心理カウンセラー・ラッキー 公式ブログ

【しあわせ心理学】パンダの温度

「人の目が気になる」優しい人が陥りやすい罠と改善方法

投稿日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

二の腕を気にする妻に「細いよ」とぼく。妻の礼服がクリーニングから返ってきて「ワキ・テカリ有り」のタグ。こんにちは!タイミングのわるい心理カウンセラー・ラッキーです。


 

「人の目が気になる」のは…

多くの場合「良く思われたい」「評価を下げたくない」という気持ちが原因。

 

クラスで成績3番の生徒が、「10番に落ちたくない」という気持ちに似ています。

 

その中でも…

「優しい人」が陥りやすい「人の目が気になる」という悩みがあります。

これに苦しんでいる「優しい人」がとても多い。

人の目が気になる優しい人

 

ところが、本人も、なかなかそれに気づけない。

「なんとなく、生きづらい」と。

なんとなく生きづらいと感じいている人

 

その原因改善方法をご紹介させていただきます。

 

※当ブログは「簡単・わかりやすい」がモットーですが、今回は「わかる人には分かる話」かもしれません。

「あっ、これ私のことだ!」と思う人には、きっと簡単な話になると思います。

どうぞご了承くださいませ。

ごめんなさい

スポンサーリンク

 

優しい人が陥る「人の目が気になる」

はじめに

人の行動は、ざっくり分けると2種類。

「愛」から出る行動

「恐れ」から出る行動

 

たとえば…

「知識を身につけて、お役に立てる人になりたい」と勉強するのは、愛から出る行動。

「怒られたくない」「落ちぶれたくない」と勉強するのは、恐れから出る行動です。

愛から出る行動 恐れから出る行動

 

同じ勉強をするにも、出発点が違います。

 

どちらが「いい、わるい」という話ではありません。

どちらも立派な行動です。

 

ただ、「恐れから出る行動」は本人が苦しくなる。

 

それを踏まえて本題に入ります。

 

優しい人の「人の目が気になる」原因

前置きが長くなってしまいましたが…

ここまでを分かっていただけたら、あとは簡単。

 

なぜ、優しい人は「人の目が気になる」ようになるのか?

人に優しくするのは、本来「喜んでほしい」「助けてあげたい」という想いから。

気持ちのいい「愛の行動」です。

親切で愛のある行動

↓↓↓

愛の行動を積み重ねると、「評価」が上がります。

「優しいわね」「おかげで助かりました」と、人から高評価をもらえたり、

「わたし、まあまあ優しいかも」と、自分に誇りを持てたりします。

優しい人

↓↓↓

それと同時に…

評価が上がると、「落ちたくない」という気持ちが勝手に出てきます。

↓↓↓

すると、人の目が気になってくる。

「嫌われたくない」「悪く思われたくない」と。

人の目が気になる優しい人

↓↓↓

「悪く思われたくない」という気持ちから、無理してまで、人に親切にすることも出てくる。

 

それは、同じ親切でも、「恐れから出る行動」です。

だから、苦しくなる。

 

また、常に評価が気になるので(無意識に)…

・「私だけ仲間ハズレになってる気がする」と神経質になったり、

・電車で席を譲って、「大きなお世話だと思われないかしら」と恐れてしまったり、

・迷っている人に道を教えたくても、「出しゃばりと思われないかしら」と心配になる

 

最近では…

LINEに登録した友達が消えていると、「ブロックかしら」「気に障ることを言ってしまったのかな?」と超不安になる。

でも後日、「ごめ~ん、スマホ壊れちゃって」と友達から連絡が来て、ホッとする。

ほっとする

このように…

評価が上がると、「落ちたくない」という気持ちが勝手に出てきて、「悪い評価」を恐れるようになる。

評価が高いほど、悪評化を恐れてしまう。

 

それは無意識に行われていて、自分でもなかなか気づけません。

 

ちなみに…

チャランポランに生きている人は、元々「悪評価」なので、悪評価を気にしません。

チャランポランな人たち

 

「人の目が気になる」の改善方法

改善方法は、意外と簡単。

 

自分は、

良く思われたい」のか、

喜んでもらいたい」のか、

ハッキリ決めること。

 

「わたしは、良く思われたくて優しくするんじゃない。喜んでもらいたくて優しくしてるんだ」と。

ハッキリ決める

 

ところが、ハッキリ決めても、次の日には忘れてしまったりする。

人の目が気になる優しい人

そうしたら、また「ハッキリ決める」。

 

そんな事を繰り返して、

元の「本当の優しい自分」に戻していくのです。

親切で愛のある行動

 

時間はかかるかもしれませんが…

人の目が気にならなくなると、すーーーっと心が軽くなります。

 

楽しい努力になると思いますよ。

 

まとめ

マザーテレサは…

人から罵倒されようが、石をぶつけられようが、道に倒れている人を助けつづけました。

 

「嫌われるから、もうやめよう」と恐れることはありませんでした。

「くだらないケンカを買ってる暇はない」と、愛の行動を貫きました。

 

マザーテレサほどの達人になることはできませんが…

人の目が気にならないと、スカッと清々しく生きていくことができます。

 

もちろん「まったく人の目が気にならない」となると少々問題かもしれませんが…

「無駄に人の目が気になる」のなら、それは無駄。

早めに消してしまった方がラクですよね。

 

先述しましたが…

人の行動のほとんどは、「愛」「恐れ」から出てきます。

 

「悪評化への恐れ」が消えるだけでも、気分がぜんぜん違います。

温かで穏やかな心で過ごせるはずです。

 

今回の内容はちょっと難しくて、うまく伝えられたかどうか分かりませんが…

もしも「あっ、私の事かも」と思われた方は、繰り返し読むことをおすすめします。

 

心のモヤモヤが、だんだんハッキリしてくると思いますよ。

 

以上、「人の目が気になる」優しい人が陥りやすい罠と改善方法でした。

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 


(ツキを呼ぶ名言・更新情報など、つぶやいています)

フェイスブック はじめました

 

スポンサーリンク

-

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2017 All Rights Reserved.