【簡単&効果バツグン!】子供の上手な叱り方

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

サッポロポテト・バーベQ味って、美味しいですね!いったい何の味ですか?こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。


 

vol.0055

本を読んでも、ネットを見ても、

20150320hon

一般的な、子供の上手な叱り方は…

『理由を説明して叱る』

『子どもと同じ目線で叱る』

『愛情を持って叱る』

『傷つけない言葉を選ぶ』

『罪を叱っても、人格は否定しない』

など。

 

でも、こういった冷静な叱り方は、

いざやってみると、とても難しい!

ただでさえ、イラっとしていますから…。

20150320ira

 

『一般的な上手な叱り方』をできる人って、きっと少ないと思います。

 

そこで今回は、『簡単&効果バツグン!上手な叱り方』について、お話させていただきます。

スポンサーリンク

「叱らずに叱る」方法

 

今回ご紹介します『上手な叱り方』は、

正確に言うと…

叱りません。

 

子どもが、自ら反省してくれます。 

20150320gomen

 

叱るという行為は、『反省をうながす』のが目的。

だから、

子どもが自ら反省してくれるのなら、叱る必要がないのです。

20150320hansei

 

では、どうやったら子どもに反省をうながすことができるのでしょうか。

 

と、その前に…

1つだけ、知っておいて頂きたいことがあります。

 

『怒り』と『もう1つの感情』

 

親が叱るときって、たいがいは『怒ってる』

20150320ira

イライラ、ムカムカしてると思います。

 

この『怒る』という感情の裏には、

『もう1つの感情』が必ず存在します。

 

20150320tobidasi

子どもが飛び出して、車に引かれそうになる

不安(←もう1つの感情)

怒る

 

20150320mongen

子どもが、なかなか帰ってこない

心配(←もう1つの感情)

怒る

 

『もう1つの感情』は、ほとんどの場合…

『不安・悔しさ・寂しさ・悲しさ』

 

この『もう1つの感情』が原因で、

次に『怒り』が発生するのです。

 

『不安・悔しさ・寂しさ・悲しさ』 が本当の感情で、

『怒り』二次的な感情なのです。

20150320fuan20150320ikari

 

怒り以外の感情を、子どもにぶつける

 

話を戻しますが、

子どもに反省をうながす方法は…

 

この『もう1つの感情』を、子どもにぶつける。

 

『怒り以外』の感情を、子どもに伝えるのです。

 

たとえば…

●子どもの帰りが遅かった場合

「どこ行ってたのー!も~~心配したんだから!本当につらかったんだからね!!」

プリント

という感じで、

心配した」「つらかったという感情を、そのまま子どもにぶつける。

 

●子どもが飛び出して、車に引かれそうになった場合

「もー、驚かせないで!太郎が車に引かれちゃったら、ママ悲しいよ!寂しいよ!もう、これはらは飛び出さないでね!」

20150320naku

という感じで、

驚いた」「悲しいという正直な想いを、そのまま子どもにぶつける。

 

このように、

心で感じたこと(怒り以外)を

そのまま正直に、感情を込めて子どもに伝える。

 

すると、不思議なことに、

子どもは自ら反省してくれるのです。

 

なぜ、子どもが反省するのか?

 

なぜ、親の『心配した・つらかった・悲しい・寂しい』という感情を伝えると、子どもが反省するのでしょうか。

 

その理由は…

『親を泣かせるようなことはしたくない』

『親の悲しむ姿は見たくない』

という本能が、どんな子どもにも備わっているからです。

 

子どもは、

『親の喜ぶ顔』が大好きだけど、

20150320oya

『親の悲しむ顔』は、決して見たくないもの。

20150320oya2

 

だから、

『心配した・つらかった・悲しい・寂しい』という親の想いを伝えることで…

 

「あ~、なんか悪いことしちゃったな~。こんなに気にかけてくれてるのに、裏切っちゃったな~」

20150320hansei2

と、自ら反省してくれる。

 

その子の、「母親を悲しませたくない」というスイッチがONになり、行動が改まるのです。

 

また、一般的な叱り方は、

理屈で子どもの左脳を刺激しますが、

感情は右脳を刺激します

 

つまり、心に突き刺さる。

20150320kokoro

だから、効くのです!

長~く効くのです。

「改めなくちゃ」という気持ちを、引き出すことができるのです。

20150320hansei2

 

子供には、理屈で教えるよりも、

『情的に感じ取らせる』ほうが、はるかに効果的なのです。

 

 『叱る』は、なるべく避ける

 

「怒るよりも、叱るほうが良い」と、ときどき耳にします。

確かに、その通りです。

 

でも実は、

『叱る』ことも、できるだけ避けたほうがいい。

 

なぜなら、

子どもは、『親が、自分のためを思って叱っている』ということが分からないからです。

20150320sikaru

親は『罪を叱った』つもりでも…

子どもは『人格を否定』された気持ちになってしまうのです。

 

自分が子どもの頃のことを思い出せば、わかると思います。

叱られて、「やる気が出てきた!」なんてことは、無かったはず。

 

子どもは叱られると、

頑張ろうと思うより、単純に凹んでしまう

 

そして、そんなことが重なると…

子どもは、心が萎縮したり、反発するようになってしまいます。

 

今回ご紹介しました方法を使えば…

叱る回数をかなり減らせるし、親の愛情も伝わるはずです。

 

ちなみに、

「なかなか勉強しない」

「片づけができない」

というような場合に叱るのも、NG

 

いくら小言をいっても、その場限り。

子どもは、いつまでも変わりません。

Ž¶‚é•êe

 

子どもを、理想通りに動かしたい場合は、褒めるのが正解です。

詳しくは、こちらの記事で
↓↓↓
vol.0012
【子供のやる気を引き出す方法】
効果的な子供の褒め方

 

「子供の上手な叱り方」まとめ

 

今回ご紹介しました『上手な叱り方』は、

『叱らなくて済む』だけでなく…

  • 親の愛情を感じる
  • 人の気持ちが分かるようになる
  • 自ら反省するので、同じ過ちを繰り返さなくなる

など、嬉しい副産物もたくさんあります。

 

しかも、理屈で責める『一般的な叱り方』より、ずっと簡単!

ぜひ一度お試しください!

 

以上、『【簡単&効果バツグン!】子供の上手な叱り方』でした。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!
(心理カウンセラー・ラッキー)

スポンサーリンク