「やる気が出ない」を解決するちょっとしたコツ

更新日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

今回から、1分で読める『ちょっとしたコツ』シリーズをはじめます。よろしくお願いします!心理カウンセラー・ラッキーです。


 

1分で読める「ちょっとしたコツ」シリーズ
No.001

 

やる気を出すためには

唐突ですが…

なにかを始めるのに、「やる気」なんて要りません。

 

「やる気が出ないを解決する」というタイトルなのに…

「やる気なんて要らない」と書く。

 

さて、そのココロは…

 

「やる気」よりも「やる覚悟」

「ヤル気はあるんですけど…」

「痩せる気はあるんだけど…」

 

やる気は、結局、空回り。

「行動する」には至らない。

 

罪悪感を感じるばかりで…

何も変わらず…

ため息ばかりがエンドレス。

 

やる気だけでは、なかなか人は動けません。

 

「やる」ために大切なのは…

「やる気」よりも、

「やる覚悟」です。

 

「覚悟」イコール「期限」

覚悟といっても、大げさなものじゃありません。

 

「期限」を決めればいいのです。

 

10分で洗い物を終わらせるぞ!」とか

「この問題集を1週間で終わらせるぞ!」とか

夏までにジョギングだけで5キロやせるのだ!」みたいに。

 

夏休みの宿題と同じで…

「期限」で人は動けます。

 

期限がなければ…

夏休みの宿題は、大人になっても終わらない。きっと。

 

つまり、

「期限を決める」イコール「覚悟を決める」になるのです。

 

とはいっても…

 

覚悟を決めてはじめても、

三日坊主になることは珍しくありません。

 

でも、それでいいんです!

人間だもの。。

 

気が向いたときに、再び覚悟をすればいい。

 

三日坊主も10回やれば、30日坊主。

 ⇒ 

 

その頃には、何らかの「成果」がでてくるはず。

 

成果が見えれば、楽しくなる。

楽しくなれば、「やる気」は勝手に出てくるもの。

 

やる気は、「芋づる式に、後から出てくるもの」なのです。

 

なにかを始めるのに大切なのは…

「やる気」よりも「やる覚悟」。

 

まずは「期限設定」です。

 

ノルマは人から与えられるとつらくなりますが、

自分で自分に与えたノルマは、はげみになります。

(中谷彰宏)

以上、『「やる気が出ない」を解決するちょっとしたコツ』でした。

スポンサーリンク

-1分ブログ

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2017 AllRights Reserved.