話相手の「触れてほしくない話題」を簡単に知る方法

投稿日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。


 

 

人と話をしていて、「相手を不快にしてしまった」という経験が誰にでもあると思います。

相手を不快にしてしまう

 

●「触れてはいけない話題」に触れてしまった

●プライベートな話に踏み込みすぎてしまった

こちらは悪気がなかったとしても、相手を不愉快にしたり、怒らせてしまったり…。

 

そんな事態にならないために、ぜひ知っておきたい「コンプレックス指標」という便利な方法をご紹介させていただきます。

 

コンプレックス指標は、「相手が触れてほしくない話題」がすぐに分かるセンサーみたいなもの。

センサー

しかも、やり方は簡単!

覚えておいて損はないと思いますよ。

 

 

「触れてはいけない話題」を簡単に知る方法・コンプレックス指標とは

 

コンプレックス指標は心理学用語ですが、簡単にいえばこんな感じ↓

コンプレックス指標とは、質問してから相手が返答するまでにかかる時間。

 

コンプレックス指標

 

返答が返ってくるまでの時間が、コンプレックス指標。

簡単ですね!

 

返答が遅ければ遅いほど、相手は「その話に触れてほしくない」ということ。

その話題に「何かしらのコンプレックスがある」ということです。

 

太郎さん:「花子のお父さん、どんな仕事をしてるの?」

花子さん:「ん~~、え~っと、普通のサラリーマンかな」

会話

 

このように、返答に時間がかかった場合は、それ以上ふみ込まないほうが無難。

話題を変えたほうがいいですね。

 

反対に、すぐに返答が返ってきたなら、もっと突っ込んで話をしてもいいということ。

「その話題にコンプレックスはないですよ」ということです。

 

 

コンプレックス指標のサイン

 

返答が遅くなるときは、だいたい3つのパターンがあります。

これを覚えておくと、便利ですよ。

 

①迷う

「ん~~」「え~っと」と相手が迷っていたら、「その話はしたくない」という可能性大。

 

②聞き返す

「えっ、なに」と相手が聞き返したときも要注意!

脳は「自分に都合の悪いこと」を理解しようとしないので、つい聞き返してしまうわけです。

 

③曖昧な答え

「お父さんは、公務員よ」という曖昧な答え。

「公務員といっても、いろいろあるじゃない?」と言いたくなりますが、それ以上つっこんで話をしないほうが無難ですね。

 

 

「この話題はまずいかな?」と思ったら、すべきこと

 

コンプレックス指標が長かったとき。

つまり、「この話題はまずかったかな?」と思ったときにすべきことは、2つ。

 

●話題を変える

「あっ、そういえばこの前…」と話題をガラッと変える。

もう、これは当然のことですね。

 

●覚えておく

・花子の前では、恋愛の話はNG

・山田部長は、家族の話はNG

このように覚えておくと、安心して話ができるし、気まずい雰囲気になることも少なくなるはずです。

 

 

コンプレックス指標を活用すれば、いい人間関係ができてくる

 

人間関係というのは、プライベートなどの「深い話」をしなければ、いい関係はなかなか築けないものです。

プライベートな話を避けて、天気やテレビなどの話ばかりしていたら、関係が希薄になってしまいますからね。

 

そこで、ぜひ活用したいのが「コンプレックス指標」というセンサー。

これをうまく活用して、相手の心の中を読んでいく。

 

そして…

●相手の嫌がる話題はさける

●相手の好きな話を、深掘りして盛り上げていく

 

そうすることで、だんだんいい人間関係ができてくる。深い関係ができてくるものです。

 

コンプレックス指標をちょっと意識して話を進めていけば、きっと「みんなに喜ばれる話し上手」になれると思いますよ。

会話が盛り上がる

 

☆☆☆

以上、話相手の「触れてほしくない話題」を簡単に知る方法でした。

 

●こんな記事もありますよ

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 

☆ラッキーのTwitter☆


★読むだけでみるみる幸運になる「ラッキー語録」も、TwitterとFacebookで無料公開中!


フェイスブック はじめました



この記事が役立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してね。

-人間関係
-,

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2018 All Rights Reserved.