【子供のやる気を引き出す方法】効果的な子供の褒め方

更新日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

久しぶりの僕の料理に、子どもたち後ずさり。こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。

子供のやる気を引き出す「効果的な褒め方」

「いつまでゲームやってんの!」

「早く勉強しなさい!」

「さっさと片付けなさい!」

 

多くの子どもが、面倒くさがり。

怒らないと、なかなか動かないものです。

怒らないと動かない子供

 

「もう怒り疲れた…」というお母さんも少なくないと思います。

 

そこで今回は「子供のやる気を引き出す効果的な褒め方」をご紹介いたします。

スポンサーリンク

 

怒ったところで、子どもは変わらない

子どもを怒って動かしたところで、それはその場限り。

むしろ、子どもは、そのことが嫌いになってしまいます。

子供のやる気を引き出せない母親

 

大人ですら、上司に怒られて

上司に怒られる

「どんどん、ヤル気が湧いてきたー!」

やる気が湧いてくる人

なんてことはありません。

やる気がなくなる人

 

子どもも同じで、

怒られれば、ヤル気をなくしてしまう。

怒られてやる気を失った子供

 

今、無理にやらせてヤル気を奪うよりも…

 

長い目で見たら、

ヤル気を引き出すほうが、ずっと得策です。

子供のやる気を引き出す

 

人間の動機は2つだけ

子どものヤル気を引き出し、自主的に行動させるにはどうしたら良いのでしょうか?

子供を自主的に行動させるには

 

それは、みなさんもご承知のとおり…

 

褒める

褒める母親

 

「褒めるのがいいのか?」

「叱るのがいいのか?」

と議論されることもありますが…

議論

褒める方が、心理学的にも、

断然すぐれた方法といえます。

 

人間が行動するには『動機』が必要です。

 

動機は大まかに分けると、次の二つ。

①苦痛を避けたい
苦痛を避けたい

 

②快感を得たい
快感を得たい

すべての行動は、この2つの動機から始まります。

 

これは、あらゆる動物に当てはまる自然の摂理です。

自然の摂理

 

●怒ってやらせた場合…

『苦痛を避けたい』という動機から、嫌々行動を起こします。

子供を怒ってやらせる母親

 

しかし、これでは、

『一度きり』

『その場限り』

になってしまう。

 

ライオンから逃げのびた人が、「もう一度、逃げてみたい」とは思わないのです。

 

さらに、思春期ぐらいの歳になると

押しつけには抵抗を示すようになり、

抵抗を示す思春期の子供

大人になると…

親と同じ解決策を、子供にも使うようになります。

親と同じ解決策を使う

●褒めた場合…

人間は『褒められることで快感を感じる』ことを知っています。

褒められることで快感を感じる

 

だから『また快感を得たい』という動機から、同じ行動をとる。

 

そして、また褒められる。

褒められる

 

それを繰り返すことで、

快感は、徐々に潜在意識に刻み込まれる。

潜在意識

 

すると、「もっともっと」とまた同じ行動をしたくなります。

もっともっと

 

褒めて子どもを動かすには、怒って動かすよりも時間がかかります。

時間がかかる

 

しかし、褒めることで、子どものヤル気をよび起こし、

いずれ自主的に行動してくれるようになります。

自主的に行動する子供

 

「よし!なんとなく理屈はわかった。じゃあ、今日から褒めて伸ばそう」

褒めて伸ばそうとする親

 

実は…

問題はここからです!

問題はここ

 

褒めるって難しい

いざ「褒めよう!」と思っっても、

褒められない親

「どうやって褒めたらいいか、わからない!」

「褒めてあげられる所が見つからない!」

と、訴えるご両親も多いようです。

子供を褒めてあげられる所が見つからない両親

 

そうですよね!

褒めるって、意外と難しい。

 

最も基本的な褒め方は…

「今、できていることを褒める」ことと言われています。

 

たとえば、

ゲームばっかりやっている子に、

ゲームばっかりやっている子

手先が器用ね!

と、言ったりすることなんです。

 

ところが、

実際にやってみようと思うと…

「今、できていること」を見つけることすら難しい!

難しい!

 

「今、できていることを褒める」のは、簡単そうで簡単ではないんです。

簡単そうで簡単ではない

 

簡単で効果的な褒め方

というわけで、

本日は、もっと簡単な褒め方をご紹介いたします。

簡単で効果的な褒め方を説明する先生

 

「今、できていることを褒める」より、もっと簡単な褒め方とは…

 

まだ、できていないことを褒める

 

たとえば、

「太郎は優しい子ね」

「花子はしっかりしてるわね」

とかって。

まだ、できていないことを褒める母親

 

今は、できていなくてもいいのです。

できていなくてもいい

 

そう思ってなくてもいいから、とりあえず褒める。

とりあえず褒める

 

普段の何気ないひとときで、

どんどん褒める

何気ないひととき どんどん褒める

 

それは、

『できる前から、勲章を与える』

勲章

『子どもに、良いレッテルを貼る』

優しい子レッテル

ということ。

 

不思議とこの方法で、子どもが徐々に変わっていくんです。

子供を伸ばせる

 

ぼくラッキーの子どもの頃の話ですが、

隣に、鈴木さんというおばあちゃんが暮らしていました。

鈴木さん

 

鈴木のばあちゃんは、

僕と会うたびに、

「えーちゃんは、ホントに優しいね~」と言ってくれたんです。
(※ラッキーの本名はえいじです)

褒めてくれる鈴木さん

 

何の根拠かわかりませんが、いつもそう言ってくれました。

(『まだ、できていないこと』を褒めてくれていたんですね)

 

その都度、僕は心の中で、

「全然、そんなことないけど!」と思ったのですが、顔は照れている。

顔は照れている僕

 

照れているのは、嬉しい証拠で「快感」を感じているわけです。

快感を感じている僕

 

そんなことが続くと、面白いもので…

 

鈴木のばあちゃんに会うたび、

『優しいえーちゃん』

を演じている自分がいるんです。

優しいえーちゃん

 

だから、また褒められる。

 

この好循環を繰り返すうちに、

「人に優しくするって、気持ちいいんだな~」ということに気づくことができました。

 

ありがとう!

鈴木のばあちゃん、ありがとう!

 

同じように…

 

もし、あなたが、

『正直で優しい人物』

として扱われたならば…

正直で優しい人物

なかなか、不正なことや、冷たい行動はできないはずです。

冷たい行動

 

人間は、自分について良い評価が与えられると、

『その評価を裏切らない行動』をとってしまうものです。

(心理学では、ピグマリオン効果といいます)

ピグマリオン効果を説明する先生

 

人は、良い評価が与えられたとき…

「実際は、そんなことないけど」と うすうす感じながらも、

そのギャップを埋め合わせようと、努力してしまうもの。

努力してしまう子供

 

つまり、

『まだ、できていないこと』を褒めていると、

いずれその子は、できるようになっていくのです。

できるようになっていく子供

 

だから『まだ、できていないこと』をドンドン褒めちゃってください。

 

よく頑張ってるね!よく頑張ってるねと褒める母親

きっと出世するよ!きっと出世するよと褒める母親

 

そう思っていなくてもいいから、どんなことでも褒めちゃってください。

 

もし、

そんなことないよ!

否定する子供

と子どもに言われても…

 

私は、そう思ってる!

認めてあげる親

と言ってあげてください。

 

他人の前でも褒める

どうでしょう?

『まだ、できていないことを褒める』

って、簡単ですよね!

 

えっ! 

腹にもないことを言うな!と親に言われて育ちましたから…、わたしには言えません

 

なるほど!

なるほど!

 

しかし…

本当のことを言って、どうなるのでしょうか。

 

「あんたはダメな子ね!」

「こんなこともできないの!」

子供に本当のことを言う親

このように言われた子どもが、どう育っていくのか?

 

ピグマリオン効果で、言ったとおりの子どもに育ってしまいます。

 

それから、

「子どもに直接言うのは、恥ずかしいわ」という方も、多いでしょう。

恥ずかしい

 

いい方法があります

先生

 

野球界の超大物、楽天イーグルス・野村克也元監督も使った方法です。

 

それは…

他人の前で褒める

 

野村監督は、田中将大投手のことを、

「マーくんは、神の子」

神の子

と、いつも記者の前で褒めていました。

テレビ

 

マーくんだって、

絶対に人の子なんですが…

人の子

「神の子」って言っちゃってました!

「神の子」

 

結果、

マーくんはグングンと実力を伸ばし、

アメリカ大リーグへの挑戦1年目から、驚くほどの大活躍をみせてくれました。

実力を伸ばしたマー君

まさに「神の子」のような活躍ぶり!

 

他人の前で褒めることで、さらに効果は上がります。

 

子育ての場合、

他人の前で褒めるチャンスは、学校での三者面談や家庭訪問のときなどですね。

三者面談

 

「こう見えて、実はしっかりしてるんです」

「うちでは、ホント優しい子で助かります!」

などと、

子どもの前で、先生に言っちゃってください!

思ってなくてもいいから、言っちゃってください!

先生の前で褒める

 

それを聞いた子どもは、

「えっ!そう見ててくれてたんだっ」

驚く子供

となって、

その評価を裏切らないような行動を、とってしまうものです。

 

まとめ

今までの話をまとめると、

◆「まだ、できていないこと」を褒める。

◆他人の前でも褒める。

 

すると、

その子は、その評価を裏切らない行動をとってしまう。

いずれその子は、できるようになっていく。

 

この方法は、

子どものヤル気を引きだし、良い方向へ導くのにたいへん効果的です!

 

一人のファンとして、子どもを成長させていけば、

一人のファン

その子は、自信満々で社会に出ていけます。

自信満々で社会に出ていく子供

 

この方法は、自分の子どもだけでなく、

  • 部下
  • アルバイト
  • 後輩
  • 教え子

などを伸ばしたいときにも使えます。

 

怒って動かすよりも、時間がかかってしまいますが、

長い目で見たら、実に簡単で優れた方法です。

 

●こんな記事もありますよ●

子供のやる気を奪う「アンダーマイニング効果」に要注意! 子供のやる気を奪う「アンダーマイニング効果」に要注意!

✩こちらの名言も、ぜひ!
↓↓↓
子育てのための名言

 

以上、『【子供のやる気を引き出す方法】効果的な子供の褒め方』でした。

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 


(ツキを呼ぶ名言・更新情報など、つぶやいています)

フェイスブック はじめました

 

スポンサーリンク

-子育て

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2017 All Rights Reserved.