子供のやる気を奪う「アンダーマイニング効果」に要注意

更新日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

せっかく旅行にトランプを持っていっても、まず使いません。こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。


 

子供のやる気を奪ってしまう「アンダーマイニング効果」をご存知ですか?

 

「ご褒美を与えるタイミングが悪いと、やる気が失われる」という人間の心理です。

 

今回は子供のやる気を奪う「アンダーマイニング効果」についてお話させていただきます。

スポンサーリンク

 

子供のやる気を奪う「アンダーマイニング効果」

  • 絵を描くのが大好き
  • サッカーが大好き
  • 読書が大好き

このような子に「よくできたから」とご褒美をあげてしまうと…

「大好きだったこと」が次第につまらなくなってしまう。

 

楽しいはずのことが「嫌い」になってしまうのです。

やる気を奪われた男の子

 

なんとも不思議なこの心理を「アンダーマイニング効果」といいます。

 

「えっ!なんでご褒美をもらったのに、きらいになるの?」と思ってしまいますが…

たとえば、こんなことを想像してみてください↓

あなたは週末になると、ボランティアで「公園の掃除」をしています。

公園の掃除

 

そこにお金持ちの老人があらわれ…

「キミ偉いね!これからは私が時給800円を差し上げようじゃないか」

お金持ちの老人

そのお金を毎週受け取ることになったら、どうでしょう?

 

先週は1,600円、

今週は1,200円…。

なんだかボランティアをする気が失せますよね。

この心理がアンダーマイニング効果。

 

「好き」でやってることに対して、ご褒美をあげてはいけないのです。

 

野球のイチローは「引退するまで国民栄誉賞を受け取らない」と2度も辞退しています。

これも、アンダーマイニング効果を知ってのことでしょう。

 

賞状は飾らないほうがいい?!

賞状を飾る

部屋に「賞状」を飾っているご家庭も多いと思います。

 

その賞を「目標にしていた」のなら良いのですが、「運良くもらったもの」なら飾らないほうが無難。

 

アンダーマイニング効果が働いてしまい、やる気を失ってしまうかもしれません。

 

特に『知事賞』とか『大臣賞』などのように…

思いがけずもらったのなら、箱にでも入れて大切にしまっておいた方が無難かもしれません。

 

それでも、ご褒美は大切

「ご褒美」の危険性についてお話してきましたが…

ご褒美が何でもかんでも「悪」かというと、そうではありません。

 

子どものやる気を引き出すのに「ご褒美」はとても有効。

やりたがらない子どもを動かすには、一番の方法です。

ご褒美を与える母親

 

ただ、子どもが「好きでやっていること」に関しては、ご褒美をあげないほうが賢明です。

 

アンダーマイニング効果まとめ

「好きこそ物の上手なれ」といいますが、「大好きなことがある」というのはそれだけで才能です。

 

電車マニアが、鉄道職員よりも知識があるように、「好きで熱中している人」には誰も勝てません。

 

大事な才能を潰してしまわないように、アンダーマイニング効果には気を付けたいものです。

 

●こんな記事もありますよ●

効果的な子供の褒め方 【子供のやる気を引き出す方法】効果的な子供の褒め方

✩こちらの名言も、ぜひ!
↓↓↓
子育てのための名言

 

以上、「子供のやる気を奪う『アンダーマイニング効果』に要注意」でした。

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 


(ツキを呼ぶ名言・更新情報など、つぶやいています)

スポンサーリンク

-子育て

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2017 AllRights Reserved.