【クセ・仕草の心理学】他人の本音や本心がわかる

更新日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

猫をかぶって嫁にきた妻も、いまは虎のようなイビキをかくようになりました。こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。

「クセ・仕草」で本音や本心を見抜くコツ

心理カウンセラーの仕事の半分以上は

相談者の話を、ただ聞くことです。

本音や本心を見抜くカウンセラー

 

とは言っても、

ただ聞いているだけじゃないんですね。

クセや仕草を見てると言っている

 

聞きながら…

『クセ』や『仕草』を見て、相談者の深層心理をさぐっています。

スポンサーリンク

 

本音はクセやしぐさに出る

深層心理には、本音や本心があり、

それが『クセ』や『仕草』となって表れます。

深層心理の本音や本心

 

心理学では、

そういった研究が進んでいて、たいへん興味深いものばかりです。

心理学の研究

 

相手の本音や本心を知ることができれば、今日からあなたも恋愛上手!

 

と言いたいところですが…

あくまでも「傾向がある」というものですので、過信は禁物です。

 

◆礼儀正しすぎる◆
◆飲み物を両手で持つ◆
◆後頭部を手でかく◆

こういったしぐさは、緊張のサイン。

他人と深く付き合いうことを避ける人に多い仕草です。

緊張しているから「早く話を終わらせたい」という気持ちの表れですので、相手をリラックスさせてあげることが肝心です。

◆頻繁に足を組みかえる◆

退屈している証拠。

なにか面白い話でも、してあげてください。

◆まったく目をそらさない◆

意外ですが、気が小さく神経質な人です。

やさしく丁寧に接してあげましょう。

クッションを両手で抱える
腕を組む
話すときアクションが大きい

不安、緊張、警戒心、自信のなさの表れです。

やさしい言葉がけをするなど、相手の緊張を解きほぐしてあげられるといいですね。

◆常に早口◆
他人から指示されるのを嫌う人。ある意味、マイペースな人です。

「だまされたと思って食べてみて」と言っても、食べてくれないタイプです。

◆いつもより早口◆

ウソをついている可能性が高い。

「たしかに!」と、いま自覚したあなた、気をつけて!

◆貧乏ゆすり◆

情緒不安定、または、飽きっぽい性格の人です。

結婚相手に選びたくないですね。

◆耳に髪をかける女性◆
◆背中と背もたれの距離が大きい◆

「あなたの話を聞きたい」という深層心理の表れです。

あなたに好意を持っているかもしれません♡

◆男性と話すとき首が傾く女性◆
『甘え』や『おねだり』のしぐさです。いわゆる女性の武器。

女性がたくさんいる職場などでは、このしぐさが出ないように気をつけたほうがいい。

◆声のトーンが上がる女性◆

「よく見られたい」というときに自然に起きる女性の本能です。

電話やお客様や上司と話すときには、もちろん声のトーンが上がりますが、大好きな男性の前でも声のトーンは上がります。

◆あごを触る男性◆
◆髪を触る男性◆
あごや髪を触るクセのある男性は『甘えん坊』または『ナルシスト』です。

また、横目であごを触っている人は、なにか悪いことをたくらんでいる可能性があります

◆女性の目を見ながら聞く男性◆
自分が話している時ではなく、聞いているときに、相手の女性の目を見つめている男性は、その女性に好意をもっている!(傾向がある)
◆瞳孔が開いている◆
死んでるわけではありません。

人は、好きなものを見ているときに、目の瞳孔が開きます。

あなたを見る目の瞳孔が開いていれば、相手はあなたに好意を持っているということになります。

ただ、瞳孔ですので、よーく見ないとわかりません。

◆手元の物を意味もなくいじる◆

話しながらも、手元の小物をあれこれと、意味もなくいじるしぐさは、欲求不満の表れです。

自覚があったら、早めのストレス解消を!

 

まとめ

いかがでしたか。

知っておくと、人間関係を今以上に楽しめるかもしれません。

人間関係を今以上に楽しめる

 

ただ、あくまでも、

「傾向がある」というだけで、絶対ではありません。

 

「アイツのあのしぐさは、私のことを嫌ってる証拠だ!」

などと決めつけてしまうと、人間関係がギクシャクしてしまいます。

人間関係がギクシャク

 

『楽しむ』以上には使わないよう、お願いいたします。

お願い

 

 

以上、『【クセ・仕草の心理学】他人の本音や本心がわかる』でした。

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 


(ツキを呼ぶ名言・更新情報など、つぶやいています)

スポンサーリンク

-心理学

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2017 AllRights Reserved.