心理カウンセラー・ラッキー 公式ブログ

【しあわせ心理学】パンダの温度

【忘れたいのに忘れられない…】トラウマ克服法

更新日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。

トラウマ克服法

「嫌な過去を、忘れてしまいたい!」

そう思えば思うほど、記憶がよみがえり辛くなってしまう。

 

いわゆる『トラウマ』に苦しんでいる人も少なくないと思います。

 

そこで今回は、忘れたいときに役立つ『記憶の心理学』についてお話させていただきます。

スポンサーリンク

 

「忘れたい!」は逆効果

「忘れたいのに忘れられない」

「トラウマを消してしまいたい」

トラウマを忘れたい女性

 

実は…

「忘れよう!と思えば思うほど、忘れられない」というのが心理学の常識です。

トラウマの心理学者

 

そのことをわかりやすく証明したのが『ウェグナーのシロクマ実験』

この実験でわかったのは、脳のヘソ曲がりな一面です。

 

ウェグナーのシロクマ実験

『シロクマ実験』は、アメリカのウェグナーという心理学者が1987年に行なったものです。

 『ウェグナーのシロクマ実験』

ウェグナーは、大勢の人を集めて『シロクマのビデオ』を見せました。

シロクマのビデオ

その人たちを、A・B・Cの3グループに分け、次のようにお願いをしました。

●Aグループ…「シロクマのことを覚えておいてください」 

●Bグループ…「シロクマのことは絶対に考えないでください」

●Cグループ…「ご自由にどうぞ」

 

一年後、しっかりと内容を記憶していたグループは…

「シロクマのことは絶対に考えないでください」とお願いしたBグループだった!

 

「シロクマのことを覚えておいてください」 とお願いされたAグループの人たちは、記憶が薄くなっていたのです。

 

わたしたちの脳は、

  • 記憶したくても、なかなか覚えられない
  • 忘れようとすると、いつまでも引きずってしまう

という、へそ曲がりな性質があるのです。

 

忘れたい過去を、どうしたら忘れられるの?

「忘れたい!」と気張るほど忘れられないのが、私たちの脳。

 

では、どうすれば忘れられるのでしょうか?

 

いちばん効果的なのは…

吐き出すことです。

 

心の中にあるモヤモヤを、体外に吐き出してしまう。

 

具体的には、

『人に話す』とか『書き出す』ということです。

嫌な過去を人に話す  嫌な記憶を書き出す

 

心のモヤモヤを表現して、外に吐き出してしまうことが、ツラい記憶の苦しみから逃れる一番の近道なのです。

 

なぜ、吐き出すといいのか?

心のモヤモヤを人に話したり、書き出したりすることで2つの効果が期待できます。

 

①カタルシス効果

②飽きる

 

①の「カタルシス効果」とは、

悲しいときに思いっきり泣いてスッキリしたり…

泣いて忘れたい記憶を消す

愚痴を話してスッキリしたり…

人に話してトラウマを解消する

モヤモヤした感情を解放することで、気持ちが浄化されるというもの。

 

つまり、

イヤな過去を洗いざらい話してしまうことで、ツラさが解消され気分が楽になっていくわけです。

 

②の「飽きる」というのは、

美味しい食べ物でも…

好きな彼氏でも…

毎日一緒だと、飽きてきて興味が薄くなる。

 

そして「どうでもいいや」という気持ちになってしまいます。

嫌な過去の記憶がどうでもよくなっている

 

悲しいことですが、これが私たちの脳の性質。

 

つまり、

ツラい過去の記憶も、繰り返し人に話したり、書き出したりすることで…

脳が飽きて「もう、どうでもいいや」という気持ちにさせてくれるのです。

トラウマの克服に成功した人

 

『忘れる』ではなく、『気楽』になろう

何度も人に話すと、「忘れる」とは逆に、記憶に残ってしまいそうです。

が…

シロクマ実験でわかったように、記憶しようとするよりも、忘れようとした時の方が忘れにくい

 

だから、どんどん人に話したほうが、ツラい記憶を引きずらなくて済むのです。

 

さらに、人に話せば…

『カタルシス効果』で気分が楽になり、

『飽きる効果』でどうでもよくなってくる。

 

 古典的な方法に感じるかもしれませんが、とても即効性のある『トラウマ克服法』です。

『イヤな出来事を忘れたい!』とは考えず、どんどん吐き出して『どうでもいいこと』に変えてしまいましょう。

 

人に言えないのなら、書き出して捨てる

「こんなことは人に話せない」

「ペラペラと人に話したくない」

という場合は、紙とペンを用意して書き出して、グチャグチャに丸めて捨てる。

忘れたいのに忘れられないことを書き出す

そうすることで、人に話すのと同じ効果が期待できます。

 

書き出すことは、面倒だし、馬鹿らしく感じるかもしれませんが…

だからこそ、脳はすぐに飽きてしまいます。

 

「もう、どうでもいいや」と思えるまで、毎日書き出して捨てる。

これは、カウンセリングの現場でも使われる、とても効果が高い方法です。

カウンセリング

 

トラウマ克服法まとめ

心のモヤモヤは、頭の中で考えていると膨らんでいくばかり。

ところが、吐き出すことで『どうでもいいこと』に変わっていきます。

 

『イヤな記憶』はできるだけ早く吐き出してしまって、『過去の思い出』に変えてしまいましょう。

 

●こんな記事もありますよ●

前向きになる方法 【くよくよしない!】
前向きになる方法

✩こちらの名言も、ぜひ!
↓↓↓
落ち込んだときに効く名言

 

以上、『【忘れたいのに忘れられない…】トラウマ克服法』でした。

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 


(ツキを呼ぶ名言・更新情報など、つぶやいています)

フェイスブック はじめました

 

スポンサーリンク

-心理学

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2017 All Rights Reserved.