部屋広々◇「物を減らす」ちょっとしたコツ

更新日:

1分で読める「ちょっとしたコツ」シリーズ
No.002

✎心理カウンセラー・ラッキー

 

物を減らすコツ

「家を買う・賃貸を借りる」とは…

お金を出して「居住空間」を手に入れるということ。

 

大切なのは、「空間」です。

 

部屋にモノがたまると、空間は縮みます。

 

3LDKも、モノが増えれば2DK。

あ~ん、もったいない!

 

というわけで、

「手っ取りばやくモノを減らす裏技」をご紹介いたします。

 

モノを減らす裏技「無料倉庫」

居住空間を広げるには、「収納上手になる」というのが王道

 

ですが…

もっと簡単な方法は、こちら↓

 

近所のコンビニを「倉庫代わり」にする

 

「いる時に、いる分だけを買いにいく」というスタンス。

 

コンビニにあるものは、家に「買い置き」しなくたっていいのです。

 

コンビニがメインの冷蔵庫。

家の冷蔵庫はサブ。

 

他にも…

ドラッグストアがメインの薬箱。

家のはサブ。

 

図書館がメインの本棚。

家のはサブ。

 

アマゾンがメインの押入れ。

家のはサブ。

などなど。

 

「いま必要な分だけ、メイン倉庫からもってくる」ということが可能な時代。

 

「漬物の盛り合わせを食べたい」というお客さんの無理難題にも、メインの冷蔵庫なら対応できます。

 

メリットは盛りだくさん

「コンビニは値段が高いでしょ」というのもありますが、その差額以上のメリットを得られます。

 

モノが減れば…

部屋が広がり、掃除もラクラク!

なくし物もナッシング!

 

行くのがちょっと面倒だから…

「無駄食い防止」「無駄買い防止」につながり、

財布もカラダも、引き締まる!

 

それだけではありません。

 

お金の神様は…

「モノの多い家」が苦手。

 

「スッキリした家」が大好きです!

 

「モノに囲まれて し・あ・わ・せ♪」

「買い置きがあって、あんしん♪」

というのは、30年前までの考え方。

 

家は本来、倉庫ではなく居住空間です。

 

モノを減らすと…

「空間が豊か」になり、

「暮らしも豊か」になります。

 

あってもなくてもいいものは、ないほうがいいんだなあ

(武井哲応老師)

以上、『部屋広々◇「モノを減らす」ちょっとしたコツ』でした。

スポンサーリンク

-1分ブログ

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2017 AllRights Reserved.