消極的な子が急増!積極的な子どもに育てるコツ・7つ

更新日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

体重計に乗るときに、腹を引っ込めるわが妻。こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。


 

「うちの子、消極的だから将来が不安だわ」

「友達づき合いは、うまくいっているのかしら?」

子育てに不安を感じている親御さん

消極的なわが子に、不安を感じている親御さんも少なくないと思います。

 

そこで今回は『消極的な子供になる原因』『積極的な子供に育てるコツ』をまとめてご紹介させていただきます。

 

消極的な子供になる原因

消極的な子供になる原因は、主に3つ。

①生まれつき内向的な性格

②乳幼児期の愛情不足

 

そして…

もっとも大きな原因が、

③コミュニケーション力の欠如

 

コミュニケーション力が弱いと、どうしても自分に自信がもてず内向的になりがちです。

内向的な子供

 

最近、社会問題化している「引きこもりの若者」

引きこもりの若者

 

その人たちの多くも…

コミュニケーション力不足による自信の欠如が主な原因。

 

「人付き合いは大好きだけど、引きこもってまーす!」

積極的な子供

という若者はいないと思います。

 

つまり、

積極的な子に育てるには、

コミュニケーション力を磨くことが、一番の近道

 

では、

そのためには、どのような子育てをしたらいいのでしょうか?

 

「親はなくとも子は育つ」時代ではない

昭和の頃は、夕方になると…

たくさんの子供たちが、表に出て遊んでいました。

表に出て遊んでいる子供

 

その中で、自然とコミュニケーション力を磨いていきました。

 

しかし、最近では…

塾・お習い事・ゲームなどが忙しいのか外で遊びまわる子供をあまり見かけません。

 

友達づき合いを通して、

コミュニケーション力を身につけることが難しくなってしまったのです。

 

引きこもり急増の原因も、こういった環境の変化にあるのでしょう。

 

だったら、

親が、子供のコミュニケーション力を磨いてあげるしかない!

 

というわけで次に…

積極手な子供を育てるためのコツを、7つご紹介いたします。

スポンサーリンク

 

積極的な子供を育てる7つのコツ

①言葉のキャッチボールを増やすには?

②共感力を身に付けるには?

③経験は、話のタネ

④「自信」イコール「積極性」

⑤「コミュニケーションは楽しい!」と思わせるには?

⑥「友達と遊ぶチャンス」を親がつくる

⑦個性を認める

 

①言葉のキャッチボールを増やすには?

コミュニケーションの基本は、言葉のキャッチボール

「双方向」のやり取りです。

双方向のやり取り

 

これを苦手にしてしまうのが…

テレビの観すぎ

テレビを見ている消極的な子供

 

テレビは、アナウンサーやタレントが「一方的」に話しかけてきます。

 

相手がどれだけ熱く語っても、相づちを打つ必要すらありません。

 

そのため、テレビばかり観ていると…

「うなずきもせず、ただ聞くだけ」という悪いクセが身についてしまうのです。

返事をしない子供

 

子供の相手を、

「テレビ任せ」にするのではなく、積極的に「親子の会話」を増やしていきましょう。

親子の会話

 

②共感力を身に付けるには?

コミュニケーションにおいて、

「相手の気持ちがわかる」という「共感力」がとても重要です。

 

女性の会話でも…

「だよねー」

「わかる、わかるー」

と、共感の連続。

女性の会話

 

人の気持ちがわかる子供に育てるには「相手の気持ちを想像させる練習」が必要です。

 

「○○くん、どんな気持ちだろう?」

「○○ちゃん、きっと、さみしいだろうね」

「アリさん、がんばってるね!」

 

このような言葉がけが、子供の「共感力」を育て、心の通ったコミュニケーションを可能にします。

 

③経験は、話のタネ

子供にたくさんの経験をさせて、世界を広げてあげましょう。

  • 海水浴
  • 山登り
  • 科学館
  • 祭り
  • 工場見学
  • 日曜大工

などなど、経験はそのまま「話のネタ」になります

積極的に遊ぶ子供

 

大人だって、何かを体験したら、誰かに話したくてウズウズしますよね。

誰かに話したくてウズウズ

 

反対に、

経験が乏しい人は、会話も乏しい

 

また、世界が狭いと「自分の意見」を持てなくなります

 

グーグルで「子供 体験型」と検索すると…

たくさんの「おすすめスポット」が出くるので、目を通してみるのも良いかもしれませんね。

 

④「自信」イコール「積極性」

  • 積極性
  • やる気
  • チャレンジ精神

これらのエネルギー源は、

「自信」です。

自信のある子供

 

「自信」と「積極性」は比例します。

 

子供に自信をつけさせるには…

褒めるのが一番!

 

人から褒められることがなければ、「自分の長所」を自覚できませんからね。

 

「これでもかっ」ていうぐらい、どんどん褒めてあげましょう。

 

親の褒め言葉は、いつまでも記憶に残り、心のエネルギーになります

エネルギーのある子供

 

⑤「コミュニケーションは楽しい!」と思わせるには?

「遊ぼう」「ねぇ聞いて」に対して、

「いま忙しいから」NG

忙しい母親と遊びたい子供

 

子供は、コミュニケーションが苦手になってしまいます。

 

大人ですら、

「いま忙しいから!」と上司に突き放されたら、もう話しかけたくないですよね。

上司に突き放される人

 

反対に…

子供の話に「関心を寄せる」ことで、子供はコミュニケーションが好きになっていきます。

 

聞きかたのコツは…

  • 目を見て
  • 笑顔で
  • うなずく

そして、

できれば手を休めて聞いてあげましょう。

手を休めて子供の話を聞く母親

 

⑥「友達と遊ぶチャンス」を親がつくる

子供のコミュニケーション力を伸ばすには、やはり「子ども同士の付き合い」が大切です。

子ども同士の付き合い

 

でも、最近は友達同士で遊ぶ場がとても少なくなりました。

 

だったら、親がそのチャンスをつくってあげましょう。

  • 家族ぐるみで付き合う
  • いとこと会う機会を増やす
  • スポーツクラブに入る
  • ボーイスカウトに入る

 

スポーツやアウトドアなど、のびのびと遊べるものが良いですね。

のびのびと遊ぶ子供たち

 

⑦個性を認める

外国では「個性」=「魅力」

日本では「個性」=「短所」

という風潮があります。

 

そのため、日本の社会や学校では、叱ってでも「型」にはめようする傾向があります。

 

たとえば、算数の問題でも…

答えが正解なのに、解き方が教科書のものと違えば、

×になってしまう。

算数の問題

 

校則でも…

「前髪はここまで」とか、

「スカートの丈はここ」とかって。

スカートの丈

 

そうやって個性をつぶしていった結果、子供がどう育つかというと…

「指示待ち人間」

「マニュアル人間」

になってしまいます。

 

言われた通りにやれば、叱られずに済みますからね。

言われた通り

 

でも、これではあまりにも消極的ですよね!

 

積極的な子供に育てるには個性を認めることが大切です。

 

子供の意見に疑問を感じても…

「なるほど、そういう考え方もあるのね!」という感じで。

なるほど

 

子どもがどんな絵を描こうとも…

男の子なのにピンクが好きでも…

箸の持ちかたが非効率でも…

「ひと言」言いたくなる気持ちをグッとこらえて、我が子の個性を認めてあげましょう。

 

葉」を「」ばせると書いて「める」。

 

そのままの個性を認めてあげることで、子どもの「積極性」が育ちます。

 

子供の積極性・まとめ

大人になって社会に出ると…

学力はほとんど必要ありませんが、「人とうまくかかわれない」というのは致命傷になりかねません。

人とうまくかかわれない大人

 

コミュニケーション力を磨いて、

積極性を身につけることで、

子どもは、自信満々で社会に出ていけます

自信満々な若者

 

最後に「子供の積極性を育てる7つのコツ」を簡単にまとめておきます。

 

お子さんの消極性に不安のあるかたは、1つだけでもいいのでぜひ実践してみてくださいね。

 

①子どもの相手を「テレビ任せ」にしない

②相手の気持ちを想像させて、共感力を育てる

③たくさんの経験をさせて、世界を広げる

④褒めて、自信を与える

⑤子どもの話に関心を寄せる

⑥子ども同士で遊ぶチャンスをつくる

⑦個性を否定しない

 

 

以上、『消極的な子が急増!積極的な子どもに育てるコツ・7つ』でした。

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 


(ツキを呼ぶ名言・更新情報など、つぶやいています)

スポンサーリンク

-子育て

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2017 AllRights Reserved.