【夜 眠れない…】眠れない原因と、ぐっすり眠る方法

更新日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

夜中に外から赤ちゃんの泣き声が!そっと玄関を開けると野良猫がにらみ合っていました。こんにちは!寝不足心理カウンセラー・ラッキーです。

眠れない原因と、ぐっすり眠る方法

「夜 眠れない…」

「疲れがとれない」

「朝から頭が重い」

ぐっすり眠れない人

 

毎日、グッスリ眠れていますか?

スッキリした気分で、朝を迎えていますか?

ぐっすり眠れたさわやかな朝

睡眠は、時間よりも「質」が大切。

 

今回は「現代人がグッスリ眠れない原因と、簡単な対処法」についてお話させていただきます。

スポンサーリンク

 

睡眠の質が悪いと、どうなるのか?

現代人は、睡眠の質がどんどん悪くなっています。

睡眠の質が悪い人

それに伴い、うつ病患者は急増中。

 

厚生労働省の発表によれば、

1999年には44.1万人だったうつ病患者は、

2008年には104.1万人と倍増

うつ病患者数のグラフ

 

サラリーマンの3人中1人が『うつ病予備軍』と言われています。

うつ病予備軍のサラリーマン

 

うつ病は、治すのが難しい病気。

うつ病にならないためにも、良い睡眠をとりたいものです。

 

また、睡眠の質が悪い人は、次のような症状があらわれやすくなります。

  • 異常に眠い
  • 面倒くさい
  • ビクビクする
  • 無力感

睡眠の質が悪い人の症状

  • 無愛想になる
  • 敵意を持つ
  • 短気になる
  • 神経質になる
  • ヒステリック
  • 自分勝手になる

睡眠が悪くてイライラする人

 

『眠りが悪い』というだけで、ストレスまみれの毎日を送ることになりかねません。

ストレスまみれの毎日

 

なぜ睡眠の質が落ちたのか?

現代人が眠れない主な原因は…

  1. 体を動かすことが減った
  2. 頭を使うことが増えた

と、とても単純です。

体を動かす仕事 →  頭を使う仕事

 

生活はどんどん便利になり、体を使う機会は減りました。

便利な生活

その一方、

パソコン・スマートフォンの普及で、職場でも遊びでも、頭を使う機会が急増。

パソコン・スマートフォンの普及

 

現代人は『体』よりも『頭』のほうが疲れている状態です。

頭が疲れている状態

この『頭の疲れ』が、実はクセモノ。

 

眠れない原因

体の疲れは、睡眠を促進します。

20141201yoru

 

逆に、

頭の疲れは、睡眠を阻害します。

20141201sogai

 

また、

『体の疲れ』は、8時間も眠ればとれますが、

『頭の疲れ』は、8時間寝てもなかなか解消できません。

20141215hissi

 

頭の疲れは、チャーハンのグリーンピースと一緒。

むしろ、無いほうがいいのです。
(※ぼくの個人的な意見ですm(_ _)m)

 

頭の疲れを解消するには…

頭の疲れは『油汚れ』にとてもよく似ています。

頭の疲れに似ている

 

油汚れは、ゴシゴシ水洗いをしてもなかなか落ちませんが、

洗剤を使えば、あっという間に落ちていきます。

油汚れ

 

実は、頭の疲れもサッと洗い流すことができるのです。

 

では、『頭の疲れ』に効く洗剤とは何なのか?

頭の疲れに効く洗剤

 

それは…

『運動』

 

『頭の疲れ』は運動をすることで、『体の疲れ』に変換することができます。

頭の疲れ  →  体の疲れ

 

運動で、『油落ち』ならぬ『疲れ落ち』が良くなる。

 

つまり、頭を使えば使うほど『運動』が必要になるわけです。

頭を使えば使うほど運動が必要

 

睡眠の質を上げるには

良い睡眠のために、いろいろな研究が発表されています。

睡眠の質を上げる説明

  • 「朝日を浴びましょう」
  • 「ぬるめのお風呂に入りましょう」
  • 「空腹で寝ましょう」
  • 「お酒は控えましょう」
  • 「リコピンを摂取しましょう」
  • 「寝具は…」

などなど。

 

たしかに、効果はあります。

 

しかし…

『運動』に勝るものはありません。

運動

 

良い睡眠をとりたいなら、

まずは運動。

 

とても古典的な方法かもしれませんが、

運動不足こそが、現代人の不眠の根本原因であり、

『頭の疲れ』を『体の疲れ』に変換できる方法も、『運動』以外にはありません。

 

毎日の生活に、意識して運動を取り入れる。

運動を取り入れる

 

そうすることで、

『すがすがしい朝』『ストレスの少ない毎日』を手に入れることができます。

ストレスの少ない毎日

 

まとめ

「忙しくて、運動する時間がない」 という人ほど、ぜひ運動を取り入れていただきたい。

 

結果的に、

睡眠時間を減らせたり、

仕事効率も上がったり、

時間短縮にもつながります。

 

 

は、より生ず。

 

良い人生は、良い睡眠から。

良い睡眠は、毎日の運動から。

 

もう、運動をしないで乗り越えられる時代ではありません。

 

 

以上、『【夜 眠れない…】眠れない原因と、ぐっすり眠る方法』でした。

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 


(ツキを呼ぶ名言・更新情報など、つぶやいています)

フェイスブック はじめました

 

スポンサーリンク

-健康

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2017 All Rights Reserved.