【人間関係がうまくいかない…】苦手な相手と仲良くなる方法

更新日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

サメ・カラス・ウツボは、みんなオスに見えます。こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。

苦手な相手と仲良くなる方法

「なぜか自分には、上司が冷たい」

自分には冷たい上司

「知人が悪口を言いふらした!」

悪口を言いふらした知人

「姑が冷たくて…」

冷たい姑

 

家庭や職場の人間関係で、よくある光景です。

 

このような、うまくいかない人間関係の悩みって、

「自分の努力ではどうしようもない」と、あきらめてしまう人も多い。

上手くいかない人間関係に悩む女性

 

でも、あきらめないでください。

なんとかなるんです!

なんとかなるんです!

ちょっとの工夫で、うまくいくんです。

 

今回は『苦手な相手と仲良くなる方法』についてお話させていただきます。

スポンサーリンク

 

引き立て役を攻撃できない

それにはまず、

人間の心理を一つ知る必要があります。

人間の心理一つ

 

それは、

人は、感謝してくれる相手を大切に思う

ということ。

 

「君のおかげだよ!」

「おかげで助かったよ!」

感謝してくれる相手

などと、他人から感謝されることで、人は自尊心を高めます。

自尊心

 

つまり、

『感謝してくれる相手』とは、『自分の引き立て役』なのです。

自分の引き立て役

 

人は、『自分の引き立て役』を大切に扱います。

「引き立て役を否定」することは、「自分を否定する」ことになるからです。

大切に扱う

 

芸能人やアーティスト・スポーツ選手がファンを大切にするように、

ファン

「引き立ててくれる人を大切にしたい!」という心理が働きます。

 

つまり、

自分から感謝の想いを伝えることで…

その相手から大切に思われ、嫌なおもいをさせらることは少なくなる。

大切に思われる 嫌なおもいをさせらることは少なくなる

 

感謝の想いを伝えれば伝えるほど…

『あなたの味方になっていく』

『あなたの味方が増えていく』

というわけです。

味方味方味方

 

では、

感謝の想いをどうやって伝えたら良いのでしょうか?

 

「ありがとう」は2種類ある

感謝ってなんですか?っていうと

ありがとう!

なんですね。

ありがとう!

 

ありがとうなんて、普段から言えてるよ

子どもじゃないんだから、当然でしょ!

当然でしょ!と怒る

 

そうなんですよね。

「ありがとう」を言うのは、人として当然のこと。

 

でも、実は…

 

「ありがとう」は2種類あるんです。

義務的なありがとう

感謝の想いの伝わるありがとう

 

  1. 義務的なありがとう
  2. 感謝の想いの伝わるありがとう

 

消しゴムを借りて「ありがとう!」

消しゴムを借りる

駅まで送ってもらって「ありがとう!」

駅まで送ってもらう

 

これらは、言って当然の義務的なありがとう

 

「今日で退院できますよ」

と、病院の先生に言われときの、

「先生!ありがとうございます。本当にお世話になりました!」

先生!ありがとうございます

これは感謝の想いの伝わるありがとうです。

 

感謝の想いを伝えるためには、

当然ですが義務的なありがとうではダメなんです。

 

感謝の想いの伝わるありがとうでないと伝わりません。

感謝の想いの伝わるありがとう

 

ところが、

感謝の想いの伝わるありがとうをいうチャンスなんて、そうそうない。

チャンスがない

 

だから、ほとんどの「ありがとう」が、

言って当然の義務的なありがとう」になってしまう。

義務的なありがとう

 

どれだけ「義務的なありがとう」を言ったとしても、あなたの味方は増えません。

味方

 

だからといって、

感謝の想いの伝わるありがとうを言うチャンスは滅多にありません。

 

でも、この先を読んだあなたは大丈夫!

 

義務的なありがとう」を感謝の想いの伝わるありがとう」に変える、

とても簡単な方法があるんです。

 

実にスマートな方法です。

スマートな方法

 

それは…

二度、言う

 

『相手が忘れた頃に、もう一度「ありがとう」を言う』

ということです。

 

たった、それだけ!

たったのそれだけ!

 

うまくいかない人間関係が終わる瞬間

たとえば、先ほどの消しゴムを借りた場合、

一度目は、返却するときに「ありがとう」

返却するときに「ありがとう」

これは義務的なありがとうです。

 

その日の帰りぎわに…

山ちゃん、ありがとう!

山ちゃん、ありがとう!

と、二度目を言います。

 

すると相手はえっ、何が?となる。

えっ、何が?

 

そこで消しゴム、助かったよ!

消しゴム、助かったよ!

と言えば、

あ~!ぜんぜんいいよとなる。

ぜんぜんいいよ

 

この、相手があ~!と思い出したときが、感謝の想いの伝わる瞬間です。

感謝の想いの伝わる瞬間

 

もし、駅まで送ってもらったのなら、

翌日にありがとね!と二度目を言う。

二度目

 

えっ、何が?

何が?

駅まで送ってくれて…

駅まで送ってくれて…

あ~、はいはい

はいはい

となる。

 

この「あ~、はいはい」と言ってるとき、相手は感謝の想いを感じ自尊心を高めます。

感謝の想いを感じ自尊心を高める相手

あなたが、引き立て役になった瞬間です。

 

先日、

喫茶店で、ランチを食べたんですけど…

喫茶店

 

店員さんが、

サービスですっていって、シャーベットを出してくれたんです。

シャーベット

 

ありがとうと受け取って、美味しくいただきました。

このときも、二度目のありがとうを実践したんです。

二度目のありがとう

 

レジで支払いながら、

ラッキー:「ありがとう!

ラッキー

店員さん:「えっ?

店員さん

ラッキー:「シャーベット、美味しかったよ!

美味しかったよ

 

そのとき、若い女性の店員さんだったんですけど、

あ、あ~、ありがとうございます!

と、恥ずかしそうに笑みを浮かべていました。

恥ずかしそうに笑み

 

感謝の想いが伝わった証拠ですね!

 

相手が忘れたころにもう一度「ありがとう」をいえば、感謝が伝わり、引き立て役になることができる。

その結果、自分の味方になってくれるわけです。

 

まとめ

「言葉」のやり取りだけでは、人間関係はうまくいきません。

良好な人間関係とは、心と心がつながった状態です。

心と心がつながった状態

 

心と心をつなぐものは…

感謝

 

相手が忘れた頃に、もう一度「ありがとう」を言う

 

これを実践すると…

日常生活の中でいくらでも、感謝の想いを伝えることができます。

感謝の想いを伝える

 

感謝の想いを伝えれば伝えるほど、あなたの味方はどんどん増えていきます。

味方味方味方味方

つまり、どんどん敵が減ります。

敵 敵が減る

 

『強い人』が無敵ではありません。

強い人

敵がいない人』が無敵なのです。

敵がいない人

 

簡単でスマートな方法ですので、あなたもぜひ実行してみてください。

 

 

以上、『【人間関係がうまくいかない…】苦手な相手と仲良くなる方法』でした。

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 


(ツキを呼ぶ名言・更新情報など、つぶやいています)

フェイスブック はじめました

 

スポンサーリンク

-感謝

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2017 All Rights Reserved.