東洋のマチュピチュ「別子銅山跡」は、まさにマチュピチュだった!

更新日:


ラッキー

東洋のマチュピチュ・別子銅山

「東洋のマチュピチュ」と呼ばれている別子銅山跡は、愛媛県新居浜市の山の中。標高は750メートル。

 

近くに来たついでにちょっと寄ってみたのですが、そこには「圧巻の風景」が広がっていました!

 

今回の旅…

徳島県にあるらしい「長~いカーブミラー」を探しに行ってみた

↓↓↓

かかしの里(徳島県)は今どうなっているのか?確かめに行ってみた

↓↓↓

●東洋のマチュピチュ「別子銅山」は、まさにマチュピチュだった!(←この記事)

 

 

いざ!東洋のマチュピチュ「別子銅山跡」へ

 

ネットで調べたところ、別子銅山跡へ行くには「東平記念館」の駐車場に停めるといいらしい。

ただ、東平記念館への道のりは「道幅が非常に狭い」と口々に書いてある。

 

「だったら、対向車の少ない早朝に行きましょう」ということで、道の駅マイントピア別子を朝6時30分に出発。

午前7時には到着できる予定だ。

 

道の駅マイントピア別子から、県道47号線を5キロほど南下したところで、看板を発見。

東平記念館への標識

 

ここを左折したら、5.5キロの山道らしい。

東平記念館へ向かう道

 

たしかに細い道。

念のためヘッドライトをつけて、対向車に備える。

東平記念館への市道

 

道路が「川」になっている所もある。

東平記念館への道のり2

 

ここで、突然不安がよぎる。

「この山には僕一人。こんな早朝に東平記念館の駐車場は開いているのだろうか?」

 

 

OK!開いていた。

東平記念館駐車場

想像以上に綺麗な駐車場じゃん!

しかも、人っ子ひとりいない。別子銅山の貸切だ!

 

さっそく散策開始。

マイントピア別子東平案内図

 

駐車場から下を眺めてみる。

東洋のマチュピチュ

ワォ!これはもうマチュピチュじゃん!

行ったことないけど…

 

こちらも、ド迫力!

東洋のマチュピチュ2

 

まさに異空間だ。

東洋のマチュピチュ3

 

想像以上に素晴らしい!

東洋のマチュピチュ

 

しばらく歩いて「旧第三変電所」へ。

旧第三変電所

 

勇気をだして、変電所の中に入ってみる。

旧第三変電所2

 

「怖い…」

旧第三変電所の内部

 

「怖い怖い!」

旧第三変電所の内部2

 

「怖い!怖い!怖い!」

旧第三変電所の内部3

逃げる!

 

気を取りなおして、崖っぷちの山中をすすむ。

崖っぷち

 

ところどころに綺麗な滝があるが、クマがでそうでまた怖い!

滝

 

こちらが「第三通洞」。

第三通洞

通洞は、地中深くまで繋がっているのだろう。

 

ちなみに「東洋のマチュピチュ」には、本物のマチュピチュより凄いものがあります。

それは「地下」

 

・地中に眠る坑道は、なんと全長700㎞

・最深部は海抜マイナス1000メートル

「日本で一番深い地下」なのだそうです。

 

そんなロマンを足元に感じながら、今回の旅はここでお開き。

東洋のマチュピチュ「別子銅山跡」は、想像以上に素晴らしいところでした。

 

※「石見銀山」がユネスコの世界遺産に登録されたことを受けて、「別子銅山」も世界遺産登録を目指す動きがあるそうです。

行くなら、今のうちですよ!

 

今回の旅したところ

徳島県にあるらしい「長~いカーブミラー」を探しに行ってみた

↓↓↓

かかしの里(徳島県)は今どうなっているのか?確かめに行ってみた

↓↓↓

●東洋のマチュピチュ「別子銅山」は、まさにマチュピチュだった!(←この記事)

 

そのほかに寄ったところ

●大歩危峡

大歩危峡

ラフティング世界選手権2017も開かれた絶景の大歩危峡(吉野川)

 

●阿波國一之宮 大麻比古神社

阿波國一之宮 大麻比古神社

大迫力の大クス。

 

●阿波名物「たらいうどん」

たらいうどん

のどごし「つるりん♪」で400円也

 

 

~旅の経費~

走行距離1,068㎞・燃費26.5㎞

・ガソリン代 約6,000円
・高速代 7,000円
・飲食費 1,690円
・日帰り温泉 500円
・宿泊費 0円(ラッキーリゾート)

トータル 15,190円

 

お世話なったみなさま、ありがとうございました。

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 

YouTube 始めました

★YouTube 始めました★
ラッキーのYouTube
(きっと役立つ知恵をお届けします)

☆ラッキーのTwitter☆


★読むだけでみるみる幸運になる「ラッキー語録」も、TwitterとFacebookで無料公開中!


フェイスブック はじめました



この記事が役立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してね。

-
-,

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2018 All Rights Reserved.