【昼寝のススメ】効果のたかい仮眠の仕方は?

心理カウンセラー・ラッキー
YouTube Twitter Facebook

この記事でお伝えしたいこと

  1. 仮眠の効果
  2. 正しい仮眠のとり方
  3. 昼寝のコツ

 

強い睡魔に襲われる時間帯は、AM2~3時PM2~4時

昼食後に眠たくなるのは、ごくごく当たり前のこと。

午後の眠気

 

ですが、眠気を我慢しながら仕事するのは、猛烈なストレスになりますよね。

仕事もはかどらないし…。

 

そのストレスを解消してくれるのが「仮眠」

仮眠

これしかないんです。

 

アメリカ・NASAの研究者は、こう言っています。

「26分の仮眠によって、仕事効率が34%アップ。社員の能力をほんの26分間で34%も向上させる経営戦略が他にありますか!」

NASAの研究者

 

日本の厚生労働省も、こう言っています。

「午後の早い時刻に30分以内の短い昼寝をすることが、眠気による作業能率の改善に効果的です」

国も、「昼寝をしましょう!」と正式にすすめているのです。

 

ほかにも…

Google・アップル・マイクロソフトなど世界の大企業も、仮眠室や睡眠マシンを導入して、積極的に昼寝を勧めています。

 

では、仮眠にはどんな効果があるのか?というと…

  • ストレス解消効果
  • 午後の眠気が解消される
  • 脳がリセットされ集中力がアップする

 

心臓病予防・糖尿病予防・認知症予防など、さまざまな病気な予防になることもわかっています。

 

わずかな時間、仮眠をするだけでメリットが一杯!

ホント、寝なきゃ損なんです。

 

ただ、昼寝には「正しいやり方」があって、やり方を間違えると逆効果になるだけではなく、健康を害することもあります。

 

というわけで今回は、「効果のたかい昼寝の仕方」をご紹介していきます。

 

 

効果のたかい昼寝の仕方

適切な仮眠時間は?

仮眠の時間は、どれくらいがベストなのか?

たくさんの研究がありますが、15~30分が理想的な仮眠時間。

 

もう少し具体的にいうと…

寝付いてから15分

 

寝付くまでには個人差がありますからね。

すぐに眠れる人は15分でOKですし、寝付きの悪い人は30分くらいの昼寝時間を確保する必要があるということです。

 

ちなみに僕は、寝付きが悪いほうなので、タイマーを30分にセットしています。

 

寝すぎると、どうなるのか?

「30分なんて物足りない。もうすこし長く寝ていたい!」というのが人情ですが、長い昼寝はNG

 

30分を超えると、効果がだんだん落ちてしまいます。

さらに1時間を超えると、健康にも悪影響がでてきます。

 

たとえば…

●頭がボーっとしてやる気が出ない

頭がボーッとする

●夜の睡眠の質が悪くなり、不眠の症状がでてくる

不眠

●糖尿病やアルツハイマー病など、病気のリスクが高くなる

 

ちなみに僕の場合は、長い昼寝をすると頭が痛くなってしまいます。

 

そんな、なんやかんやの理由で、仮眠時間は15~30分がベストというわけです。

 

寝る姿勢は?

寝る姿勢は、なんでもOK!

横になって寝てもいいし、背もたれを倒して寝てもいいし、机にうつぶせになって寝てもいい。

寝る姿勢

寝れるのであれば、何でもオッケーです。

 

昼寝の3つのコツ

最後に、「昼寝のコツ」を3つお伝えいたします。

 

コツ①同じ時間、同じ場所、同じ姿勢で寝る

今日から昼寝をはじめて、「ぐっすり眠れました!」という人はまずいないと思います。

最初はみんな、うまく寝られない。

 

ところが、毎日同じ時間、同じ場所、同じ姿勢で寝ると、脳がそれを覚える。

同じ時間に昼寝する

習慣になるということですね。

 

昼寝が習慣になれば、いつも同じ時間に眠たくなる。寝付くまでの時間を短縮できる。

上手に昼寝をできるようになるというわけです。

 

コツ②寝る前にコーヒーを飲む

コーヒー

昼寝の前にコーヒーや緑茶などを飲むと、ちょうど30分後くらいにカフェインが効いてきます

つまり、目覚めが良くなる。

目覚めが良くなる

 

また、イギリスのラフバラー大学の研究によると…

「コーヒーを飲んで15~20分の仮眠をとると、頭の回転がもっとも高まる」という結果もでています。

 

寝る前にコーヒーを飲んでおけば、最高の昼寝ができるというわけです。

 

コツ③昼寝は3時までに

12時から3時まで

昼寝は、早ければ早いほどいい。

3時以降に昼寝をすると、夜の睡眠に悪影響がでて、不眠の原因になります。

 

理想的なのは、昼食後にコーヒーで一服して、それから仮眠をとる。

理想的な昼寝

トータルで約1時間。これがベストだと思いますよ。

 

最後にもう1つ。昼寝でよくある質問。

Q:「目をつぶっているだけでも効果はありますか?」

A:効果はあります!

 

人間の脳は、目からの情報を処理するのに90%の力を使っています。

脳

ですので、目をつぶるだけで「脳の休息」になる。

また、目を閉じた瞬間からでてくる「アルファ波」によって、リラクゼーション効果もあります。

 

ただ、午後の眠気を飛ばす効果はないんです。残念ですけど。

 

いずれにしても、起きているよりはずっとマシということですね。

 

まとめ

お昼ごはんを食べたら、コーヒーやお茶で一服して、その後15~30分の昼寝をする。

すると、午後からもイキイキ働けるだけではなくて、ストレス解消健康増進にも役立つ。

イキイキと働ける

 

世界の最先端をいく一流企業が、続々と昼寝を取り入れている理由も…

「昼寝しなきゃ損」ということが科学的に証明されてきたからだと思います。

 

ぜひ皆さんも、昼寝を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

バイタリティが溢れてきて、午後のストレスの少なさにビックリすると思いますよ。

 

 

☆☆☆

以上、【昼寝のススメ】効果のたかい仮眠の仕方は?でした。

 

●こんな記事もありますよ

「寝ても疲れが取れない…」原因と解消法

「寝ても疲れが取れない…」の原因と解消法

2019年8月13日
質の良い睡眠が手に入る「4-6-11の法則」

質の良い睡眠が手に入る「4-6-11の法則」

2015年7月12日

著者:心理カウンセラー・ラッキー

★YouTube 始めました★

きっと役立つ知恵をお届けします

☆ラッキーのTwitter☆


★読むだけでみるみる幸運になる「ラッキー語録」も、TwitterとFacebookで無料公開中!

【昼寝のススメ】効果のたかい仮眠の仕方は?