過去の執着を手放す方法◇「~のせいで」を「~のおかげで」に変える

更新日:


心理カウンセラー・ラッキー

 

「嫌な出来事をときどき思い出しては、落ち込んでしまう」

「うらみや憎しみをどうしても忘れられない」

執着を捨てられない人

過去の執着に苦しみ、「どうしたら手放せるのか?」と悩んでいる方も少なくないと思います。

 

執着とは、忘れたいのに忘れられない過去の嫌な思い出。

失敗・失恋・不運・嫌な人間関係などがその原因です。

 

執着を手放すための本やセミナーなどもありますが、ほくは執着を捨てるのは「そんなに難しいことではない」と考えています。

ただ、多少の時間はかかりますが…。

 

ここでは、ぼくが知るかぎりで、一番簡単でシンプルな方法をご紹介していきます。

やり方はシンプルでも、効果は抜群ですよ。

 

スポンサーリンク

 

過去の執着を手放す方法

 

過去の執着を手放すことができない一番の原因は、「忘れよう忘れよう」という気持ち。

「忘れようとすればするほど、思い出すようになる」のが、私たちの心の大原則です。

 

過去の経験はすべて、潜在意識という”記憶の格納庫”に収められています。

それを消すことは、決してできません。

消そうとすればするほど、潜在意識からひょっこり顔を出してくるのです。

潜在意識から顔を出す過去の執着

 

過去の出来事は変えられない。

忘れることもできない。

では、執着を捨てるためにはどうしたら良いのでしょうか?

 

「変える」も無理。「忘れる」もダメ。

でも、もう一つだけ方法があります。

1つ

 

それは、”解釈を変える”こと。

「~のせいで」を「~のおかげで」に変換することです。

 

 

執着を手放すとは、解釈を変えること

 

執着のほとんどが「~のせいで」という気持ちです。

 

・彼が浮気したせいで、私はひどく傷つき別れることになった

・同僚のいじめのせいで、私は退職に追い込まれた

・受験の日に風邪を引いたせいで、いい学校に入れなかった

・両親が不仲だったせいで、子どもの頃ずっと不幸だった

 

このような「~のせいで」を、「~のおかげで」に変えていく。

それが、執着を手放すということです。

 

そのためには、何をしたら良いのでしょうか?

 

 

「今の幸せ」と「過去の執着」を関連付ける

 

「~のおかげで」と思えるようになるには…

「今の幸せ」と「過去の執着」を関連付けることで可能になります。

 

・元彼と別れたおがげで、今の旦那に出会えた。かわいい我が子にも会えた。裏切られた人の気持ちもわかるようになった

・いじめで退職に追い込まれたおかげで、今の居心地のいい職場で働ける。いい仲間もできた。いじめられる人の気持ちもわかった

・あのとき受験に落ちたおかげで、今の彼女に出会えた。希望の会社にも入れた。挫折から立ち直るという貴重な経験もできた

・両親が不仲だったおかげで、私は仲のいい夫婦になろうと努力できた。夫婦喧嘩がどれだけ子どもの心を傷つけるかもわかった

 

このように、今の幸せと執着を関連付けて、「~のせいで」を「~のおかげで」に変えていく。

オセロのように、過去の”黒”を、一つずつパタパタと”白”に変えていくのです。

執着を手放していく

 

もちろん、一回やっただけで執着を手放すことはできませんが、やった回数に比例して執着は徐々に弱まっていくものです。

 

うまくいけば、「憎らしかった人」が「感謝できる人」に変わることもあります。

「あの人のおかげで、今の私がある」と。

 

「過去は変えられない」とよく言います。

しかし、過去は心の中に存在するものですから、本当は自分の努力で変えられるのです。

 

ちなみに、関連付けをするベストなタイミングは、”自分の機嫌がいいとき”。

ストレスが溜まっているときにやると、どうしても悲観的になってしまい、「~のおかげで」なんて思えませんからね。

 

 

執着を捨てると、健康になる

 

執着を捨てるとは、言い方を変えれば「許す」ということです。

そして、「許す」の本当の意味は「緩ます」ということ。

 

ではいったい、何を緩ますのでしょうか?

 

神経と筋肉を緩ますのです。

 

うらみや憎しみなどの執着が潜在意識にあると、神経と筋肉がつねにピンと張った状態になります。

「許せていない」とは、「緩ませていない」ということのなです。

 

そうなると、血行が悪くなり、痛みや体調不良を起こします。

・偏頭痛

・肩こり

・腰痛

・胃腸不良

・不眠

・自律神経の乱れ

 

もしも、このような症状があるのなら、過去の執着が原因になっているかもしれません。

執着を手放すことで、神経と筋肉が緩み、血行が良くなります。同時に体調と顔色も良くなるはずです。

 

☆☆☆

今回ご紹介した方法は、一朝一夕に結果が出るものではありませんが、続けていれば必ず効果が出てくると思います。

過去の執着を手放すと、心が楽になるだけではなく、体まで健康になり活力もみなぎってきます。

 

過去の黒い記憶が頭に浮かんできたら、今の幸せと関連付けて、白へと変えていってくださいね。

 

以上、過去の執着を手放す方法でした。

●こんな記事もありますよ

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 

☆ラッキーのTwitter☆


★読むだけでみるみる幸運になる「ラッキー語録」も、TwitterとFacebookで無料公開中!


フェイスブック はじめました



この記事が役立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してね。

-

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2018 All Rights Reserved.