【最高の人生】後悔しない人生のつくり方

心理カウンセラー・ラッキー
YouTube Twitter Facebook

この記事でお伝えしたいこと

  1. 人生を後悔する4つのこと
  2. 後悔しない人生のつくり方

 

最高の人生とは、なにか?

それは、亡くなるまえに後悔しない人生

幸せな老夫婦

 

「思い残すことはない」「いい人生だった!」と言えるのが、最高の人生。

これは、万人に共通です。

 

「いやいや、私は後悔しながら旅立ちたいんです」という人は、一人もいないと思います。

 

では、後悔しない人生を送るにはどうしたらいいのか?

 

いい方法があるんです!

 

それは…

後悔しながらこの世を去った人の、反対の行動をする

 

人が何に後悔するかは、本に書いてあります。

たとえば、「死ぬ瞬間の5つの後悔」や「後悔しない生き方」など。

後悔の本

 

いろんな本がありますが、それらを読むと、後悔にはパターンがあるんです。

ざっくり分けると、たったの4種類

 

この「4種類の後悔」がわかれば、その反対の行動をとればいい。

すると、悔いのない最高の人生を送ることができるというわけです。

 

というわけで今回は、「人生を後悔する4つのこと」をお伝えさせていただきます。

 

 

人生を後悔する4つのこと

「人生を後悔する4つのこと」は、こちら↓

①働きすぎた

②愛や感謝を伝えなかった

③感謝のない生活を送ってしまった

④人の目を気にしすぎた

 

これだけではピンとこないと思いますので、もう少し具体的に、1つずつご紹介させていただきますね。

 

人生の後悔① 働きすぎた

これは、「働きすぎたがために、大切なものを大切にできなかった」という後悔。

いわゆる、ワークライフバランスです。

 

たとえば、こんなものがあります↓

退職したとたんに、孤独になった

 

地位や肩書があったから、ちやほやされていただけだった

 

誰からも愛されていなかった

 

愛してくれていたのは家族だけなのに、その家族にさみしい思いをさせてしまった

 

身を粉にして働いた結果がこれでは、ホントさみしいですよね。

「家族との時間」をもっと大切にしたほうがいい、ということですね。

家族との時間

 

それから、こんなのもあります↓

大きな家・いい車・贅沢な暮らしなど、物質的な成功にウエイトを置きすぎた

 

人生で大切なのは、物質的な豊かさではなく経験だった

 

「お金をたくさん稼げば幸せになれる」というのは大きな間違いで…

ポジティブ心理学でも、「物ではなく、経験によって幸福度が上がる」と言われています。

 

「いっぱい稼いで贅沢な暮らしをする」というのも1つの経験で、それはもちろん良いことですけどね。

お金持ち

家族や友達とワイワイやる時間、それから旅行や趣味・レジャーなどを、ないがしろにしてまで働かない方がいいということですね。

プライベートの充実

 

あとは、こんな後悔もあります↓

幸せはあとから手に入れればいいと思っていた

 

働きすぎて後悔するなんて、最後の最後までわからなかった

 

「苦労のあとに幸せがやってくる」という考え方ですね。

 

高校に入ったら、いい大学に入るために、プライベートを犠牲にしてまでがんばって…

猛勉強

大学に入ったら、いい会社に入るために、プライベートを犠牲にしてまでがんばって…

猛勉強

会社に入ったら、将来のため・老後のために、プライベートを犠牲にしてまでがんばって…

仕事

いざ退職したら、「何をしたらいいのか分からなくなってしまった」というパターン。

老後

 

人生には「今しかできないこと」「若いうちにしかできないこと」がたくさんありますからね。

今しかできないこと

それを、やり残さないことが大事ということですね。

 

人生の後悔② 愛や感謝を伝えなかった

2つ目の後悔は、「愛や感謝を伝えなかった」

 

これは単純なことで…

「自分の親や家族・恩人などに、愛や感謝を伝える勇気をもてなかった」ということ。

感謝を伝える勇気がない

 

身近な人に「愛してる」「感謝してる」と伝えるのは、なかなか難しいことですが…

愛や感謝を伝えないままお別れを迎えると、強い罪悪感に襲われるそうです。

罪悪感

「なんで一言、愛してると言わなかったんだろう」

「かあちゃん感謝してるよと、電話すればよかった」

と、いつまでも引きずるそうです。

 

そんな後悔を残さないためにも、ときには勇気をふりしぼって、愛や感謝の言葉を伝えることが大切なのでしょうね。

感謝を伝える

 

人生の後悔③ 感謝のない生活を送ってしまった

3つ目の後悔は、「感謝のない生活を送ってしまった」

 

これを言い換えると…

「毎日の暮らしの中に、素晴らしいことがたくさんあるのを忘れていた」ということ。

 

目が見え、耳が聞こえ、家があり、家族や友だちがいること。

電車は時間どおりに来るし、スーパーへいけば何でもそろう。

そして鳥が歌い、花が咲き、歌があり、愛がある。

素晴らしいこと

 

こんなに素晴らしいものに囲まれていたのに、欠点ばかりに目を向けて、愚痴・不満・文句を口にしていた。

不満

「ありがたい、ありがたい」という感謝の気持があれば、もっと幸せになれたのに!という後悔です。

 

人間の脳は、長所よりも短所に目を向ける性質がありますからね。

脳の性質

「世の中がどんなに便利になっても、幸福度はほとんど上がらない」ということが研究でもわかっています。

 

ですので、ちょっと努力して、長所に目を向ける癖をつける。

長所に目を向ける

「ありがたい、ありがたい」という言葉を口癖にすれば、このような後悔はしなくてすむと思いますよ。

 

人生の後悔④ 人の目を気にしすぎた

最後の4つ目は、「人の目を気にしすぎた」

実は、ここが今回のメイン。

 

というのは、人生の後悔の半分くらいは、これ。

「人の目を気にしすぎた」とか、「自分らしく生きられなかった」とか…。

 

なかでも多いのが、こちら↓

離婚しなかった

 

世間の目を気にして、本当の幸せをつかめなかった。

一度きりの人生を台無しにしてしまった、ということですね。

夫婦喧嘩

 

あとは、こちら↓

好きな仕事をしなかった

 

「本当は料理人になりたかったのに、親や先生の期待を裏切れなくて、薬剤師になった」みたいな後悔。

三者面談

 

人生というのは、仕事中心で回っているところがありますからね。

仕事が味気ないのなら、当然人生も味気なくなってしまう。

味気ない人生

お金のためだけに働くことになってしまいます。

 

それから、親や先生はアドバイスはするけど、「人生の責任」はとってくれませんからね。

人生の責任

自分の人生を「自分で決める覚悟」も必要なのかもしれませんね。

 

それから、こちら↓

言いたいことを言わなかった

 

当たり障りのないことだけ言っておけば、人間関係のトラブルは避けられます。

当たり障りのないことを言う

ですが、それだと表面的な人間関係になってしまう。

 

信頼できる友人や人間関係ができず、さみしい人生になってしまうというわけです。

 

これとは反対に…

自分の本心を語ると、それを嫌う人もでてくるけど、「あなたの そういうところが好き」という人もかならず現れます。

本音を語る

 

悪いことをしていないのであれば…

胸を張って、堂々と本音を語ったほうがいいということですね。

 

こんなのもあります↓

本当の自分を隠して生きてきた

 

  • 好きなら、好きと言う
  • イヤなら、イヤと言う
  • さみしいなら、さみしいと言う
  • 悲しいなら、悲しいと言う
  • 助けてほしいときは、助けてと言う

そんな当たり前のことが出来なかった。

 

プライドが邪魔をして、「偽物の自分」でずっと生きてきたという後悔です。

頑固

 

ときには子どものような気持ちになって、素直に感情を表現することも大切なのかもしれませんね。

子どものような気持ち

 

最後はこれ↓

罪悪感をもつ必要なんてなかった

 

これ、どういうことかと言うと…

たとえば、幼い子供を亡くしたお母さんや、障害児をもつ親などの、「自分だけ幸せになってはいけない」という罪悪感

 

この罪悪感があると、地味で暗~い灰色の人生になってしまう。

灰色の人生

 

でもね、歳をとると気づくそうです。

「天国の子どもが望んでいたことは、私が暗く生きることではなく、幸せに生きることだったんだ」と。

仏前

それで、後悔の念が湧いてくるというわけです。

 

後悔のない人生にする「4つの行動」

ここまでで、「4つの後悔」をすべてご紹介しました。

 

それを踏まえて…

私たちはどう生きれば、人生を後悔しないのか?

理想の人生に近づくことができるのか?を最後にまとめておきます。

 

①働きすぎた

ここから得られる教訓は、家族や友達との時間を充実させよう!

 

人生を、巻き戻すことはできませんからね。

今しかできないことは、今のうちにやっておこうということですね。

 

②愛や感謝を伝えなかった

ここから得られる教訓は、家族や恩人が生きているうちに、愛や感謝を伝えておこう!

 

③感謝のない生活を送ってしまった

ここから得られる教訓は、暮らしの中にある「素晴らしいこと」をたくさん見つけよう!

 

「ありがたい、ありがたい」という気持ちで生活する。

それが一番簡単だと思いますよ。

 

④人の目を気にしすぎた

ここから得られる教訓は、自分の気持ちに従って生きる勇気をもとう!

 

「他人の目」や「周囲の期待」、それから「世間の常識」など…

そういうものを自分の人生のモノサシにしていたら、絶対に望みどおりの人生は手に入りませんからね。

 

自分の正直な気持ちをモノサシにして生きていくことが大事、ということですね。

 

まとめ

江戸時代とは違って、現代のわたしたちには、自分の人生を自分で決める自由があります。

自由

働くのも自由・会社をやめるのも自由、明るく生きるのも自由・暗く生きるのも自由…。

 

ほとんどすべてを自分の自由にできますが…

「自由」にはかならず「責任」がついてまわります。

 

つまり、自分の人生の責任は、自分でとるしかない

人生は、自分で組み立てていくしかないということ。

 

そのための道しるべとして、今回の内容が少しは役立つと思います。

道しるべ

 

また、最初にご紹介しました2冊の本も、おすすめです。

後悔の本

 

「死ぬ瞬間の5つの後悔」は、ちょっと分厚い本ですが…

人の目を気にしがちな方素の自分で生きられないという方におすすめ。

 

「世間の目」や「他人の評価」に振りまわされることが、いかに馬鹿らしいことなのかを、しみじみと実感できます。

 

死ぬ瞬間の5つの後悔

死ぬ瞬間の5つの後悔(ブロニー ウェア著)(Amazon)

死ぬ瞬間の5つの後悔(ブロニー ウェア著)(楽天)

 

「後悔しない生き方」の方は、人生を後悔しない30の方法が具体的に書いてあります。

こちらはページ数も少なく、気楽に読める本です。

 

後悔しない生き方

後悔しない生き方(マーク・マチニック著)(Amazon)

後悔しない生き方(マーク・マチニック著)(楽天)

 

後悔しない人生をはじめるのにベストな時期は、「今」ですからね。

 

まずは、自分の人生を見直すことから始めてみる。

「人生でやり残したくないことは何か?」とね、自分に尋ねてみる。

 

これは、とても有意義な時間になると思いますよ。

 

 

☆☆☆

以上、後悔しない人生のつくり方でした。

 

●こんな記事もありますよ

本当にやりたいことを見つける3つの質問

本当にやりたいことを見つける3つの質問

2015年5月31日

著者:心理カウンセラー・ラッキー

★YouTube 始めました★

きっと役立つ知恵をお届けします

☆ラッキーのTwitter☆


★読むだけでみるみる幸運になる「ラッキー語録」も、TwitterとFacebookで無料公開中!

【最高の人生】後悔しない人生のつくり方