「寝ても疲れが取れない…」の原因と解消法

心理カウンセラー・ラッキー
YouTube Twitter Facebook

この記事でお伝えしたいこと

  1. 寝ても疲れが取れない原因3つ
  2. その解消法

 

「7~8時間は寝ているにもかかわらず、疲れが取れない。頭がスッキリしない」

寝ても疲れが取れない

 

その原因として、よくあるケースが…

睡眠の質がわるい

 

当たり前といえば当たり前で、

『睡眠=時間×質』ですからね。

 

睡眠の質が悪ければ、いくらビタミンを摂っても、疲れは取れない。

 

では、なぜ睡眠の質が悪いのか?

どうしたらグッスリ眠れるのか?

 

というわけで今回は…

睡眠の質が悪くなる3つの原因解消法をご紹介させていただきます。

 

 

睡眠の質が悪くなる原因①

睡眠の質が悪くなる1つ目の原因…

それは、成長ホルモンをうまく分泌できていない」

 

成長ホルモンは、子供だけでなく、大人も出ます。

焼肉屋では出ません。

 

この成長ホルモンは、簡単に言うと『疲労回復ホルモン』

疲労回復

ですので、成長ホルモンの分泌量が少ないと、寝ても疲れが取れません

 

この成長ホルモンの特徴は2つ。

  • 寝はじめ2時間に大量分泌される
  • 血糖値が高いと分泌量が減る

 

つまり、寝る前に食事や飲酒をすると、睡眠中に血糖値が上がってしまい、成長ホルモンの分泌量がウンと減ってしまう

食事と飲酒

 

その結果、十分に疲労回復できない。

朝に疲れが残ってしまうというわけです。

朝に疲れが残る

 

できれば寝る2時間前、少なくとも1時間前には食事や飲酒を終わらせる。

 

「残業で帰りが遅くなる」という場合は、残業前に何か食べておくのがおすすめ。

残業前

そうすれば、夜の食事は少なくて済みますからね。

 

寝る前に血糖値を上げない。

これが、睡眠の質を良くする1つ目のポイントです。

 

睡眠の質が悪くなる原因②

睡眠の質が悪くなる2つ目の原因…

それは、「メラトニンの分泌量が少ない

 

メラトニンは、熟眠ホルモンであると同時に、細胞修復ホルモン

細胞

アンチエイジング効果やガン抑制効果もあります。

 

このメラトニンの特徴は2つ。

  • 寝る前に大量分泌される
  • 明るい光を見ると分泌量が減ってしまう

 

つまり、寝る前にテレビ・スマホ・蛍光灯などの光を浴びてしまうと、メラトニンの分泌量が減ってしまう

光を浴びる

 

メラトニン量が少なければ、朝までに細胞の修復が終わらない。

だから、疲労回復できない。朝に疲れが残ってしまうというわけです。

疲れが取れない

 

できれば寝る1時間前、少なくとも30分前からはテレビやスマホなどの明るいものを見ない。

心理カウンセラー・ラッキーのブログ以外は見ない。

 

これが、睡眠の質を良くする2つ目のポイントです。

 

睡眠の質が悪くなる原因③

最後。睡眠の質が悪くなる原因の3つ目…

それは、「交感神経のまま寝ている

 

人間には交感神経副交感神経があります。

●「交感神経」優位の状態が、活動モード

●「副交感神経」優位の状態が、リラックスモード

 

疫力や自然治癒力は、寝ている間の「副交感神経」優位の状態で活発になります。

副交感神経優位

 

つまり、「交感神経」のまま、無理やり寝てはいけないのです。

交感神経優位

 

では、副交感神経に切り替えるには、どうしたらいいのか?

 

寝る前30分をリラックスタイムにする

クールダウンの時間をつくるということですね。

リラックスタイム

 

おすすめなのは…

  • リラックスできる音楽
  • 家族との会話
  • ペットとのふれあい
  • アロマ
  • ストレッチ
  • 読書

 

それから、できれば照明は「青白い蛍光灯」ではなく、「オレンジ色の照明」に切り替える。

青白い光をみると、脳が「今は昼間なんだ」とカン違いしますからね。

 

あとは、カモミールティーもおすすめ。

ぼくもたまに飲んでいますが、カモミールティーにはリラックス効果とストレス解消効果があります。

 

リラックスタイムを習慣にすると、寝付きもよくなるし、朝の目覚めもぜんぜん違ってくると思いますよ。

朝の目覚め

 

まとめ

寝る前30分は、食事・飲酒・テレビ・スマホなどを控えて、リラックスタイムにする。

すると、しっかり疲労回復できる。朝の目覚めが良くなる。

 

さらに、睡眠の質が上がると、まだまだ良いことがたくさんあります。

  • 集中力が上がる
  • 活力がみなぎる
  • 心がポジティブになる
  • 風邪をひきにくくなる
  • ダイエット効果がある
  • 人に優しくなれる

など、いいことずくめなんです。

 

睡眠は、あらゆることの基本中の基本。

 

植物は「良質な土」できれいな花が咲きます。

きれいな花が咲く

人間は「良質な睡眠」で人生に花が咲きます。

人生に花が咲く

 

「寝る前30分で、人生が変わる!」と思って、ぜひ今晩から実践してみてくださいね。

 

 

☆☆☆

以上、「寝ても疲れが取れない…」原因と解消法でした。

 

●こんな記事もありますよ

【昼寝のススメ】効果のたかい仮眠の仕方は?

【昼寝のススメ】効果のたかい仮眠の仕方は?

2019年7月27日

著者:心理カウンセラー・ラッキー

★YouTube 始めました★

きっと役立つ知恵をお届けします

☆ラッキーのTwitter☆


★読むだけでみるみる幸運になる「ラッキー語録」も、TwitterとFacebookで無料公開中!

「寝ても疲れが取れない…」原因と解消法