コミュニケーション力をガツンと高める!たった1つのこと

心理カウンセラー・ラッキー
YouTube Twitter Facebook

コミュニケーション力の高い人と低い人。

コミュニケーション力の高い人と低い人

 

どちらのほうがお得か?

 

これは言うまでもないですよね。

コミュニケーション力が高いというだけで、人生めちゃくちゃ得をします。

 

というのは、幸福度を上げるもっとも重要な要素は…

お金や時間の余裕ではなく、良好な人間関係ということが膨大な研究でわかっています。

 

もっとも健康にいいことも…

運動や健康的な食事ではなく、良好な人間関係

 

良好な人間関係で、最大15年も寿命がのびると言われています。

 

さらに、仕事の成功に欠かせない要素も…

IQや技術ではなく、良好な人間関係

 

仕事で成功するかどうかの85%は、人間関係で決まると言われています。

人生で得をする

 

このように、コミュニケーション力が高いというだけで、幸福も健康も仕事の成功も手に入る。

人生のあらゆる面で得をするんですね。

 

コミュニケーション力の高い人と低い人・決定的な違い

では、コミュニケーション力の高い人と低い人。

いったい何が違うのか?

 

実は、1つだけ決定的な違いがあるんです。

 

それは…

人間に対する安心感

 

心理学では、「人間に対する安心感」のことを基本的信頼感といいます。

 

心の深いところで「人間に対して安心感」をもっている人は…

・素の自分のままで、気兼ねなく人と会話できます

・初対面であっても、世代の違う人であっても、あまり緊張しません

・人と話せば話すほど、元気になります

 

その結果、会話の量が増え、自然とコミュニケーション力が鍛えられていきます。

人間に対する安心感

 

それとは反対に、「人間に対して不安感」をもっている人は…

・素の自分を出せないので、話せば話すほど疲れます

・疲れるから、他人を避けるようになります

 

その結果、会話の量が減り、コミュニケーション力がおとろえていきます。

 

お分かりいただけたと思いますが…

コミュニケーション力を高めるのに最も大切なことは、人間に対する安心感。

結局は、心の問題なんですね。

 

「人間に対する安心感」を育てるには?

では、人間に対する安心感を育てるには、どうしたらいいのか?

 

心理学でよく言われているのは、乳幼児期にたっぷりの愛情を注いでもらうこと。

 

これは、盲導犬をみると分かりやすいのですが…

盲導犬になる子犬は、1歳になるまでの間、愛情たっぷりの家族にあずけられ、育てられます。

愛情たっぷりの家族

 

そうすることで、人間に対する安心感がはぐくまれ、トレーナーや新しい飼い主とも深い信頼関係を築くことができます。

深い信頼関係

人混みに行っても、初対面の人に話しかけられても、落ち着いていられます。

 

愛情をたっぷり注いでもらうことで…

人間に対して「こたつのような安心感」を持つようになるのですね。

こたつのような安心感

 

人間も同じで、乳幼児期に、周りの大人たちからたっぷりの愛情を注いでもらうことで、人間に対する安心感がはぐくまれます。

「ありのままの自分を、あたたかく受け入れてくれるんだ」と。

人間に対する安心感

 

その結果、素の自分のまま、どんな人とも気兼ねなく会話できるようになるというわけです。

気兼ねなく話ができる

 

だけど、赤ちゃんからやり直す訳にはいかない…

とは言っても、すでに大人になってしまった私たちが、もう一度赤ちゃんに戻って、愛情をたっぷり注いでもらうわけにはいかないですよね。

赤ちゃんに戻る

 

さぁ、困りました。

なにか別の方法はないのでしょうか?

考える

 

実は、いい方法があるんです!

3つあるんです。

 

というわけで、ここからは…

「人間に対する安心感(基本的信頼感)」を育てる方法を、厳選して3つご紹介させていただきます。

 

前置きが長くなってしまいましたが…

この3つを実践することで、人間に対する安心感が高まり、自然とコミュニケーション量が増えていきます。

コミュニケーション量が増えれば、自然とコミュニケーション力が磨かれると同時に、良好な人間関係も広がっていきます。

その結果、「幸福度アップ」「健康アップ」「仕事の成功」など、人生でいっぱい得をします。

得られるメリット

 

人間に対する安心感が高まれば、それだけで生きるのも楽になりますからね。

人生が劇的に好転すると思いますよ。

 

 

人間に対する安心感を育てる方法①

人間に対する安心感を育てる方法の、まず1つ目はこちら↓

「信頼の練習」をする

 

実は、人間を信頼できるようになる練習があるんです。

 

やり方は簡単で…

まずは2人一組になって、一列に並びます。

一列

間隔は70センチくらい。

 

前にいる人は、タイタニックのように手を広げて、目をつむります。

で、そのまま後ろの人に倒れかかる。

倒れかかる

 

後ろの人は、両腕でしっかりと受け止めてあげます。

受け止める

 

受け止めてもらった人は、「ちゃんと自分を受け止めてくれた」という安心感と感謝の気持ちで、思わず笑ってしまうはずです。

笑う

 

このときに、人間に対する安心感が高まります

 

でも実際にやってみると、多くの人は、後ろに一歩 足が出てしまう

後ろに足が出る

 

なぜ、無意識に足がでてしまうのか?というと…

頭では「絶対に大丈夫!」とわかっていても、潜在意識が「もしかしたら受け止めてくれないかも…」と疑っているから。

 

これこそが、人間に対する不安感

人間に対する不安感

 

でも、大丈夫です。

「信頼の練習」を繰りかえせば、人間に対する安心感が高まってきて、足が出なくなります。

受け止める

 

「信頼の練習」のコツ

「信頼の練習」のコツは、いろんな人に受け止めてもらうこと。

 

家族同士・友だち同士・会社の同僚など、いろんな人に受け止めてもらえば、人間に対する安心感が急速に高まります。

さらに、お互いの絆も深まるので、一石二鳥。

 

「信頼の練習」は時間もかからないし、何よりやってて楽しいですからね。

ぜひとも試してみてください。

 

人間に対する安心感が高まっていくのを実感できると思いますよ。

 

人間に対する安心感を育てる方法②

人間に対する安心感を育てる方法の2つ目は、こちら↓

「両親からしてもらったこと」と「両親にしてあげたこと」を思い出す

 

これもやり方は簡単ですが、できれば紙を2枚用意すると、やりやすいです。

 

まず1枚目には、「両親からしてもらったこと」を思い付くだけ書いていく。

 

・離乳食を食べさせてくれた

・オムツを変えてくれた

・抱っこしてくれた

・絵本を読んでくれた

・誕生日を祝ってくれた

・洗濯してくれた

・アイロンもかけてくれた

・お弁当を作ってくれた

・運動会で応援してくれた

・病気のときは、つきっきりで看病してくれた

 

・学費、給食費、服、靴、おもちゃも、お父さんが一生懸命働いてくれたおかげ

・キャッチボールもしてくれた

・将棋も教えてくれた

・釣りに連れていってくれた

・プロ野球観戦に連れていってくれた

 

こうやって、両親からしてもらったことを書き出していくと、紙が真っ黒になっても書ききれないくらい、たくさん出てくると思います。

両親からしてもらったこと

 

2枚目には、「両親にしてあげたこと」を思い付くだけ書いていく。

・肩たたきをしてあげた

・ゴミ捨てを手伝った

・誕生日に、学校で書いた似顔絵をプレゼントした

など。

両親にしてあげたこと

 

書き終わったら、2枚を見比べてみる。

見比べる

 

すると、これまでどれだけ愛されて育ってきたかどれだけ多くの愛情をそそいでもらったか

その事実に気づけるはずです。

 

ここで、冒頭の話を思い出してください。

家族からたっぷりの愛情を注いでもらうことで、「ありのままの自分を受け入れてもらえるんだ」という感情が芽生え、人間に対する安心感がはぐくまれる。

たっぷりの愛情

 

そうお伝えしましたが、このワークでも、まったく同じことが起こります。

親からたっぷりの愛情を注いでもらった事実を思い出すことで、「自分は、ありのままを受け入れてもらえる価値ある存在なんだ」という感情が芽生え、人間に対する安心感がはぐくまれる、ということですね。

見比べる

 

人間は誰でも、愛される価値がある

人間は誰でも、愛される価値があります。

「そんなきれい事、信じられないよ」という方もみえるかもしれませんが、これは真実です。

 

東日本大震災のときのことを思い出してください。

多くの方々が、災害ボランティアとして被災地に駆けつけました。

災害ボランティア

 

日本中からも、世界中からも、支援の手が差しのべられました。

世界

 

どうして私たちは、顔も名前も知らない人たちを「何とかして助けたい!」という気持ちに駆られるのでしょうか?

助けたい

 

その理由は…

人間は誰でも、愛される価値があるからです。

 

私たち人間は、誰もが無条件に愛される価値をもっています。

誰もが、世界に二人といない貴重で素晴らしい存在。世界遺産です。

誰もが愛される存在

 

ところが、忙しい生活に振り回されていると、自分の価値をすっかり忘れてしまう。

忘れる

 

で、そんなときに役立つのが、今回ご紹介しましたワーク。

見比べる

 

紙に書かなくても、「いかにたくさんの愛情を注いでもらったか」を時々思い出すだけでOKです。

そうすることで、「自分の価値」を思い出せると同時に、人間に対する安心感も高まってくると思いますよ。

 

人間に対する安心感を育てる方法③

人間に対する安心感を育てる方法の3つ目は、こちら↓

暗いニュースを観ない

 

ニュース番組やワイドショー、週刊誌などを見ると…

事件・詐欺・衝撃映像・有名人の不祥事など、知らなくてもいい暗~いニュースがテンコ盛りですよね。

メディアの情報

 

こういうモノを一生懸命見れば、物知りになれるかもしれませんが、

その副作用として、人間に対する不安感が強くなってしまうんです。

暗いニュース

 

というのは、人の潜在意識は「弁当箱」みたいなもので…

そこに入ってきたメディアの情報によって、「世の中はこうなっている」という認識をもちます。

潜在意識

 

なので、暗いニュースばかり見ていると、「世の中、悪い人ばかりだ」と潜在意識が勘違いしてしまう。

勘違い

どんどん人間嫌いになってしまう。

 

「悪い人」より「いい人」のほうが遥かに多い

でも、この世の中には、「悪い人」より「いい人」のほうが遥かに多いんです。

優しい人がいっぱいいるんです。

 

それがわかる簡単な質問があるので、みなさんでやってみましょう。

 

大学生たちに、「献血に協力してもらえませんか?」とお願いしてまわったとしたら、何パーセントの人が献血に応じてくれるでしょうか?

献血をお願いする

 

ぼくは、「33%くらい」と予想しました。

 

みなさんは、どうでしょう?

「10%」という人もいれば、「40%」という人もいると思います。

 

ちなにみ、この質問の予想平均は32%です。

 

実際には何パーセント?

では、実際に献血をお願いしてまわったら、何パーセントの大学生が協力してくれたのか?

実際にお願いする

 

結果はなんと…

62%の大学生が献血に協力してくれました。

 

世の中の人たちは、自分が思っているよりも、いい人が多いのですね。

 

こういう錯覚が起きてしまうのも、メディアの影響。

「誰かが脱税しました」という情報は流れてきても、「誰かが献血しました」という情報は流れてきませんからね。

 

暗いニュースばかり見ていると、人間に対する不安感がどんどん強くなってしまう。

暗いニュース

 

もちろん、なかには大切なニュースもあります。

だけど、ほとんどは自分に必要のない情報。

 

「この番組は自分に関係ないな。要らないな」と思ったら、ピッとチャンネルを変える。

できれば、おもしろい番組や心がホッコリするような番組に切り替える。

チャンネルを変える

 

体に取り入れる栄養と同じように、心に取り入れる情報も、自分で選択する。

 

そうすることで、人間に対する安心感が高まってきて、同時に人とのコミュニケーションがもっと気楽なものになると思いますよ。

コミュニケーションが楽になる

 

まとめ

コミュ力を高めるのに最も大切なものは、人間に対する安心感(基本的信頼感)

これが、人間関係のベースになります。

 

そして、人間に対する安心感を育てる方法が、今回ご紹介しましたこの3つ。

・信頼の練習

・両親に「してもらったこと」と「してあげたこと」を思い出す

・暗いニュースを観ない

 

人間に対する安心感が高まれば、コミュニケーション量が増え、自然とコミュニケーション力が磨かれます。

良好な人間関係も広がっていきます。

 

その結果、「幸福度アップ」「健康アップ」「仕事の成功」など、人生でいっぱい得をします。

得られるメリット

 

今現在、どんな人生を歩んでいようとも…

コミュニケーション力さえ高まれば、人生をひっくり返すことだって可能ですからね。

人生をひっくり返す

 

ぜひとも、人間に対する安心感を高めて、よろこびに満ちた最高の人生をゲットしてくださいね。

 

 

以上、コミュニケーション力をガツンと高める!たった1つのことでした。

●こんな記事もありますよ

コミュニケーション力をガツンと高める!たった1つのこと

著者:心理カウンセラー・ラッキー

★YouTube 始めました★

きっと役立つ知恵をお届けします

☆ラッキーのTwitter☆


★読むだけでみるみる幸運になる「ラッキー語録」も、TwitterとFacebookで無料公開中!