落ち込んだときの対処療法「セーフティ・ブランケット」

投稿日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

妻が、ぼくのお腹の贅肉をつまみ一言。「柔らかい筋肉♪」。こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。


 

人間 生きていれば、「ツラい日」が誰にでもあります。

 

うまくいかずに落ち込んだり…

人間関係で悩んだり…

悲しい出来事が起こったり…

悲しくて落ち込む女性

 

そんなとき、

傷ついた心を「一瞬でホッと癒してくれる」魔法のような方法

 

それが、今回ご紹介する「セーフティ・ブランケット」です。

 

やり方は簡単。

所要時間は約5秒。

覚えておいて、損はないと思いますよ。

スポンサーリンク

 

セーフティ・ブランケットって、なに?

セーフティ・ブランケットの「ブランケット」とは何なのか?というと…

赤ちゃんが寝るときに、上からかける「バスタオル」や「ひざ掛け」のことです。

セーフティブランケットで癒されて眠る赤ちゃん

 

人は、フワフワしたものに包まれると、癒され安心します。

 

この原理を応用したのが、「セーフティ・ブランケット」。

 

ぼく自身の実例で、ご説明させていただきます。

ぼくが幼い頃、隣の鈴木のおばあちゃんは、いつも優しく声をかけてくれました。

 

「えーちゃんは優しいね」

「えーちゃんはかわいいね」

と、満面の笑みで褒めてくれました。

もう亡くなってしまいましたが…。

満面の笑みの鈴木のおばあちゃん

 

この「鈴木のおばあちゃんの満面の笑み」が、ぼくだけのセーフティ・ブランケットです。

 

ツラいとき、

さみしいとき、

くやしいとき、

「鈴木のおばあちゃんの満面の笑み」を思い浮かべると、一瞬で心が癒されます。

 

ときには、「鈴木のおばあちゃんの、懐かしくて優しい声」が、心の中で聞こえてくる事もあります。

「大丈夫だよ」と。

 

そんなときは…

嬉しくて、胸が熱くなります。

「ありがとう」と言いたくなります。

大きな勇気をもらえます。「一人じゃないんだ」って。

胸が熱くなる

「想像するだけ」というセーフティ・ブランケットですが、それがもたらす精神浄化作用は、予想以上に大きいものです。

 

セーフティ・ブランケットにふさわしいモノは?

セーフティ・ブランケットは何を想像すればいいのか?

 

・母親の笑顔

・お世話になった人

・大好きだったペット

・幼なじみ

・大好きだった先生

・ぬいぐるみ

・ふるさとの景色

・大好きなお花

・ゆるキャラ

・好きなアイドル

・恋しい人

・懐かしいお母さんのお味噌汁

 

セーフティ・ブランケットは、「自分が癒されるモノ」なら、なんでもOKです。

 

いろいろ試してみるのもアリだと思いますよ。

 

まとめ

落ち込んだとき…

さみしいとき…

うまくいかないとき…

つらいとき…

疲れきったとき…

なかなか眠れないとき…

 

「自分だけのセイフティーブランケット」を1枚準備しておけば、長い人生で、幾度も自分を救ってくれるはずです。

ブランケット

 

想像以上に「使える方法」ですので、よかったら皆さんも、ぜひ!

 

以上、落ち込んだときの対処療法「セーフティ・ブランケット」でした。

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 


(ツキを呼ぶ名言・更新情報など、つぶやいています)

フェイスブック はじめました

 

スポンサーリンク

-1分ブログ

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2017 All Rights Reserved.