「子どもに愛情を注ぐ」の愛情とは何か?具体例・注意点

更新日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。


 

 

子どもに愛情を注いできたつもりだったのに…

周りの人から「過保護」とか「甘やかしすぎ」と言われてしまった!

悩む母親

 

「愛情って一体なんなの?何をすればいいの?」

そう悩んでいるお母さんも少なくないようです。

 

「子どもに愛情を注ぐのが大事」という話は、よく耳にします。

 

では、愛情を注ぐとは「具体的にどういう行動」を指すのでしょうか?

 

というわけで今回は…

子どもに愛情を注ぐ」の具体例と注意点をお伝えしていきます。

 

●前半は、愛情を注ぐと 遺伝子の性質が変わる

●後半は、「子どもに愛情を注ぐ」の具体例と注意点

 

お急ぎの方は「後半」だけ読んでいただいてもOKですが、「前半」もあわせて読んでいただくとグッと理解が深まるはずです。

ぜひ、あわせて読んでみてください。

 

スポンサーリンク

 

愛情を注ぐと 遺伝子の性質が変わる

 

「多くの子はタンポポで、少数の子は蘭である」

タンポポ蘭

 

これは、スウェーデンで昔から言われている格言です。

 

どういうことかと言うと…

・多くの子は、タンポポのように「どこでも生きていけるたくましい遺伝子をもっている」

・一部の子は、蘭のように「うまく育てれば見事な花を咲かせるけど、環境が悪いとすぐに枯れてしまう繊細な遺伝子をもっている」

ということ。

 

もうすこし深読みすると…

「自分の子が蘭なのか、タンポポなのかは分からない。だから、どんな子どももいい環境で育てましょう」ということでしょう。

 

このスウェーデンの格言が、最近になって科学的に正しいことが証明されてきました。

 

 

子供時代に愛情を注ぐと、遺伝子の性質が変わる!

 

・落ち着きがない

・暴力的

・人をいじめる

・非行に走る

・ズルい性格

・アルコール依存症になりやすい

・精神疾患を発症しやすい

 

このような性格は、「悪い遺伝子のせいだ」と以前は考えられていました。

 

・DRD4-7R遺伝子

・CHRM2遺伝子

・5-HTTLPR遺伝子

などなど。

 

悪い遺伝子をもっているから「仕方がない」という訳です。

(※難しそうな記号ばかりですが、簡単な話なのでご安心ください)

 

ところが、最近の研究で「いや!そうじゃないぞ」ということが次第にわかってきたのです。

 

「悪い遺伝子」をもっている人の中には、人一倍優しくて、とても人間性がよく、がんばり屋で、うんと賢い人たちもいる。

 

「あれ?どういうこと?」

博士

 

その違いは、いったい何だったのか?

 

原因は、子ども時代の環境。

つまり、愛情たっぷりで育ったか、愛情不足だったかの違いだったのです。

 

まさに、スウェーデンでいう「蘭のような遺伝子」ですね。

愛情一つで、その子の「性格」と「将来」がガラッと変わるわけです。

 

悪い遺伝子は、悪者の遺伝子ではなく、実は「感受性豊かな遺伝子」。

 

感受性の強さが、いい方に出るのか、裏目に出るのか。

その分かれ目になるのが、「子供時代にうけた愛情の量」。

親の愛情

 

極端な話、ドラえもんの「ジャイアン」と「出木杉君」は紙一重ということ。

人の性格は、愛情一つでガラッと変わるのです。

 

 

蘭でもタンポポでも、やることは一つ。「愛情を注ぐ」こと

 

蘭のように感受性の強い人(差次感受性)は、全人口の20パーセントほどいるそうです。

20パーセント

 

となると、「自分の子どもは蘭遺伝子なのか、タンポポ遺伝子なのか」が気になりますよね。

気になる

 

でも実は、それはどちらでもいいんです。

 

蘭であろうが、タンポポであろうが、親の役目は一つ。

「たっぷりと愛情を注ぐ」こと。

子どもに愛情を注ぐ

 

たっぷりと愛情を注げば…

・タンポポは立派な花を咲かせる

・蘭は見事な花を咲かせる

 

反対に、愛情不足だと…

・タンポポはしおれてしまう

・欄は枯れてしまう

 

どちらにしろ、親ができることは「愛情を注ぐ」ことの一点。

どんな花を咲かせるかは、その子に任せるしかありません。

 

ただし、「親が愛情を注げば、絶対に花開く」というのは少し違います。

環境の要素は「親」だけではありませんからね。

 

「親が愛情を注げば、自信があって、人間性のいい、心の安定した人に育つ」可能性が高いということです。

 

 

「子どもに愛情を注ぐ」の具体例と注意点

 

ここまでの説明で、「子どもに愛情を注ぐことの大切さ」をご理解いただけたと思います。

 

ここからは、後半。

「子どもに愛情を注ぐ」の具体例です。

 

具体例ですので、書き出したらケースバイケースで「無限」に出てきてしまいます。

ここでは、「これだけは押さえておきたい」という代表例をいくつかご紹介させていただきます。

 

 

良いときは褒めて、悪いときにガッカリするのは「条件付きの愛」

 

・成績がいいときは褒める

・成績が悪いときはガッカリしたり叱ったりする

叱る

 

このような愛の形が、「条件付きの愛」

 

条件付きの愛で育った子は、こう感じるようになります↓

「いい子じゃないと愛されないんだ」

「能力が低いとイヤな顔をされるんだ」

悩む子ども

 

その結果…

人の顔色をうかがうようになる

↓↓↓

素の自分をだせなくなる

↓↓↓

どんどん自信を失う

↓↓↓

ひどいと、友達の前でカラオケを歌うことすら怖くなる

 

条件付きの愛で育った子は、「自分がどう評価されるのか」がものすごく気になってしまう。

その結果、社会で胸を張って生きていけないのです。

 

「条件付きの愛」は、学校の先生のしごと。

親の役目は「条件付きの愛」ではなく、「無条件の愛」を注いであげることです。

 

無条件の愛とは…

「そのままの君が大好き」

「能力が高くても低くても、大好き」

「成績が良くても悪くても、大好き」

「お母さんは、いつだって応援してるから」

という感じ。

 

先ほどの例でいえば…

・成績がいいときは褒める

・成績が悪いときは励ます

 

「40点でもいいじゃない。あなたなら次はきっとできるわよ」と励ましてあげたり、

「お母さんは算数できないけど、こうしてちゃんと生きていけるんだから」と安心させてあげたり。

励ます

 

そうやって、「成績が悪くても、ちゃんと愛されるんだ」ということを示して、子どもを安心させてあげる

これが、「無条件の愛」のひとつの例です。

 

無条件の愛がたっぷりで育った子は、素の自分を出すことを怖れません。

「そのままでも愛される」ことを知っているから、胸を張って社会で生きていけるのです。

 

学校は、成績・運動などの目に見える結果を出さないと、なかなか評価されないところ。

子どもは、「そのままの君ではダメですよ」という教育を受けて、疲れて家に帰ってくるわけです。

帰宅

 

だから、せめて家庭では「そのままの君が大好き」と伝えてほしい

態度で表現してほしい。

愛情表現

 

態度が難しかったら、「そのままのあなたが大好きよ」と口で伝えるだけでもOKです。

 

照れくさいかもしれませんが、「照れくさい言葉」ほど子どもの胸に響くもの。

子どもは「なに言ってるの?」という顔をするかもしれませんが、想いはちゃんと伝わっているはずです。

 

ここで、こう感じた方もいらっしゃると思います↓

『そのままでOK』なんて伝えたら、子どもが頑張れなくなるんじゃないの?不安だわ

不安

 

ちょっと想像してみてください。

①旦那さんに「君の料理はいつも美味しいね」と言われた

②旦那さんに「この味噌汁は味が薄いぞ」と言われた

 

どちらの方が、「もっとがんばろう!」と思いますか?

指摘されるよりも、「そのままでOK」の方がやる気が出てきますよね。

 

人は「そのままでOK」と認められると、「そのまま」でいられなくなり、逆に頑張れるものなのです。

 

POINT「そのままの君が大好き」という無条件の愛を、子どもにわかりやすく表現しよう!

 

 

親のつとめは、心配ではなく信用すること

 

「忘れ物はない?」

「あんた、テストは大丈夫なの?」

心配

 

子どものことが心配で、つい口出ししてしまう。

そんなお母さんも多いと思います。

 

でも、心配を口にするのは絶対にやめたほうがいい!

なぜなら、「心配=信じられない」だからです。

 

ちょっと想像してみてください。

もしも、友達からこう言われたら↓

 

「あなたの運転で大丈夫?心配だわ」

「あなたが子供会会長なんてできるの?」

会話

 

心配されると、嫌な気分になるだけでなく、自信も失いますよね。

 

子どもたちだって同じ。

親から心配されると、自信を失ってしまうのです。

「ぼくはダメなんだ。能力が低いんだ」と。

 

その結果、大人になると「どうせ無理」が口癖になってしまう。

何をやってもダメな気がしてしまうのです。

 

親のつとめは「心配」ではありません。

大切なのは「信用」すること。

 

「あなたなら大丈夫!お母さん信じてるから」

「今回はダメだったけど、次はきっとうまくいくわ!」

子どもを励ます

 

親から信用されて育った子は、自信が出てきます。自主性も出てきます。やる気も出てきます。打たれ強くもなります。

子どもにとって、「親から信用される」ことほど心強いものは他にないのです。

 

子どものことが心配で心配でたまらないのは、どこの親も同じ。

でも、「大丈夫なの?」と言いたい気持ちをグッとこらえて、「お母さん、あなたのこと信じてるから」。

 

子どもを信じてあげることも、大切な愛情の一つです。

 

POINT心配はNG。大切なのは、子どもを信用してあげること

 

 

過剰な期待はしない

 

「子どもに過剰な期待をかけてはいけない」というのは、ほとんどの親が気づいていると思います。

 

ところが!

「自分は、子ども過剰な期待をかけていない」と思いながら、子どもに過剰な期待をかけてしまっている親が、見ていて少なくありません。

 

「過剰な期待」の代表的な言葉が、こちら↓

「やればできるから」

 

「がんばれば、あの高校にだって入れるから」

「もっと練習すれば、花子ちゃんみたいにピアノを弾けるようになるから!」

 

たしかに、やればできるんです。

でも、できないんです。

 

どういうことか?

世間の人を見れば、よくわかります。

 

・ダイエットだって、やればできるんです。でも、できないんです

・禁煙だって、やればできるんです。でも、できないんです

・毎日1時間の読書だって、やればできるんです。でも、できないんです

 

「自分がやりたいこと」ですら、継続できない。

大人ですら、この程度。

 

「自分の子どもだけはできる」ということはないのです。

 

忍耐力や継続力には、どうしても個人差があります。

なかには「できる子」も確かにいます。

 

しかし、「その子の忍耐力」をこえて努力をつづけると、心に猛烈な負担がかかってしまう

それでも「やればできるから」と親が言い続ければ、子どもはどんどん追い込まれてしまうのです。

心の負担

 

子どもは元々、「お父さん大好き!!お母さん大好き!!」。

どんな子でも、最初は「お父さん大好き!!お母さん大好き!!」です。

大好き

 

ところが残念なことに、追い込まれた子は、ひねくれたり、親に反発したりするようになります

嫌がる子ども

 

これは、一種の防衛本能。

そうなったら、もう取り返しがつかないのです。

 

もちろん、子どもに期待することは悪いことではないと思います。

ただし、「過剰な期待」は厳禁

 

・子どもの顔が、苦痛で歪んでいないか

・「ただいま」の声のトーンが暗くないか

・すぐに部屋に閉じこもってしまわないか

 

そのような「子どもの微妙な変化」に気付いて、子どもの心の負担を取り除いてあげることも、親の愛情の一つです。

 

POINT「やればできる」には個人差と限界がある。子どもの「心の負担」を敏感に察知しよう

 

 

他の子と比較しない

 

「あなたも、お兄ちゃんみたいに勉強をがんばりなさい」

「花子ちゃんと同じ塾なのに。なに!この成績は」

子どもを叱る

 

人と比べられて育つと、子どもはこう感じるようになります↓

「私はダメな人間だ」

「ぼくは人より劣っている」

 

そうなってしまうと、怖いのが「自責」「劣等感」です。

●自責

「私はダメな人間だ」と自分を責める。

これは、だんだん癖になります。

 

自責の癖がついてしまうと、ちょっと問題が起きるだけで、すぐに「私はダメな人間だ」と自分を責めるようになる。

そうなってしまうと、将来的にうつ病などの精神疾患は発症しやすくなります。

●劣等感

「ぼくは人より劣っている」

このように劣等感の強い人は、「自分が成長する」ことをあきらめてしまいがち。

 

その代わりにすることが、「他人の足を引っ張る」ことです。

劣等感が強いと、悪口・陰口・噂話・クレーマー・意地悪など、いわゆる「めんどくさい人」になってしまう可能性が非常に高くなります。

 

米国には「一人一人がユニークな存在」という考え方があります。

ユニークとは、「面白い」ではなく「オンリーワン」。

 

・山田太郎は、山田太郎という種類の生き物

・山田二郎は、山田二郎という種類の生き物

 

つまり、人と比べるのではなく、自分の個性(長所・短所)を社会に生かしていこう、という考え方です。

 

これからは、個性の時代。

子どもに、一般的な知識を鎧のように身につけさせるよりも、その子の個性をみつけて伸ばしてあげることの方が、遥かに大切になってくるはずです。

 

POINT他の子と比較しても、良いことは一つもない。その子の個性をみつけて伸ばしてあげることが、なにより大事

 

※すみません。長い文章になってしまいました。でも、もう少しで終わります

 

スキンシップは超大切な愛情表現!

 

言うまでもありませんが、スキンシップはもの凄く大切な愛情表現。

「手で触れるだけでもホルモンバランスが変わるなど、体内であらゆる良い変化が起こる」ことがわかっています。

スキンシップ

 

乳幼児期は、「抱きグセがつく」くらい抱っこしてあげるのがベスト。

大きくなっても、一緒にお風呂に入ったり、隣で寝たり。

 

中高生くらいになると、スキンシップも難しくなりますが、でもやっぱりスキンシップは大事!

さりげなく肩や背中をさわったり、頭をポンポンとやるくらいはできると思います。

 

ちなみに、ぼくがおすすめのスキンシップ法は、こちら↓

「出かける前に、8秒間抱きしめる」

ハグ

 

「1.2.3.4.5.6.7.8」と数えながら、子どもを抱きしめるというものです。

 

この方法は、ソニーの創業者であり、子育て研究で有名な井深大さんが考案したもの。

 

我が家でも、毎日やっています。

最初始めたときは、驚きの効果があったんです!

 

小学校に入った双子の息子が、「学校に行きたくない!」って毎日グズッていました。

 

そこで「8秒間抱きしめる」をはじめると、1か月後には笑顔で学校へ行くようになりました。

顔つきも、落ちついた雰囲気になった気がします。

 

それから約5年間、今も毎日続けています。

 

POINTスキンシップは超大事!出かける前に「8秒間抱きしめる」のもおすすめ

 

 

まとめ

長い文章をお読みいただき、ありがとうございます。

 

最後に、「子どもに愛情を注ぐ」のポイントだけを簡潔にまとめておきます。

「これは、やったほうがいいな」というものがありましたら、ぜひ今日から実践してみてくださいね。

 

●「そのままの君が大好き」という無条件の愛を、子どもにわかりやすく表現しよう!

●心配はNG。大切なのは、子どもを信用してあげること

●「やればできる」には個人差と限界がある。子どもの「心の負担」を敏感に察知しよう

●他の子と比較しても、良いことは一つもない。その子の個性をみつけて伸ばしてあげることが、なにより大事

●スキンシップは超大事!出かける前に「8秒間抱きしめる」のもおすすめ

その他に、「子どもの話をしっかり聞いてあげる」というのも、とても大切な愛情表現です

 

 

☆☆☆

以上、「子どもに愛情を注ぐ」の愛情とは何か?具体例・注意点でした。

 

●こんな記事もありますよ

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 

☆ラッキーのTwitter☆


★読むだけでみるみる幸運になる「ラッキー語録」も、TwitterとFacebookで無料公開中!


フェイスブック はじめました



この記事が役立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してね。

-子育て
-,

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2018 All Rights Reserved.