【やりたい仕事がわからない…】将来やりたいことを見つける方法

更新日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

義母がスギちゃんに憧れ、自分でジーパンを切りました。こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。

将来やりたいことを見つける方法

「将来、何をしたいのかわからない…」

「興味を持てる仕事が見つからない…」

やりたい仕事がわからない人

そんな悩みを抱えている方も少なくないと思います。

 

今回は『将来やりたいことを見つける方法』をご紹介いたします。

スポンサーリンク

 

将来やりたいことを探す基準は?

意外かもしれませんが…

『将来やりたいこと』を探すときに、

『今現在やりたいこと』を基準に考えると上手くいきません。

 

なぜなら…

『若い頃にやりたいこと』『年をとってもやりたいこと』は全然違うからです。

若い頃にやりたい仕事年をとってもやりたい仕事

 

たとえば、

「車の運転が好きだから、トラックの運転手になりたい!」と思っても、

「トラックの運転が、年をとってからも楽しい仕事なのか?」

と、疑問が湧いてきてしまいます。

好きとやりたいことは違う

 

なので、

『今やりたいこと』をいくら考えても…

それが『一生、楽しく続けられる仕事』につながるとは限りません。

『やりたいこと』は年齢とともに変化していくのです。

 

また、

「こっちのほうが収入がいい」

「大会社だからいい」

というレベルで就職先を選んでしまったら、「やりたい仕事」には到底ありつけないでしょう。

 

では、何を基準に「やりたいこと」を探せばいいのでしょうか?

 

『気質』を基準にする

『将来やりたいこと』を探すとき、

自分の気質を基準にするのがベスト。

将来やりたいことを探す

 

気質とは…

「おっとりしてるけど頑固」とか、

「音楽好きで、1人が苦手」など。

 

個人の性格の基礎であり、

一生 変わらないものが気質です。

 

自分の気質に合った仕事こそ『一生、楽しく続けられる仕事』。

 

自分の気質を知ることで…

『将来やりたいこと』や『自分に合った仕事』が見えてきます。

 

「気質に合った仕事」に就くことができれば…

「子どもが一心不乱にカブトムシを獲るとき」のような感覚で、仕事を楽しめる。

自分の持っている能力を100パーセント生かすこともできるでしょう。

 

自分の気質がわかる2つの方法

 『自分の気質』をしっかりと把握できている人は、意外と少ないものです。

次に、自分の気質がわかる2つの方法をご紹介します。

やりたくない事を書き出す

『やりたいこと』ではなく、『やりたくないこと』を紙に書き出してみる。

 

とことん書き出して、『やりたくないことリスト』を作ります。

やりたくない事を書き出す

 

『やりたくないこと』を明確にすることで…

自分の『気質』が浮かび上がり、

『将来やりたいこと』が見えてきます。

将来やりたいことがわかる

 

たとえば、

  • 賑やかなのが苦手
  • 立ち仕事はイヤ
  • お世辞は言えない

というのがリストにあがれば…

『客商売は向かない』ということになります。

 

このように、

自分の気質に合わないことが分かれば、『やりたいこと』が絞り込まれていきます。

幼少期の過ごし方を、親に聞く

幼少期に、自分がどのような過ごし方をしていたかを親に聞けば、

『自分の気質』を知ることができます。

幼少期の過ごし方を親に聞く

 

『いつも部屋の隅で、積み木で遊んでた』

積み木で遊ぶ子供

『リーダー格で、いつも仲間を引き連れてた』

リーダー格の子供

というような「幼少期の情報」を、親や祖父母からいろいろと聞き出してみる。

 

幼少期は自由気ままで、気質に沿った行動をします。

なので、

『幼少期の行動』≒『自分がやりたいこと』

 

つまり、

幼少期の行動に似た仕事なら『楽しく続けられる』のです。

自分の気質が分かってきたら…

次は、書籍で『将来やりたいこと』を見つけていきます↓

 

職業を知ることが先決

人の生きかたや職業は、何百万通りもあります。

 

それらを知らなければ…

どれだけ真剣に『将来やりたいこと』を考えてみても、結論は出てきません。

将来やりたいことがわからない人

 

まずは、「職業」や「生きかた」を知ることが先決。

それを知るには、書籍が一番です。

職業の本

 

たとえば、こちら。

 

さまざまな職業がわかりやすく収められています。

気質に合う仕事をピックアップするには、最適な一冊です。

 

こちらも、おすすめの一冊。

 

涙が出るほど素晴らしい会社が、いくつも紹介してあります。

『こんな会社で働きたい!』

『これぞ やりがいだ!』

と思わせてくれる名著。

 

以前僕は、この本に紹介されている会社を訪問したのですが、

もうビックリ!!

会社の素晴らしさにびっくりする僕

想像以上に素晴らしくて、その会社に惚れるほど。

「ここで働いている人は、さぞかし幸せなんだろうなぁ」と、うらやましく感じました。

 

職業や生きかたに関する書籍は、探せばいくらでも出てきます。

自分の気質が見えてきたら、本から『将来やりたいこと』を探しましょう。

 

まとめ

厳密にいうと…

仕事とは『作業』の連続です。

 

なので、

自分の気質に合わない仕事は、楽しめないし、長続きもしない。

 

一方、自分の気質に合っていれば…

それだけで楽しいし、一生打ち込める仕事となります。

 

間違った仕事選びを避けるためには『自分の気質』を知ることが とても重要。

 

①やりたくない事を書き出す

②幼少期の過ごし方を、親に聞く

そして、自分の気質がわかったら、次は本で職業をピックアップ。

 

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが…

一生を左右するほど大切な作業ですので、ぜひ一度お試しください。

 

きっと、未来に希望の光が見えてくると思いますよ。

 

●こんな記事もありますよ●

本当にやりたいことを見つける3つの質問 本当にやりたいことを見つける
3つの質問

 

以上、『【やりたい仕事がわからない…】将来やりたいことを見つける方法』でした。

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 


(ツキを呼ぶ名言・更新情報など、つぶやいています)

フェイスブック はじめました

 

スポンサーリンク

-成功法則

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2017 All Rights Reserved.