神経質な性格を直して「おおらか」になる方法

心理カウンセラー・ラッキー
YouTube Twitter Facebook

「神経質な性格」を「おおらかな性格」に変えていくには、どうしたらいいのか?

 

結論からお伝えすると…

神経質な人の共通点は「自己受容していないということが大規模調査で判明しています。

 

つまり、神経質な性格を直すのに必要なことは、たった1つ。

自己受容すればいい

 

というわけで…

①自己受容とは、いったい何なの?

②自己受容って、どうやってやるの?

ということを、ここからお伝えさせていただきます。

 

 

神経質な性格を直せる「自己受容」とは?

自己受容とは…

「ありのままの自分」を受け入れること

 

『アナと雪の女王』みたいですが、本当の自分・現実の自分を理解するということです。

 

たとえば、外では「立派そう」に振る舞っているけど…

立派な振る舞い

でも、本当の自分は…

現実の自分
  • だらしない
  • 気が弱い
  • 三日坊主
  • さみしがり屋
  • 甘えん坊
  • シワが増えた
  • 家族にはつい威張ってしまう
  • 疲れているとイライラしがち

などなど。

 

このような自分の欠点や弱点を、良い・悪いとジャッジすることなく、そのまま受け入れる。

「自分にはこういう性質があるんだ」と。

 

これが、自己受容。

 

もちろん、ぼくラッキーも弱点は山ほどあります。

●整理整頓が苦手
●計画性がない
●髪が薄くなってきた

まだまだ、ごまんとあります。

 

でも、それが「良い」とか「悪い」ではなくて、「自分はこういう人間なんだ」と受け入れてしまうと、すっごく楽なんです!

 

たとえば、誰かから「あれ?髪が薄くなった?」と聞かれても、ぜんぜん傷つかないし、

「薄いじゃなくて、アメリカンと呼んでくれ」「コーヒーかい!」と、笑い話にできたり。

爆笑

自己受容できていると、すっごく気楽なんです。

 

自己受容していないと、自分にも他人にも厳しくなる

では反対に、自己受容していないと、どうなるのか?

↓↓↓

「こんな自分ではダメだ」
「みっともない」
「恥ずかしい」

心の負担になるんです。

落ち込む

 

つまり、『自己受容していない』イコール『コンプレックス』

 

自己受容していないことが10個あれば、コンプレックスが10個。

自己受容していないことが20個あれば、コンプレックスが20個あるということです。

 

では、コンプレックスが増えるとどうなるのか?

当然、自信を失います。

 

そして、自信を失うと…

「自分を良く見せたい」「自分を強く見せたい」という気持ちが、無意識に出てきてしまう。

 

その結果、

●「自分を良く見せたい」から、細かいことが気になる

●「自分を強く見せたい」から、他人の欠点が目につく。うるさいことを言ってしまう

 

これが、神経質。

出発点は、「自己受容していない」ことなのです。

 

自己受容できると、どう変わるのか?

では、自己受容できると、どう変わるのか?

良いことが2つあります。

 

まず1つ目は、自信がアップする。

 

自己受容で「自信が1.5倍もアップする」と言われています。

1.5倍ってすごい数字ですね!

 

つまり、堂々としていられるから、細かいことが気にならないということです。

ライオン

 

2つ目は、共感力がアップする。

 

たとえば、友達が「私、三日坊主でさ」と落ち込んでいても…

「三日坊主ならまだマシじゃん!私なんか一日坊主よ」と共感してあげられたり、

共感

 

たとえば、職場で誰かが遅刻してきても…

「誰でもそういう時があるよな。俺だって結構だらしないもん」と優しくなれたり。

遅刻

 

自分の弱点をちゃんと理解していると、周りの人を温かい目でみてあげられるのです。

 

つまり、自己受容できていると、自分に対しても他人に対しても、おおらかでいられる。

神経質が直るというわけです。

 

どうすれば自己受容できるのか?

最後は、自己受容する方法。

複雑な方法もありますが、ここでは一番簡単な方法をご紹介させていただきます。

 

その方法とは…

「私は○○なタイプなんだ」と人に話す

人に話す

これを「自己開示」といいます。

 

たとえば…

「実はぼく、朝が苦手なんですよ」

「家族には感謝しているんだけど、つい厳しいこと言っちゃうんだよね」

「会議で発言するときは、今でも緊張で足が震えてたりするんだよ」

 

このように、どんどん人に話す。

すると、自分の弱点を、自然と受け入れられるようになってくる。

 

つまり、「自己受容できてくる」ということ。

簡単ですよね。

 

自己受容は、あんがい気持ちいい!

ただ、自己受容するというのは、最初はやっぱり勇気が必要です。

弱点を認めるわけですからね。

 

ところが慣れてくると、意外と気持ちいいんです!快感になるんです!

 

というのは、

今まで自分をしばってきた「要らぬプライド」から解放される感覚。

肩の荷がストンと落ちる感覚。

これが、気持ちいいんです。

 

タモリさんも、こんなことを言っています。

「自分かいかに下らない人間か」ということを思い知ることで、スーッと楽にもなれるんじゃないかな。

確かにそれがわかると、一度はドドドーンって落ち込むけどね。

すぐに立ち直って、明るくなっちゃうんだよ。

タモリ

 

まさにこれが自己受容です。

 

自分の弱点を受け入れるのは、ちょっと辛いけど…

一度受け入れてしまえば、精神的に自由になって、心がオープンになって、気楽に明るく生きられるわけです。

 

まとめ

お伝えしてきましたとおり、自己受容は良いことづくめ。

  • 神経質な性格が治る
  • おおらかな性格になる
  • 自信が高まる
  • 共感力が上がる
  • 気楽に生きられる

 

学校では教えてくれないけど、自己受容って、ホント大切なんですね。

 

 

☆☆☆

以上、神経質な性格を直して「おおらか」になる方法でした。

 

●こんな記事もありますよ

簡単!性格を改善する2つの方法

簡単!性格を改善する2つの方法

2018年11月25日

著者:心理カウンセラー・ラッキー

★YouTube 始めました★

きっと役立つ知恵をお届けします

☆ラッキーのTwitter☆


★読むだけでみるみる幸運になる「ラッキー語録」も、TwitterとFacebookで無料公開中!

神経質な性格を直して「おおらか」になる方法