

もしかしたら近い将来、「お医者さんと、うつマッビングをつくる」というのが心の治療のメインになる。

そんな予感すらします。

 

 

内容も、おもしろい!

 

「おもしろい」と言ったら怒られてしまうかもしれませんが…

ほっしーさんは、とても興味深いところまで研究されています。

 

たとえば、うつマッビングの一番右上。

うつマッビング2

 

「効果大・難しい」のところに、なんとお金

リアルな話ですね。

 

現代人にとって、「お金について考え過ぎること」が心を病む最大の原因なのかもしれません。

実際に「大金が手に入れば、ほとんどのうつは治る」と断言している認知科学者もいるほどです。

 

それから、一番左上。

うつマッビング3

 

「効果大・お手軽」のところに、なんと愛犬

 

愛犬の効果は…

・100パーセントの愛情を返してくれる

・自分の存在意義を感じられる

・心が浄化される

などなど。

 

ほっしーさんは、お医者さんではアドバイスしてもらえないことも、あれこれ試していらっしゃいます。

悩む人にとって、こういう「日常のリアルな話」ほど、役立ったりするものなんですよね。

 

 

書籍化された経緯もおもしろい!

 

「うつマッビング」が書籍化された経緯もおもしろい!

 

最初は、「1つのツイート」から始まったそうです。

それが、これ↓

 

 

驚くことに、リツイートだけで24000以上。

 

話題が話題をよび、博多でイベント開催。

ついには、書籍化されたそうです。

 

うつに悩む人にとっては、「こういうアイディアを待ってました!ありがとう!」ということでしょうね。

 

 

まとめ

 

2014年の精神疾患患者は392万人(厚労省)。

約30人に1人の割合です。

 

「うつマッビング」によって、今よりも多くの人が救われれば、ぼくにとってもこんなに嬉しいことはありません。

 

「うつマッビング」の概要は、ほっしーさんのこちらの記事で、だいたいわかると思います↓

うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた

 

もっと詳しく知りたいという方は、ぜひ本を手にとってじっくりと読んでみてくださいね。

 

 

 

☆☆☆

以上、【おすすめ新刊】「うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた」でした。

 

●こんな記事もありますよ

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 

☆ラッキーのTwitter☆


★読むだけでみるみる幸運になる「ラッキー語録」も、TwitterとFacebookで無料公開中!


フェイスブック はじめました



この記事が役立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してね。

-健康
-, , ,

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2018 All Rights Reserved.