『落ち込みやすい性格』を改善する3つの方法

hissya

vol.0116

「些細なことで、落ち込んでしまう」

「すぐに自分のことを責めてしまう」

20150901otikomi

 

日本人の遺伝子は…

「落ち込みやすさ」世界ナンバーワン。

 

「すぐに落ち込んでしまう」というのは、

日本人として、ごく普通のこと。

 

あなたの周りの人も、

それを顔に出していないだけです。

20150901nigawarai

 

とはいっても、

『落ち込む』のは本当にツラいもの。

 

大量のエネルギーを消費してしまい

体力・ヤル気まで奪われてしまいます。

20150901tairyoku

 

というわけで、今回は、

『落ち込みやすい性格を改善する3つの方法』

についてお話させていただきます。

スポンサーリンク

 

一般的な方法では、なかなか長続きしない

 

「落ち込みやすい性格」を改善するための方法は、たくさん存在します↓

  • ポジティブ思考(都合よく考える)
  • 未来志向(過去を振り返らない)
  • 自分を、周りの人と比べない
  • 自分を客観視する
  • 自分で自分を褒める
  • 腹式呼吸
  • 感謝を増やす
  • 心理療法

などなど。

 

しかーし!

 

これらは大変効果が高いのですが、

欠点もあります。

 

それは…、

長続きしない

 

「よし!今日からポジティブに考えるぞ」

と意気込んでも、

20150901yaruki

その5秒後には…

「ホントにできるのかなぁ?」

と、ネガティブに戻ってしまう。

20150901fuan

 

長年続けてきた『考え方』を変えるのは、案外難しい。

 

というわけで、

もっと簡単な方法をご紹介します。

 

簡単に『落ち込みやすい性格』を改善する3つの方法

『落ち込みやすい性格』を改善する3つの方法、

それは…

  • 笑顔 20150901egao
  • 姿勢 20150901sisei
  • 運動 20150901undo

 

たった、これだけ。

 

しかし、これ、

バカにできないんです!

 

それぞれの素晴らしい効果をご紹介させていただきます。

 

笑顔の効果

表情が、『呼吸』に与える影響をご存知ですか?

 

試しに、鼻からスーッと息を吸ってみてください。

20150901hana

鼻の中を流れていく『空気』を感じることができますよね。

 

次に、

『しかめっ面』をして鼻から吸ってみてください。

20150901sikamettura

吸いずらくないですか?

 

そして今度は、

『笑顔』で息を吸ってみてください。

20150901egao2

『笑顔』のときが、

いちばんスムーズに吸えますよね

 

心に余裕をつくるのに最も効果的なのは…

深い呼吸

 

お坊さんの座禅や、ヨガなども、

深い呼吸で心を整えていきます。

20150901zazen20150901yoga

 

その『深い呼吸』を簡単に実現してくれるのが、

『笑顔』なのです。

20150901egao

 

笑顔には、さらに嬉しい効果もあります。

 

たとえ作り笑いであっても…

ストレスを軽減させたり、

心拍数を落ち着かせたり、

カラダに嬉しい効果のある「神経伝達物質」が分泌されます

 

また、ある心理学実験では…

「1分間笑うと、気分が20%以上も向上する」

ことがわかりました。

 

陽気な人は、

「ポジティブだから、いつも笑っている」のではなく…

「いつも笑っているから、ポジティブでいられる」のです。

20150901poji

 

正しい姿勢の効果

落ち込みやすい人の多くが、猫背です。

20150901nekoze

 

姿勢の悪い人は、

肺が圧迫され、呼吸が浅くなります

 

反対に、

姿勢のいい人は、

呼吸・血流・神経伝達が良くなり

その結果、気分もよくなります

20150901sisei

 

「落ち込んでいる人たち」を対象にした

こんな心理実験もあります↓

 

一方のグループには、

「ポジティブに考えるようにしてください」

とお願いする。

 

もう一方のグループには、

「姿勢よく生活してください」

とお願いする。

 

すると…

「姿勢を良くする」グループのほうが

大幅に自信を改善させていました。

 

人は落ち込んだとき、

猫背になったり、肩を落としたりします。

20150901sarari

しかし、そんな時こそ、

『姿勢を正す』ことが肝心なのです。

 

運動の効果

運動習慣のある人は、前向きで積極的。

少々のことでは落ち込んだりしません。

 

反対に、

運動習慣のない人は、

抑うつ的で、悲観的と言われています。

 

そのことについて、

世界のお偉い先生方に語っていただきます。

20150901sensei

 

運動しないことは

憂鬱になる薬を服用している

のと同じようなものだ

(心理学博士タル・ベン・シャハー)

 

週三回、30分の運動を行うことは

抗うつ薬を服用するのと

同じような効果がある

(デューク大学医学部のマイケル・バビャク)

 

ひと汗かくことは、

適量のプロザックやリタリン(代表的な抗うつ剤)を服用するようなもので

心身を正常な状態にしてくれるのです

(ハーバード大学精神科教授ジョン・レイティー)

 

抑うつのさまざまな治療方法の中で

最も効果が高かったのは運動療法だった

(オレゴン大学キャラ・ルイス)

 

『うつ』とは、落ち込んでいる状態のこと。

『落ち込み』の良薬は、運動なのです。

 

また、コロンビア大学の調査では…

 

45歳以上で「運動不足の人」は

運動する人の7.4倍も、うつになりやすいことが分かりました。

 

さらに55歳以上の女性に限ってみると

15.7倍も、うつになりやすかったのです。

 

運動不足になると…

筋力が低下するのと同時に、

「心の力」も急激に低下してしまいます。

 

心の安定をたもつには、運動が必須なのです。

 

「落ち込みやすい性格を改善する方法」まとめ

 

  • いつも笑顔
  • 姿勢を正す
  • 運動習慣を持つ

 

この3つを実践できれば…

「落ち込む」ことを、かなり減らせるはずです。

 

幼い子供でも出来ることですからね。

その気になれば、難しいことはないと思います。

 

落ち込むことは…

エネルギーの無駄遣い。

 

病気の原因にもなるし、

得することは何一つありません。

 

3つのことを実践し、

『落ち込まない心』

を維持していきたいものです。

20150901egao20150901sisei20150901undo

 

以上、『落ち込みやすい性格を改善する3つの方法』でした。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!
(心理カウンセラー・ラッキー)

スポンサーリンク