【シャドウの心理学】人間関係をグッと楽にする意外な方法

投稿日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

最近ポケモンGOをはじめた妻。モンスターボールの投げすぎで、右手のケンショウ炎再発。こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。


 

「こういうタイプの人、大っ嫌い!」

そう思ってしまうことは、誰にでもあると思います。

 

この「大嫌いな人」と「自分」…

なんと!…

「似たもの同士」の可能性が高い

 

受け入れがたい話かもしれませんが、

これを心理学で「シャドウ」といいます。

 

そして、不思議なことですが…

「シャドウ」に気づき、受け入れることで、自分にも他人にも寛容になれると言われています。

心の器が大きくなり、イライラが減り、人間関係もグッと楽になるのです。

 

今回は、心理学の「シャドウ」について簡潔にお話させていただきます。

スポンサーリンク

 

心理学の「シャドウ」って、なに?

シャドウを一言でいうと…

「抑圧された欲求」

 

「無意識にガマンしていること」

「やりたかったけど、できなかったこと」

と言い換えてもいいかもしれません。

 

たとえば、デパートで、ワイワイ元気な子どもをみて…

「元気でいいね」とほほ笑む人もいれば、

ほほ笑む女性

「うるさいな」と腹を立てる人もいます。

イライラする女性

 

なぜ、腹が立つのか?

 

おそらく、子どもの頃に…

「騒ぐな」

「静かにしなさい」

「メソメソするな」

などと、大人からしつけられ、感情表現をおさえて生きてきたのでしょう。

子供を叱る母親

 

「自分だって、子どもらしくワイワイやりたかった」

「もっと、素直に感情表現したかった」

このような、心の奥に「封印された欲求」が目を覚まし、怒りとなってあらわれてくるのです。

イライラする女性

 

「ダイエット中に、目の前で焼肉をムシャムシャ食べられると、腹が立つ」のと、似ています。

 

自分が「禁止」していることを、目のまえで見せられて、腹が立つのです。

 

これと同様に、

●「甘え上手な女子社員」に腹が立つのなら…

「甘えたいという欲求」を隠して生きてきたのかもしれません。

嫉妬する女性社員

 

●「年賀状を送ったのに、あいつは送ってこない」と腹が立つのなら…

自分にも、「書きたくない」という欲求があるのかもしれません。

怒る男性

 

●「楽してガッポリお金を稼いでいる人」に腹が立つのなら…

自分にも、「楽してガッポリ稼ぎたい」という欲求があるのかもしれません。

大金を手に入れた女性

 

昔から、

「やきもち焼きの、浮気者」

「ケチな人をほど、ケチを嫌う」

などと言われますが、この心理も「シャドウ」といえます。

 

ワイドショーをみながら、ブツブツ文句を言いたくなるのも、

ネットやSNSで、誹謗中傷をかく人の心理も、

利害関係のない人に腹が立つのは、「シャドウ」であるケースが多いのです。

 

人間嫌いや、人間不信の人ほど、「自分の中にあるシャドウの数が多い」と推測できます。

 

「シャドウを受けいれる」と、心が広くなる

シャドウという、心の奥に「抑圧された欲求」。

 

それが「いい・悪い」という話は抜きにして、

とりあえず「私にも、そういう欲があったんだ」と受け入れる

シャドウを受け入れる女性

 

すると、不思議なことに…

・今までの怒りが、徐々に消えて無くなる

・他人の不完全さにも寛容になれる

・自分を愛せると同時に、他人も愛することができるようになる

と言われています。

 

これを、「シャドウの受けいれ」「投影のひきもどし」といいます。

 

それを証明する出来事が、先日、我が家でもありました
↓↓

テレビを見る夫婦

妻と観ていたテレビで…

「お笑い芸人・カラテカ入江さん、友達5000人!」と。

 

その友達の中には、有名スポーツ選手・大手IT企業の社長から、大物芸能人の家族まで。

そうそうたる顔ブレでした。

 

それを見ながら、妻がボソッとひと言。

「なんか、ムカつく」

不満な表情

 

それを聞いて、ピン!ときました。

「利害関係のない人に腹が立つということは、シャドウに違いない」と。

 

そして、

ブチ切れられるのを覚悟で、こんな失礼な質問を、妻にぶつけてみました↓

 

・もしかして、『あの人も知り合い、この有名人も知り合い』って自慢したい気持ちある?

・『芸能人の結婚式に、よく招待されるんだ』とか、自慢したい気持ちはない?

 

すると、妻は…

数秒の沈黙のあと

大きな声で、こう言いました。

 

「ある!ある!ある!ある!めっちゃある!」

 

ブチ切れられることなく、ホッとしたのですが…

これが、妻が「シャドウを受けいれた瞬間」です。

 

さらに、こう尋ねてみました。

「ところで、まだ入江さんにムカつく?」と。

 

すると、妻は…

「あれ、消えてる!」

さらに、

「あの人も、それなりの努力をしてるんだよね」と、逆に褒めていました。

褒める女性

 

怒りの原因は、「相手」ではなく、自分の心に「抑圧された欲求」。

 

それを正しく認めることで、相手に寛容になれると同時に、心がスーッと軽くなる。

心の「器」が、ひと回り大きくなるのです。

 

「善のシャドウ」もある

ここは、ちょっと余談ですが、「善のシャドウ」というものもあります。

 

たとえば、「今まで、あまり人に親切にしてこなかった人」は…

親切な人をみたときに、

「あんなのは偽善だ」

「カッコつけるな」

「大きなお世話だ」

と無性に腹が立ったりします。

文句をつける男性

 

ということは…

自分にも、「人に親切にしたい」という欲求がある証拠。

それを抑圧しているから、苦しいのです。

 

「おれにも、人に親切にしたい欲求があったんだ」と素直に受け入れることができれば、その先の人生がガラッと変わってくるかもしれません。

 

まとめ

「自分を愛することができなければ、他人を愛することはできない」と、心理学でいわれています。

 

そのための第一歩が、「シャドウの受けいれ」。

 

自分の心の奥にある「欲求」を知ることで…

「人間という生き物」の実態が見えてくる。

「人間、思ってたほど立派じゃないよね」と思えてくる。

 

それを正しく理解したときに初めて、

不完全な自分にも、不完全な他人にも、寛容に生きられるのだと思います。

 

ソクラテスの「汝自身を知れ」という有名な言葉も、

「シャドウに気付きなさい」ということかもしれません。

 

「シャドウの受けいれ」には、多少の勇気は必要です。

「気に入らない相手と、同じ欲がある」と認めることですからね。

 

ただ、それを受けいれることで…

人間関係がグッと楽になるし、

「自分が人間好きになれば、他人からも慕われる」という好循環も生まれてきます。

 

多少の苦痛をともなうかもしれませんが、やって損はないと思いますよ。

愚者は己を賢いと思うが、賢者は己が愚かなことを知っている

(シェークスピア)

 

以上、【シャドウの心理学】人間関係をグッと楽にする意外な方法、でした。

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 


(ツキを呼ぶ名言・更新情報など、つぶやいています)

フェイスブック はじめました

 

スポンサーリンク

-人間関係

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2017 All Rights Reserved.