【心配性の原因と改善】スプラリミナル知覚とは

投稿日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。


 

 

「娘の乗った飛行機は大丈夫かしら?」

「友達からメールの返信が来ないけど、私、嫌われてるのかしら?」

何事も、悪いほうへ悪いほうへと考えてしまう心配性。

心配性

 

「考えても仕方がない」とはわかっていても、つい考えてしまうんですよね。

ぼくも、昔はそうでした汗。

 

というわけで今回は、心配性の原因「スプラリミナル知覚」についてお伝えしていきます。

原因がわかれば、同時に改善法もわかりますよ。

 

スポンサーリンク

 

心配性の原因「スプラリミナル知覚」とは

 

スプラリミナル知覚は、難しそうな言葉ですが、実は超簡単。

誰もが、すでに知っていることです。

 

例えば、ラーメンのテレビをみたら…

次の日、無性にラーメンが食べたくなったりしますよね。

あれです。

ラーメン

 

見聞きした情報は、行動に影響を与える

これがスプラリミナル知覚。当たり前のことですね。

 

このスプラリミナル知覚が、心配性の最大の原因。

「なんで?」と思ってしまいますが、これまたすごく簡単な理由です↓

 

 

スプラリミナル知覚で、どんどん心配性に!

ここ重要です

 

突然ですが…

アメリカで生まれて、アメリカで育てば、アメリカ人みたいな考え方や感性になります。

日本で生まれて、日本で育てば、日本人みたいな考え方や感性になります。

 

また、アメリカで育った人が 日本で暮らすようになると、だんだん日本人みたいな考え方や感性になります。

性格

 

どういうことかと言うと…

情報によって、その人の性格が変わってくるということ。

 

性格=「生まれながらの気質」プラス「心に入った情報」

 

つまり、心に入った情報で、その人の考え方はガラッと変わるのです。

 

ということは…

 

心配性の人の心のなかに、どんな情報が入っているのか?

もう、だいたい分かりますよね!

 

 

心配性の原因は、ネガティブな情報の詰め込みすぎ!

 

心配性になってしまう一番の原因。

それは、ネガティブな情報の詰め込みすぎ

 

たとえば次の2人、「心配になる」のはどちらでしょうか?

太郎さん:飛行機が墜落するニュースをみた

花子さん:機内での豪華料理をテレビでみた

男女

 

答えは言うまでもないですね。

ネガティブな情報を知れば知るほど、人は心配性になっていくのです。

 

 

心のなかで、一体なにが起きているのか?

 

心のなかには「潜在意識」という情報の倉庫があります。

潜在意識

 

たとえば、ガンの番組を観たとする。

すると、番組のことはすっかり忘れてしまったとしても、「ガンは怖い」というイメージだけは潜在意識に残ってしまいます

ネガティブな情報

 

1日3個のネガティブな情報が入れば、1年で1000個以上。

心の中は、ネガティブなイメージで一杯!

心配性の人の心

これが、心配性の心の状態。

 

こうなると、何事も悪いほうへ悪いほうへと考えてしまいます。

「最近忘れっぽいけど、若年性アルツハイマーかしら?」と。

 

ネガティブな情報が、勝手に意識に上ってきてしまうのです。

 

ちなみに子どもたちは、あまり心配しないですよね。

単に、ネガティブな情報が少ないからです。

 

そういう意味では、昔の人も心はとても健康。

テレビもネットもありませんからね。

 

「最近忘れっぽいなぁ。おれも歳をとったなぁ」で終わり。

ぜんぜん心配にならない。

心配にならない

 

ちなみに、健康な心はこんな感じ↓

健康な心

ポジティブな情報がいっぱいで、ネガティブな情報がすこし。

この状態にもっていくことが、心配性の改善にいちばん大切なことです。

 

では、どうすれば健康な心を取り戻せるのでしょうか?

 

 

心配性の改善法

 

心配性の改善でいちばん大切なことは、ネガティブなスプラリミナル知覚を減らすこと。

簡単にいえば、「暗い情報は見聞きしない」ということです。

 

ネガティブな情報の代表選手は、3つ。

簡単にご紹介させていただきます。

 

 

①暗いテレビ番組は、自分に必要なもの以外見ない

 

ニュースやワイドショーなど情報番組の約8割は、事件・事故・病気・トラブル・詐欺・不正などの情報なのだとか。

テレビ

ネガティブな情報の宝庫ですね。

 

しかもテレビは、目と耳から同時に情報が入ってくるので、スプラリミナル効果倍増です。

 

ですので、心配性の人は、そのような番組を極力控えたほうがいい。

・自分に必要なニュースだけみる

・「この番組暗いな」と感じたらチャンネルを変える

 

情報量が少なくなると「さみしいな」という気持ちになると思いますが、1か月もすれば慣れてきます。

安心してください。

 

もちろん、「テレビが全部ダメ」ということではないですよ。

明るい番組はどんどん楽しんでくださいね。

 

あと、週刊誌やスポーツ新聞などの「ドロドロとした記事」もやめたほういいですね。

興味本位で読みたくなりますが、人間不信や社会不安の原因になる可能性があります。

 

 

②ネットも明るい情報だけみる

 

ネットは、あからさまに他人を攻撃するものや誹謗中傷がかなり多いですね。

スマホ

 

ああいうのを読んでしまうと、世の中に対して漠然とした不安が出てきてしまいます。

「SNSで発言するのが怖い」とか、「街で道をたずねるのが怖い」とか。

 

そうならないためにも、「明るい情報だけみる」と決めておいた方がいいですね。

 

 

③悪口・陰口・噂話

 

あなたの周りに「悪口の多い人」がいませんか?

悪口

これは、かなり危険です!

 

悪口ばかり聞いていると、今度は「自分が言われてるんじゃないかしら?」と心配になってきます。

 

たとえば、メールの返信が来ないだけで…

「私、嫌われてるのかしら?」「みんなで私の陰口をいってるんじゃないかしら?」と臆病になります。

 

そうならないためにも、悪口・陰口の多い人とは距離をおくことが大事。

逆に、褒め上手な人と付き合うと、だんだん自信がでてくるものですよ。

 

 

まとめ

心配性の主な原因は、ネガティブなスプラリミナル知覚。

 

そして、心配性を改善するのに一番大切なことは、「暗い情報は できるだけ見ない聞かない」ことです。

 

体に取りいれる栄養とおなじように、心に取りいれる情報も自己管理する。

「毒は入れない」ということですね。

 

それを続けることで、健康な心を取り戻していく。

健康な心

 

それが、今回ご紹介しました心配性の改善法です。

 

「わたし、心配性で困ってるの」という方は、ぜひぜひ実践してみてくださいね。

 

 

☆☆☆

以上、【心配性の原因と改善】スプラリミナル知覚とは、でした。

 

●こんな記事もありますよ

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 

☆ラッキーのTwitter☆


★読むだけでみるみる幸運になる「ラッキー語録」も、TwitterとFacebookで無料公開中!


フェイスブック はじめました



この記事が役立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してね。

-
-,

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2018 All Rights Reserved.