人生うまくいく人が「コッソリ」やっている小さな習慣・2選

心理カウンセラー・ラッキー
YouTube Twitter Facebook

世の中を見まわしてみると…

仕事をバリバリこなし、趣味も充実し、家庭も人間関係も不思議なくらい上手くいっている「右肩上がりの人生」を送っている人がいます。

右肩上がりの人生

 

それとは反対に…

毎日バタバタと忙しくがんばっているにもかかわらず、仕事も家庭も人間関係もなかなか上手くいかない「右肩下がりの人生」を送っている人もいます。

右肩下がりの人生

 

一日は、誰もが24時間。

これは人間に与えられた、たった1つの平等です。

 

それなのに、なぜ、こんなにも差がついてしまうのか?

 

実は、右肩上がりの人のほとんどは、人生をよりよくする「小さな習慣」をもっているんです。

小さな習慣

 

この小さな習慣をつづけることで、「充実した毎日」「理想の人生」をつくっている。

 

というわけで今回は…

うまくいく人がコッソリやっている小さな習慣を厳選して2つご紹介させていただきます。

 

2つとも、誰でもすぐにできる簡単ことです。

 

簡単だけど、人生を大きく変えるほどのチカラを秘めていますからね。

ぜひとも、最後までご覧ください。

 

 

うまくいく人がコッソリやっている小さな習慣①

うまくいく人がコッソリやっている小さな習慣、そのまず1つ目は、こちら↓

一人の時間をもつ

 

一人の時間とはいっても…

「お紅茶とアロマでゆったりと癒されながら、ラグジュアリーな時間を過ごしましょう」みたいな話ではありません!

 

そうではなくて、ただただ一人でボーっとする。

ボーっとする

 

ソファーでボーっとしてもいいし、公園のベンチでボーっとしてもいい。

喫茶店でコーヒーを飲みながらボーっとしてもいいし、電車で流れる景色を眺めながらボーっとしてもいい。

一人でボーッとする

 

「なんで、そんなものが必要なんだ」と思われた方もみえるかもしれませんが、この時間がとっても大事なんです!

 

というのは、一人でボーっと時間を過ごしていると、「今の自分に必要なもの」が心にフワッと浮かんでくるからです。

心に浮かぶ

 

たとえばですが…

「そういえば最近の俺、気持ちにハリがないよな~。なんだろう?心にポッカリ穴があいたようなこの気持ち…。

仕事が忙しいからかな?リフレッシュが必要かな?

疑問

 

いや、ちょっと待てよ!

 

同僚の山田や吉田は、ゴルフの話でいつも花を咲かせてるよな。

鈴木は、キャンプや釣りのことを熱く語っていたよな。

同僚たち

 

そうか!心にポッカリ穴があいたような、この気持ち。

情熱を傾けられるものがないからなんだ!

 

そうだ!趣味趣味!

気づき

試しに今度、鈴木に頼んで、魚釣りに連れてってもらおう!」

 

こんな感じで、ボーっと時間を過ごしていると、「今の自分に必要なもの」が勝手に心に浮かんでくる。

と同時に、それを解決するための知恵も浮かんでくる。

 

そしてそこから、ワンランク上の新しい生活がはじまるわけです。

ワンランク上の生活

 

ほかにも例えば、妻と口ゲンカした翌日にボーっとすれば…

「昨日はちょっと言い過ぎちゃったかな。よくよく考えてみれば、俺にも反省点はあるわけだし。

思い出す

 

普段の感謝も足りないかもしれないな。「ごちそうさま」すら言ってないし…。

それで花子はイライラしてたのかもしれない。

花子

今回のことは、おれが謝ろう。それから感謝の言葉も増やしていこう!」

 

こんな感じで、ボーっと過ごす時間は「今の自分に必要なもの」「忘れかけていた大切な何か」も思い出させてくれる。

 

だから、一人の時間をもつ人は人生がより良くなる、右肩上がりの人生になっていくというわけです。

右肩上がり

 

成功者はみんなやっている

「世界の成功者」と聞いて、真っ先に思い浮かぶのはビル・ゲイツですが…

ゲイツは半年に一度、1週間の休暇をとって山奥かどこかに一人っきりでこもるそうです。

別荘

 

そこで、自分の人生や夢・家族・仕事などについて、ただひたすら考える。

考える

 

この習慣を、年に2度・30年以上も続けているそうです。

 

また、「マイクロソフトを成長させる最高の知恵やアイディアはすべて、考える一週間の間にひらめいた」とも語っています。

 

人生を向上させる知恵やひらめきは、ボーっと一人で考えているときに出てくるものなんですね。

 

あと、ぼく自身の話で恐縮ですが…

ぼくは、家族が寝静まったあと、10分ぐらい天井を眺めながらボーッとする習慣を続けています。

考える

 

また、一人っきりになるために、月に一度は一人旅をします。

一人旅

 

で、ぼくの人生を変えてきた知恵やアイディアも、そのほとんどが一人の時間にひらめいたものばかりです。

 

ひとつ例をあげると、YouTube。

 

田舎道を車で旅していたときに…

「自営業は不安定だよな。解決策は、複数の収入減をもつしかないんだよな」、そんなことをボーッと考えていたんです。

 

そんな事をあれこれ考えていたときに、ポンと頭に浮かんだ言葉が「YouTube」

ひらめき

 

「えっ、いまさらYouTube?」と思ったのですが、出てきた知恵はすぐに実行するのが僕の主義。

 

すぐさま、こんなツイートをしました。

「ユーチューブ やってみようかなあ」

Twitter

 

あれから3年半。

 

今では数ある収入源の中でも、YouTubeが大黒柱になっています。

収入源

 

これは1つの例ですが…

ほかにも夢・目標・趣味・子育て・仕事の進めかた・ワークライフバランスなど、いいアイディアはいつも一人でボーッと考えているときに出てきます。

 

忘れかけていた感謝の気持ちも、一人でボーッと考えているときに出てきます。

なので今では、やめられない習慣になっています。

 

なぜ、ボーっとするといい考えが浮かぶ?

なぜボーッとすると、いい考えが浮かんでくるのか?というと…

ボーッとしているとき、わたしたちは気づきませんが、脳のなかのデフォルト・モード・ネットワークというシステムが動きはじめます。

 

デフォルト・モード・ネットワークは、脳内の情報をすべてかき集めて、超高速で計算するシステム。

デフォルトモードネットワーク

 

それにより、「今抱えている問題点」や「自分に必要なアイディア」がピピっと はじき出され、意識のうえに上がってくるというわけです

 

これを昔の人は、「天からひらめきが降ってきた」と表現しました。

昔の人

 

一人でボーッと過ごす時間を定期的につづければ、思わぬひらめきやアイディア、自分でも気づいていなかった問題点などがときどき出てきます。

 

まるでカーナビゲーションシステムのように、人生をよりハッピーな方向へと向かわせてくれるはずです。

カーナビ

 

一人でボーッと過ごす習慣をもてば、それがいかに大切なことであるかに驚くと思いますよ。

 

うまくいく人がコッソリやっている小さな習慣②

うまくいく人がコッソリやっている小さな習慣の2つ目は、こちら↓

ToDoリスト

 

「やることリスト」ですね。

この習慣も超重要!

 

大量の仕事をバリバリこなし、上司に認められ、平日にも楽しみをもち、趣味や家族との時間も充実している。

それでいて、忙しいそぶりも見せず、いつも涼しい顔をしている。

できる人

世の中には、そんな人がたくさんいます。

 

その一方で、忙しくがんばっている割には、仕事が進まないし、すぐに疲れてしまう。

そのストレスを解消するために毎晩夜更かしをして、休日は疲れを取るために昼まで寝てしまう。

出来ない人

 

その結果、家族サービスもできないし、趣味をはじめる余裕もない。

そんな人も少なくないと思います。

 

では、この両者、いったい何が違うのか?

 

キーワードは、「忙しさ」です。

 

実は、「忙しさ」イコール「やるべきことが多い」ではないんです。

「忙しさ」の正体は、心のなかのザワザワ感

 

何かをしているときに、心の片隅で「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と感じている状態が、忙しさの正体。

忙しさ

 

「忙しい現実」があるのではなく、「忙しい心」があるだけなんですね。

 

この心の状態を「モンキーマインド」というのですが…

モンキーマインドは脳に大きな負担をかけるので、作業スピードが大幅に遅くなる、だけでなく、すぐに疲れてしまう。

 

その結果、やる気がなくなり、ストレスが溜まりやすくなり、誘惑にも弱くなる。

モンキーマインド

 

モンキーマインドを止めるには?

では、このモンキーマインドという心のザワザワを止めるには、どうすればいいのか?というと、選択肢は2つ。

 

①瞑想の達人になる

②ToDoリストを書く

 

だったら、ToDoリストのほうが、遥かにお手軽ですよね!

 

今日やるべきことをToDoリストに書き出すだけで、心のザワザワ感が消えます。

 

脳への負担がへり、頭脳が明晰になり、1つの作業に没頭できます。疲れにくくもなります。

生産性が自然と高まり、時間にも余裕ができます。

TODOリスト

 

ToDoリストの効果は、それだけではないんです!

「仕事のモチベーションを高める一番の方法は、小さな達成感を積み重ねること」ということが、たくさんの研究でわかっています。

 

それを簡単に実現できるのが、ToDoリスト。

終わったタスクを1つずつ消していけば、それだけでモチベーションが高まります。

 

仕事が進めば進むほど、「あともう少しだ!」とモチベーションが上がっていきます。

モチベーションが上がる

 

また、ToDoリストに遊びの予定を入れておくことで、ドーパミンが分泌されて、これまたモチベーションが高まります。

遊びの予定

 

さらに、ToDoリストとは、別の言いかたをすれば「自分との約束」

毎日ToDoリストをこなすことで、グングン自信が高まります。

 

最後にもう一つ。

寝るまえに翌日のToDoリストを書くと、睡眠の質が上がります。

寝付くまでの時間も、平均9分短縮されるそうです。

研究

 

9分というと、大した数字ではなさそうですが、これは睡眠薬の効果とほぼ同じ。

ToDoリストの「心のザワザワを消す効果」が、いかに凄いかがわかりますよね。

 

魔法の眼鏡を買う?

ここで皆さんに1つ質問。

 

眼鏡

このメガネをかけると…

心のザワザワが消え、頭脳明晰になり、生産性が高まり、ストレスが溜まりにくくなり、モチベーションも上がり、さらに自信もつき、睡眠の質も高まる。

 

その結果、仕事も家庭も趣味も、すべてが充実してくる。

価格は10万円

 

今なら下取りがあれば、2万円引きの8万円!

しかも分割手数料は無料!

 

もしも、そんなメガネがあったら、どうでしょう?

 

絶対に「買い」ですよね!

買う

 

でも、買わなくていいんです。

ToDoリストを書けば、同じ効果を得られますからね。

 

紙とボールペンさえあればタダでてきます。

紙とボールペン

 

「ToDoリストを書くのは面倒だなぁ」と思うことはあっても、実際に書いてみて「やっぱ書かなきゃよかった」と思う確率は0%です。

100%「書いて良かった」と思うし、ハッピーになれます。

書いて良かった

 

ぜひともToDoリストをフル活用して、充実した幸せな毎日をゲットしてくださいね。

 

まとめ

今回ご紹介しました、うまくいく人がコッソリやっている小さな習慣は、この2つ。

①一人の時間をもつ

②ToDoリスト

 

この2つを続けることで、「充実した毎日」と「より良い未来」が手に入ります。人生が輝きだします。

 

やらなければ、「ただただ忙しい毎日のくり返し」になりがちです。

忙しい毎日

 

どちらも、ほんの小さな習慣ですが、人生を大きく変えるほどのチカラを秘めていますからね。

 

「よし、やってみよう!」

そう決めた人にだけ、幸運の女神が舞い降りると思いますよ。

幸運の女神

 

 

以上、人生うまくいく人が「コッソリ」やっている小さな習慣・2選でした。

●こんな記事もありますよ

「人生うまくいく人」がコッソリやっていること・2選

著者:心理カウンセラー・ラッキー

★YouTube 始めました★

きっと役立つ知恵をお届けします

☆ラッキーのTwitter☆


★読むだけでみるみる幸運になる「ラッキー語録」も、TwitterとFacebookで無料公開中!