【第一印象の心理学】初対面で好印象を与えるには

更新日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

ユニクロの「M M M」の透明シールを取り忘れて着てしまいます。こんにちは!第一印象が悪い心理カウンセラー・ラッキーです。

第一印象の重要性

「第一印象が大切!」

耳にタコができるほど、聞き慣れた言葉です。

 

実はこの『第一印象』というものは、心理学的に見ても、ホント!物凄く大切。

第一印象は重要!

その後の人間関係を大きく左右してしまいます。

 

今回は『第一印象の重要性』と『初対面で好印象を与える方法』についてお話させていただきます。

スポンサーリンク

 

10秒で第一印象が決まる

第一印象は「最初の10秒以内に決まってしまう」と言われています。

 

「こんにちは!」「はじめまして」と初対面であいさつを交わす間に、脳はその人の印象を決めてしまうのです。

最初の10秒以内に決まる第一印象

 

「明るい」「暗い」

「爽やか」「不潔」

「優しい」「合わない」

 

その印象は、あとから覆すことができないほど、しつこく心にとどまって、その後の人間関係を大きく左右します。

あとから覆すことができない第一印象

 

ツカミで失敗すると、悪い印象をずっと引きずってしまう。

それが第一印象です。

 

第一印象が悪いと、こんなことに!

初対面で悪い印象を持たれてしまうと、それが『その人の形容詞』になってしまいます。

 

たとえば…

『暗い』という第一印象を与えてしまった場合↓

いくら真面目にがんばっても…

『暗いガリ勉人間』というイメージしか与えることができない。

初対面で悪印象の人

 

いくら明るく振る舞ったとしても…

『根暗なのに無理してる』と思われてしまう。

第一印象がいつまでも付きまとう人

悪い印象がいつまでも付きまとってしまうのです。

 

一方、

第一印象が『明るい』という人の場合↓

真面目にがんばれば…

『努力家の爽やかな好青年』というように、どんどんイメージアップしていく。

20150206gurafu

高評価がいつまでも続くわけです。

初対面で好印象の人

心理学では、このことを『初頭効果』と呼んでいます。

初対面が好印象の先生

 

人は誰でも、良い面・悪い面があり、それが『その人なりの味わい』を形づくっています。

 

ところが、そんなことには目もくれず…

世間の目は、初対面で感じた印象を基準に「人を評価」してしまう。

初対面で感じた印象で決める世間の人

残念ですが、この現実は変えられません。

 

初対面で好印象を与える方法3つ

初対面の最初の10秒以内に決まってしまう第一印象。

この短い間に好印象を与えるには、次の「3つのポイント」が大切です。

 

①清潔感

②表情

③声のトーン

 

①の清潔感は、当然のことですね。

不潔なだけで『ダメ人間』の烙印を押されてしまいます。

不潔なだけで好印象は与えられない

 

清潔感で、特に気をつけたいところは、次の4つ。

  • 髪の手入れ
  • 服装

 

「洗濯してあるから、いい」「風呂に入っているから、いい」というレベルではいけません。

パリッとした見た目でない人

大切なのは「パリッとした見た目」です。

 

②表情・③声のトーンも、とても大切な要素。

その人の性格を、一瞬で判断する材料となります。

 

初対面の最初の10秒でできることは

『爽やかな笑顔』と『ハリのある声』であいさつする。

初対面での爽やかな笑顔

ただそれだけのことですが、

これが第一印象に大きな影響を与えます。

 

でも、これ、やってみると簡単じゃないんですね。

初対面の人の前で『自然な笑顔』を出すって、意外と難しいものです。

初対面での自然な笑顔

 

最高のあいさつをトレーニングしよう!

子どもが掛け算の九九を練習するように、『あいさつ』もトレーニングがものを言います。

 

最高のあいさつができるようになれば

それは、一生使える『能力』になります。

 

練習方法は簡単!

鏡を使って「最高の笑顔」と「あいさつ」を練習をする

鏡を使った最高のあいさつのトレーニング

 

何度も練習することで、

表情筋が鍛えられ、みるみる良い笑顔を作れるようになります。

 

馬鹿馬鹿しく感じるかもしれませんが…

初対面での『最高のあいさつ』が、良い人間関係を作るベースになります。

学校では教えてくれませんが、とても大切なことです。

 

第一印象まとめ

第一印象は人間関係の土台となる、とても大切なもの。

ビジネス・面接・恋愛・ご近所づきあいなど、人間関係の土台は、すべて『第一印象』にあります。

 

そして、チャンスは1回10秒、

「二度目」はありません。

 

最初でつまずかないよう、

普段から身だしなみに気を配り、『最高のあいさつ』をコッソリ練習しておきましょう。

 

それから、最後にもう1つ。

『自分から先にあいさつする』というのも好印象につながります。ぜひ!

 

●こんな記事もありますよ●

人に好かれる方法 【人に好かれる方法】ミラーリング効果で好感度をアップ!

✩こちらの名言も、ぜひ!
↓↓↓
いい人間関係を築く名言

 

以上、『【第一印象の心理学】初対面で好印象を与えるには』でした。

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 


(ツキを呼ぶ名言・更新情報など、つぶやいています)

フェイスブック はじめました

 

スポンサーリンク

-会話

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2017 All Rights Reserved.