「善人は損をする」は本当?コンピュータが出した驚きの結論とは

更新日:


心理カウンセラー・ラッキー

 

善人は損をするのか?得をするのか?

 

すこし前に『親切の3つ効果』という記事を書きました。

「人に親切にすると、ものすごく得をしますよ」という内容です。

 

でも、「善人は損をする」とか、「いい人すぎると馬鹿を見るぞ」という話もときどき耳にします。

 

善人は損をするのか?得をするのか?

真実はどちらなのでしょうか。

 

ネットでもいろいろ議論があるようで、「善人は損をする」という意見がやや優勢といったところ。

 

でも実は…

これについては研究が進んでいて、すでに結論も出ています!

 

結論からお伝えすると、

いい人は、ものすごく得をする

いい人すぎると、大損する

 

ポイントは、「すぎる」という部分です。

 

では、「いい人すぎる」とは具体的にどういうことを指すのか?

 

その答えは、コンピュータによって明らかにされました。

驚くことに、コンピュータが「いい人間関係を築くためのベストな生き方」をはじき出したのです。

 

しかも、その方法が単純明快!

だれでも、今日からすぐにできるシンプルな生き方です。

 

前置きが長くなってしまいましたが、これが今回の記事のあらすじ。

 

人の悩みの80%以上は「人間関係」と言われています。

 

だから、今回の記事は世界中のすべての人に読んでもらいたい。

「理想的な人間関係」や「理想的な世の中」をつくるきっかけになるはずです。

 

また、

「いい人間関係をつくれなくて困っている」

「ズルい人にいつもつけ込まれてしまう」

そんな方には、絶対に読んでいただきたい内容です。

 

スポンサーリンク

 

善人は損をするのか?得をするのか?

 

話をすすめるにあたって、人の性格を「3つのタイプ」に分類させていただきます。

①いい人

・与える量>受けとる量

・親切な人、人情に厚い人、善人

 

②ズルい人

・与える量<受けとる量

・自分勝手な人、意地悪な人

 

③普通の人

・与える量=受けとる量

 

 

善人の研究結果

 

ペンシルバニア大学のグラント教授は、「善人のほうが成功するだろう」という仮説で研究をすすめていました。

 

そこで、まず調べたのが…

各業界で下位に位置する人、つまり「上手くいかない人」はどういうタイプなのか?

悩むサラリーマン

 

その結果は…

なんと!「いい人」ばかり

 

技術者・医学生・営業マンなど、どの業界の調査でも結果は同じ。

成績・地位・収入が低い人の共通点は「いい人」だったのです。

 

仮説がハズレたグラント教授は、ひどく落ち込みました。

「善人は損をするのか…」

グラント博士

 

でも、そこであきらめないのがグラント教授のいいところ!

グラント博士2

では、反対側の「上手くいっている人」はどんなタイプの人間なのだろう?

 

その結果は…

これまた!「いい人」ばかり

 

成績・地位・収入がウンと高かったり、周りの人たちから信頼されてトップに立つような人間は「いい人」がほとんどだったのです。

善人

 

「ズルい人」と「普通の人」はというと、その中間に位置していました。

 

研究結果をグラフにすると、こんな感じ↓

いい人分布グラフ

 

まさに「善人の二極化」ですね。

 

「上位のいい人」は、人生が順調なだけでなく、寿命も長いことが他の研究でわかっています。

「下位のいい人」は、ズルい人につけ込まれたり、こき使われたり。しかも、ストレスの影響で心臓病のリスクも高いそうです。

 

この結果をみて、ぼくがピンときたのは「営業」の業界。

 

トップ営業マンは、賢い人よりも、たいていは「人間性のいい人」がなるそうです。

「どうせ買うなら、あなたから買いたい」とお客様に選ばれる人ですね。

 

一方、先輩にお得意様を横取りされたり、社内に悪いうわさを流される人も「いい人」なのだそうです。

 

では、「上位のいい人」と「下位のいい人」とでは、いったい何が違うのでしょうか?

「上位のいい人」になるには、どうしたら良いのでしょうか?

 

その答えを、コンピュータが明確にはじき出しています。

コンピュータ

 

「上位のいい人」になるのは、とても簡単なことだったのです!

 

 

コンピュータが見つけた「いい人間関係を築くためのベストな生き方」とは

 

ミシガン大学教授で政治学者のロバート・アクセルロッドさんは、東西冷戦の激化をきっかけに「いい人間関係を築く方法」を探していました。

ロバート・アクセルロッド

 

そこで思い付いたのが「コンピュータ対戦ゲーム」

バーチャル社会をつくって、「どんな性格がいちばん得をするのか」を競わせることにしたのです。

 

心理学者・経済学者・数学者・社会学者など、さまざま分野の研究者に協力をお願いしました。

ロバート・アクセルロッド2

”もっとも得をすると思われる性格”をプログラミングしてください!

 

第一回目の大会に出場したプログラムは、15種類の性格。

 

・つねに善人のプログラム

・つねに人を裏切るプログラム

・気まぐれで、いい人になったり悪人になったりするプログラム

・相手の出かたしだいで態度を変えるプログラム

などなど。

 

さまざまな性格のプログラムが、バーチャル社会で「得点(利益)」を競ったのです。

 

 

勝つのは悪人か?善人か?それとも…

 

最初のうちは、当然のように「人を裏切るプログラム」が目先の利益をかせぎ、得点を得る。

ところが、人間関係が形成されてくると、状況が逆転。

 

最終的に、高得点で優勝したのは「とても単純なプログラム」でした。

それも、たった2行のプログラム。

 

①すべての人に対して「いい人」でいる

②ただし、前回裏切った人に対しては、今回こちらが裏切る

 

これをもう少しわかりやすく言えば…

「みんなに親切にするが、ズルい人に対しては優しい顔をみせない」

 

これを「しっぺ返し戦略」と名づけました。

 

第二回大会では、約4倍の「62種類のプログラム」が参加。

かなり複雑な性格のプログラムも参加したそうです。

 

ここで優勝したのは…

またもや「しっぺ返し戦略」

優勝

 

どんな人間がいようとも、とても単純な「しっぺ返し戦略」が最強。

「みんなに親切にするが、ズルい人に対しては優しい顔をみせない」という生き方が、いちばん得をする生き方だったのです。

 

 

「いい人すぎる」とは、どんな人?

 

この記事の冒頭で、「いい人すぎる」の『すぎる』がポイントとお伝えしました。

 

「すぎる」とは、具体的に何なのか?

もう、おわかりですね!

 

はい、その通り!

「ズルい人にまで優しくする」こと

 

これが「すぎる」。

いい人が損をする原因だったのです。

悩むサラリーマン

 

イヤな仕事を押し付けてくる先輩とか、平気で「ちょっと金貸して」と言ってくる友達とか。

そういう人にまで優しくしていると、相手がますますつけ上がり、自分がドツボにハマっていくということです。

 

ぼくの尊敬するある方が、よくこんな話をします↓

「悪に好かれたら、自分も悪だよ。迷惑な人にまで優しくしてはいけないよ」

 

これも、まさに「しっぺ返し戦略」ですね。

 

ズルい人に優しくする労力を、他の人に向ければ、多くの人と「絆の深い人間関係」ができてくる。

すると、ズルい人も、あなたを丁寧に扱う必要がでてくる。攻撃を受けたとしても、強気でいられる。

 

「しっぺ返し戦略」を続けることで、自分にとって「最高の環境」ができあがるのです。

 

 

その後の研究で「しっぺ返し戦略」を上回る生き方が見つかった!

 

アクセルロッド教授は、その後もほかの研究者たちと「もっといいプログラム」の研究を重ねました。

 

苦労に苦労を重ねた結果…

「しっぺ返し戦略」を上回るプログラムがとうとう見つかったのです!

 

そのプログラムとは、「しっぺ返し戦略・プラスアルファ」

 

①すべての人に対して「いい人」でいる

②ただし、前回裏切った人に対しては、今回こちらが裏切る

 

ここまでは、「しっぺ返し戦略」と同じ。

 

追加されたプログラムは…

③相手に裏切られたとしても、場合によっては許してあげる

 

「デートに1回遅刻したくらいなら、許してあげようよ」みたいなことですね。

 

「許す」というプログラムを追加することで、大きな利益を取り逃がすことが少なくなるそうです。

 

 

「しっぺ返し戦略」は実生活で使えるのか?

 

アクセルロッド教授は、私たちが「しっぺ返し戦略」から学べる教訓をまとめています。

 

長い内容なので、ぼくなりの解釈で簡潔にお伝えします↓

①まずは「自分から」積極的に親切にする

・いい出会いを待っていたのでは、重要な出会いのチャンスを取り逃がす

・「この人とはウマが合わない気がする」「イヤな人かもしれない」という先入観は捨てる

・たまには「イヤな目に遭う」ことも覚悟する

 

②日々、すべての人に優しく接する

・人から感謝されるような存在になることを目指す

 

③ただし、ズルい人には優しくしない

・きっばりと断る

・ナメられないように毅然とした態度で接する

・できれば、その人とは距離を置く

 

④たまには許してあげる

・場合によっては相手を許す

・一生 許さないのではなく、ほとぼりが冷めたら相手を許す

 

 

まとめ

 

コンピュータ・シミュレーションでは最強だった「しっぺ返し戦略」。

「みんなに親切にするが、ズルい人に対しては優しい顔をみせない」

 

ただ、実生活になると、もう少し複雑な要素もからんできます。

感情・血縁・立場・状況・つき合いの年数・義理、などなど。

 

その分、自分なりの「微調整」も必要になってくると思います。

 

何はともあれ、しっぺ返し戦略を頭に入れておけば「生き方の目安」にはなるはず。

少なくとも、「善人なのに損をする」という最悪の人生はまぬがれることができるでしょう。

 

もしも、あなたの周りに「ズルい人の餌食」になっているような人がいましたら、ぜひこの話を教えてあげてください。

きっと、その人の人生が変わるきっかけになると思いますよ。

 

《参考文献》

 

 

☆☆☆

以上、「善人は損をする」は本当?コンピュータが出した驚きの結論とはというお話でした。

 

●こんな記事もありますよ

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 

☆ラッキーのTwitter☆


★読むだけでみるみる幸運になる「ラッキー語録」も、TwitterとFacebookで無料公開中!


フェイスブック はじめました



この記事が役立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してね。

-人間関係
-, ,

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2018 All Rights Reserved.