一日3分!寿命を延ばす方法

hissya

vol.0142

「幸せに暮らしたい」

「長生きしたい」

 

この2つの願いが、

1日たった3分の努力で

同時に叶っちゃう!

20151220bikuri

 

なんと、そんな方法があるんです!

 

今回は、『一日3分!寿命を延ばす方法』という内容です。

とても科学的なお話ですよ。

スポンサーリンク

 

寿命に影響を与えるもの

 

「寿命」に もっとも大きな影響を与えるものは、いったい何でしょうか?

 

イリノイ大学が、

大量のデータを調査して、

以下のような結論を出しています↓

20151220hakase

 

「20本以上タバコを吸う」と答えた人
↓↓↓
寿命がマイナス3年

 

「お酒はたしなむ程度です」と答えた人
↓↓↓
寿命がプラス2年

 

「運動習慣がある」と答えた人
↓↓↓
寿命がプラス3年

 

「幸せです」と答えた人
↓↓↓
寿命がプラス9.4年

 

なんと!

「幸せです」と言える人は、

そうでない人より、

平均で9.4年も長生きしているのです!

 

「ホントかいな?」と思ってしまいますが…

20151220utagai

ここ最近、世界中の医学・科学が、

これを認めはじめています。

 

2011年、科学誌「science」にも、

「幸せな人は長生きする」

という内容の記事が掲載されました。

 

これはホントに凄いことで…

「science」に掲載されたということは

「非常に精度の高い科学的根拠がある」という証し。

 

お堅いイメージの日本の厚生労働省も、

「生活を楽しんでいます」と答えた人ほど、

脳卒中や血管疾患による死亡率が低い

という内容の論文を発表しています。

 

「幸せ」になれば、寿命が延びる。

 

では、どうしたら「幸せ」になれるのでしょうか?

20151220kangaeru

 

「幸せ」って、なに?

 

世の中には…

「お金持ちだけど不幸」な人もいれば

「貧乏でも幸せ」な人もいます。

 

「健康だけど不幸」な人もいれば

「体が不自由でも幸せ」な人もいます。

20151220syougai

 

「幸せな人」と「不幸せな人」、

この両者を分けるものは、

「お金や健康」ではなさそうです。

 

いったい何が違うのでしょうか?

 

それは…

ポジティブ思考

 

ポジティブ思考か、ネガティブ思考か、

それが、

「幸せな人」と「不幸せな人」を分けているのです。

 

転んで骨を折ったとき…

多くの人は、「なんてツイてないんだ」と思うことでしょう。

20151220tuitenai

しかし、ポジティブ思考ができる人は

「こんなもんで済んで良かった!」と考えます。

20151220tuiteru

 

おにぎり一つでも…

「なんだ、おにぎりか」と思えば、

「まずい食事」になってしまう。

 

ところが、「ありがたいね~」と言えば、

不思議と美味しくなり、幸せを感じます。

20151220onigiri

 

皇后美智子さまのお言葉に、

このようなものがあります↓

「幸せな子」を育てるのではなく、どんな境遇におかれても「幸せになれる子」を育てたい

 

きっと、このお言葉にも、

「ポジティブ思考ができる人に育てたい」という想いが含まれているのではないでしょうか。

 

ポジティブ思考の人は、

すべての出来事が「幸せの種」

いつでも「ごきげん」で生活していけます。

20151220egao

 

ネガティブだと寿命時計が縮む!

 

「ポジティブ思考だと、寿命が延びる」わけですが…

反対に、

「ネガティブ思考だと、寿命が縮む」ことも明らかになっています↓

 

わたしたちの細胞の中に、

「テロメア」というものが入っています。

 

「テロメア」=「寿命時計」

 

テロメアの長さで、

残りの「寿命」が推測できます。

20151220tokei

 

テロメアは、老化とともに短くなり…

ある程度まで短くなると、

細胞が分裂できなくなり、死滅します。

 

このテロメアが短くなる原因が、

「老化」と、もう1つ…

 

ネガティブ感情です。

20151220okoru

 

イライラしたり、落ち込んでいるときに

「テロメア」は縮んでいく。

 

それと同時に、

「寿命」も縮んでしまうのです。

 

それを証明する、とても面白い調査があります↓

 

修道院で暮らすシスター180人の「手記」を調べ…

「ポジティブな言葉の数」

「ネガティブな言葉の数」を集計しました。

20151220amasan

(※なぜ「修道院」かというと、「食事」も「生活」も「環境」もみんな同じだからです)

 

そして、60年後…

 

ポジティブなグループは、

90%近くが生存していました。

 

ネガティブなグループは、

34%しか生存していませんでした。

 

しかも、ポジティブなグループは、

80歳を超えているにもかかわらず、

すこぶる健康だったそうです。

20151220genki

 

これは、人間だけでなく、

オランウータンの調査でも、

同じような結果になりました。

 

ポジティブだと寿命が延び、

ネガティブだと寿命が縮む。

これは、まぎれもない事実なのです。

 

では次に、

「ポジティブ思考になる方法」をお伝えいたします。

(前置きが長くて、ごめんなさい)

 

ポジティブ思考になる方法

 

わたしたちの脳には、「回路」が入っています。

 

回路とは、スマートフォンの「アプリ」みたいのもの。

20151220apuri

 

  • 日本語を話す回路
  • 文字を書く回路
  • 歩行するための回路

などなど、

何百、何千もの「回路」が脳に入っています。

 

これらの回路は、

繰り返しによって作られます。

 

みなさんも、小学生のときに、

繰り返して「九九」を覚えましたよね。

 

赤ちゃんのときに、

何度も転びながら「歩行の回路」を作りましたよね。

20151220akatyan

 

だから、今では、「九九」も「歩行」も、簡単にできるはず。

 

では、

「ポジティブ思考の回路」を作るには、

どうしたらいいのでしょうか?

 

そう!

ポジティブ思考を繰り返せばいいのです。

 

ポジティブ思考を繰り返すと…

やがて「ポジティブ思考回路」が脳内に出来上がる。

 

最新の研究でも、そのことが解明されています。

 

そのための最も簡単な方法が、こちら↓

 

就寝前に「今日あった良かったこと」を3つ書き出す

20151220memo2

 

書く内容は、どんなに些細なことでも構いません。

「サザンの新曲が良かった」とか、

「昼の唐揚げが美味しかった」とか、

「子どもが、今日も無事に帰ってきた」とか

なんでもOK。

 

これを続けるだけで、

脳内に「ポジティブ思考の回路」が完成します。

 

これなら、一日3分で出来ますよね!

 

たったそれだけ?!

と思われた方もいると思いますが…

これ、バカにできないんです!

 

この方法が非常に効果的であることが、

さまざまな研究によって、

科学的に証明されています。

 

また、ハーバード大学の「うつ病予防」でも、

たいへん大きな実績を上げている方法です。

 

3つの「良かったこと」を書くとき…

「今日は、どんな『良いこと』があったかなぁ?」

と振り返ります。

 

すると、

脳は「良いことだけ」を、次々と探しはじめる。

 

それが、「ポジティブ思考の繰り返し」になり、

やがて、「ポジティブ思考の回路」が脳内に完成するのです。

 

「ポジティブ思考の回路」が出来上がれば、もう、こっちのもの!

20151220gattu

 

「ポジティブ」と「ネガティブ」は、

コインの裏表と同じで…

ポジティブ思考の回数が増えた分だけ、ネガティブ思考は減っていく。

 

その結果、

「幸福感」がどんどん増していき、

「寿命」も延びていくのです。

 

いかがでしょう?

就寝前に、「今日あった良かったこと」を3つ書き出す

 

これを続けるだけで、「幸せ」になり、「寿命」も延びる。

しかも、かかる費用は、ノートと鉛筆代だけ。

 

簡単で格安な方法だけど…

どんなサプリメントよりも価値があると思いますよ。

 

以上、『一日3分!寿命を延ばす方法』でした。

【参考文献】 ごきげんな人は10年長生きできる ポジティブ心理学入門

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!

あなたの人生が輝かしいものになることを心から祈っています。
(心理カウンセラー・ラッキー)

スポンサーリンク