人に好かれる話し方◇マイナスプラス法&プラスプラス法

更新日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

胃腸が強い妻の口グセ…「女は中身で勝負」。こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。


 

話し方をちょっと工夫するだけで、人に好かれる!

 

そんな便利な会話術、

「マイナス・プラス法」「プラス・プラス法」をご紹介させていただきます。

 

これを知らない人は損してる。

覚えておくと、きっと役立つと思いますよ。

スポンサーリンク

 

人に好かれる話し方

「マイナス・プラス法」と「プラス・プラス法」をご紹介する前に、

ポジティブ発言の大切さについて少し。

ポジティブ発言の大切さ

 

みなさんも、経験的に知っていると思いますが…

「めんどくさい」

「つまんない」

このような「ネガティブ発言を連発する人」の近くにいると、なぜか疲れてしまう。

 

一方、

「面白いね」

「楽しかったね」

と「ポジティブ発言が多い人」の近くにいると心地がいいし、嬉しくて心も弾みます。

 

このように、

単に「ポジティブな発言が多い」というだけで、人から好かれるものです。

 

心理学の実験でも↓

「このパソコンは使いづらい」とネガティブに語る女性の好印象度は…

3.53(11点満点中)。

 

一方、

「このパソコンは使いやすい」とポジティブに語ったときの女性の好印象度は…

6.75

ポジティブに語り人から好かれる女性

発言がポジティブというだけで、

女性の好印象度が2倍近くに跳ね上がりました。

 

つまり…

言葉がポジティブなら「その人自身」が好印象になる

 

逆に、

ネガティブな言葉を吐くと、人から嫌われてしまう

 

「坊主憎けりゃ、ケサまで憎い」というのと同じで…

「言葉悪けりゃ、人まで憎い」というわけです。

 

マイナス・プラス法で好感度アップ

人に好かれるためには…

「ポジティブな言葉をたくさん使う」ことが必須。

 

とはいっても、突然「ポジティブ人間」に変身することはできません。

ポジティブ人間に変身する

 

そこで登場するのがマイナス・プラス法

あらゆる発言を「ポジティブ」に変えてくれる、便利な会話術です。

 

やり方も、とても簡単!

『マイナス⇒プラス』の順に話すだけ

 

たとえば、下の例文。

どちらがポジティブに感じますか?

 

A.「越前ガニは、美味しいけど高いよね」

B.「越前ガニは、高いけど美味しいよね」

越前ガニ

 

もちろんBの方がポジティブですよね。

 

同じことを言うにしても、

『マイナス⇒プラス』の順に話すだけで、ポジティブに聞こえるのです。

 

これがマイナス・プラス法。

とても簡単ですよね!

 

ところが、

『プラス⇒マイナス』の順で話している人って、意外と多いんです。

それでは、もったいない!

人に嫌われる上司

 

特に、評論家タイプの人は要注意。

「そのノートパソコン、機能は良いけど小さいね」みたいに『プラス⇒マイナス』で評論しがち。

 

これではイヤミになってしまいます。

イヤミを言われて怒る人

 

しかし、順序を入れ替えれば…

「そのノートパソコン、小さいのに機能が良いね」

となり、相手も喜んでくれることでしょう。

 

このように、とても便利な『マイナス・プラス法』という会話術。

 

ただ、

1つだけ欠点があります。

注意点

人を褒めるときは「プラス・プラス法」がいい

人から好かれるためには…

相手を「褒める」ことが一番です。

 

ところが…

人を褒めるときに『マイナス・プラス法』を使うと、大失敗を招きます。

 

「口ベタなのに、文章は上手だね」

「いつもスッピンなのに、綺麗な肌してるね」

 

人を褒めるときに『マイナス・プラス法』を使うと…

なぜか、イヤミに聞こえてしまうのです。

褒められて怒る人

 

では、どうしたら良いのか?

 

人を褒めるときだけは、

『プラス・プラス法』がベスト

 

たとえば、

髪をバッサリ切った女性に対しては…

「ロングもいいけど、ショートも似合うね」

人に好かれる女性

 

他にも…

「スーツ姿もいいけど、ジーンズも似合うね」

「ゴルフだけじゃなくて、テニスも上手いんだね」

 

このように『プラス&プラス』で褒めると、 ものすごく喜んでもらえます。

 

え~、2つも褒めるなんて難しくない??

難しいと思う人

たしかにその通り!

他人の長所を見つけることは、意外と難しいものです。

 

そこで、いい方法があるんです。

 

それは…

「~も」で褒める

 

「字綺麗だね」と褒めれば、

「何でも器用にこなす」というメッセージを込めることができます。

 

「カチューシャ似合うね」と褒めれば、

「あらゆる髪飾りが似合う」というメッセージを込めることができます。

 

「~も」は、究極の『プラス・プラス法』。

覚えておくと、とても便利ですよ。

 

「悪口」は、最後は人に嫌われる

残念なことに…

「他人の悪口」を言うことで、人から好かれようとしている人がいます。

 

たしかに、誰かの悪口をいえば…

一時的な一体感があり、仲間意識が芽生えた気がします

 

しかし、決して人に好かれることはありません。

 

先ほどもお話ししました通り、

「言葉悪けりゃ、人まで憎い」

 

悪口を言えば、最終的に自分の周りから人が逃げてしまいます。

 

今回ご紹介しました「人に好かれる話し方」は、結果が出るまでには時間が必要かもしれません。

 

しかし、最後に笑うのは、

「悪口で仲間を得る人」ではなく、

「ポジティブな褒め上手」なのです。

 

マイナス・プラス法でポジティブ発言を増やす

「~も」で人を褒める

とても簡単ですので、ぜひご活用ください。

 

 

以上、『人に好かれる話し方「マイナスプラス法」「プラスプラス法」』でした。

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 


(ツキを呼ぶ名言・更新情報など、つぶやいています)

フェイスブック はじめました

 

スポンサーリンク

-人間関係

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2017 All Rights Reserved.