本当にやりたいことを見つける3つの質問

IMG_0421-5

若い頃は、羽目をはずしたこともありました。最近は、顎がはずれそうになります。こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。


vol.0082

本当にやりたいことを見つける3つの質問

 

「自分の人生、このままで良いのだろうか?」

20150531nayami

現状に不満があるわけじゃないけれど…

毎日 同じような生活を繰り返していると、自分の将来像が見えてきて、人生に不安を感じてしまう。

そんな人のための、「本当にやりたいことを見つける3つの質問」をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

 

質問① 自分のお葬式で、どう思ってもらいたいですか?

 

1つ目の質問は、

「自分のお葬式の参列者に、『どんな人だった』と思ってもらいたいのか?」というもの。

20150531sannretu

 

少し暗い質問ですが…

これを考えると、あなたの「理想的な生きかた」が見えてきます。

20150531kangaeru

 

人は、遅かれ早かれ必ず他界します。

そのお葬式には、家族・親戚・友人・知人・ご近所さんなどが参列することでしょう。

Print

自分がこの世を去ったあと、その人たちにどう思われたいですか?

 

「平凡だけど、幸せな人生を送った人」と思われるだけで満足なのか。

もしくは、

「一代で会社を築き上げ、ボランティアにも力を注いだ立派な人」

「義理人情に厚く、多くの人から慕われた人」

と思われたい人もいることでしょう。

 

この気持ちが、

「損得勘定なしの、純粋な欲求」であり、

あなたにとっての「理想の人生像」です。

 

今の生活を繰り返して、そこに到達できるのなら、現状を変える必要はないでしょう。

そうでないのなら…

なにかしら行動を変えていかないと、結果を変えることはできません。

 

お葬式でどう思ってもらいたいかを考えると…

人生の方向性が見えてきて、今取り組むべきことのヒントも得られるはずです。

20150531hirameki

 

質問② あと5年の寿命なら、どんな生活をしたいですか?

 

これまた暗い質問で、ごめんなさい。

二つ目は、「あと五年で人生が終わるとしたら…」というもの。

 

なぜ5年なのかというと…

1ヵ月・1年という短い期間にすれば、

「仕事をやめて、ずっと旅行」とか、

「お世話になった人に あいさつ回り」

というような、短絡的な答えになってしまうからです。

 

逆に、

一生という長い期間にすると、

「あれも、これも」と選択肢がいくつも出てきてしまいます。

 

人生で、「やりたい事のすべて」をする時間はありません。

5年という期限で真剣に考えると、

「本当にやりたいこと」を絞り込むことができます。

 

もしも、陶芸をやりたいのなら…

20150531togei

それに関わる仕事を探すのもいいし、

一生続ける趣味にしてしまってもいい。

 

もしも、「イタリアで暮らしたい!」と思うのなら…

20150631pisa

イタリアに在住できる仕事を探すのもいいし、

今日から本気で、イタリアで暮らすための貯金を始めてもいいわけです。

 

「ずっと釣りをしていたい!」のなら、「漁師になる」という手もあります。

20150631ryosi

 

人生があと5年だとしたら、あなたはどんな生活をしたいですか?

 

質問③ 幼少期に大好きだったことは?

 

あなたは子供のころ、どんなことが大好きで、いつもどんな遊びをしていましたか?

「人と話すのが好きだった」

「一人、積み木で遊んでた」

20150531tumiki

など、いろいろな人がいると思います。

 

子どものころに、自然とやっていて楽しかったことは…

間違いなくあなたの才能であり、

本当に好きなことです。

 

楽しかったことを書き出していくと、

「自分の得意なこと」

「心から楽しめること」

が見えてくる。

 

そして、その共通点を探していくと、

「本当にやりたいこと」も見えてきます。

 

たとえば、

「笑わせることが好きだった」

「マジックが好きだった」

というのであれば…

20150531tejina

人を楽しませることが好きなので、客商売が向いているかもしれません。

 

「ゲームが好きだった」

「けん玉が好きだった」

というのであれば…

20150531kendama

1人で黙々とやる仕事が向いているかもしれません。

 

このようにして絞り込んいくと、「本当にやりたいこと」の答えが見えてきます。

 

あなたが幼少期に大好きだったことを、もう一度思い返してみましょう。

 

情報収取も大切です!

 

もしも、「本当にやりたいこと」が見つかっても…

「さっそく転職するぞ!」「今すぐ!起業するぞ!」と、勢いにまかせて、決断を早まってはいけません。

20150531yaruki

まずは、十分な情報収集が大切です。

 

たとえば、「通訳者」や「弁護士」。

資格としては、とても素晴らしく、魅力的なものです。

しかし、十分な働き口があるのか?といえば、現実は厳しいものです。

 

やりたいことを始めても、

「こんなはずじゃなかった」

では困ります。

 

情報収集をしっかりと済ませ、

それから現実の行動に移していくのが理想です。

 

まとめ

 

「自分の人生、このままで良いのだろうか?」

と人生に迷ったときは、

自分に「3つの質問」をしてみる。

 

3つの質問

① 自分のお葬式で、どう思ってもらいたいですか?

② あと5年の寿命なら、どんな生活をしたいですか?

③ 幼少期に大好きだったことは?

 

これらの質問に答えることで…

  • 理想の人生像
  • 本当にやりたいこと
  • 心から楽しめること

などが見えてきて、

「自分が何を求めているか」を認識することができます。

 

紙とペンを用意して、ぜひ一度お試しください。

 

以上、『本当にやりたいことを見つける3つの質問』でした。

●こんな記事もありますよ●

【自分で決断できない!】人生で迷ったときの決断方法 【自分で決断できない!】人生で迷ったときの決断方法

☆こちらの名言も、ぜひどうぞ!
↓↓↓
チャレンジしたくなる名言

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!
(心理カウンセラー・ラッキー)

スポンサーリンク