「イヤな人」との上手な接し方・3選

心理カウンセラー・ラッキー
YouTube Twitter Facebook

この記事でお伝えしたいこと

  1. 「イヤな人」との上手な接し方・3選
  2. イヤな人を味方にする方法

 

  • すぐに怒鳴る上司やお客さん
  • 意地悪な友だちや同僚
  • イヤミばかり言うご近所さん
嫌な人

 

みなさんの周りにもいますよね。

「この人、性格が悪いな~」と感じる、いわゆる「嫌なヤツ」

 

そんな人のために「心を悩ませ不眠症になる」くらい、悔しいことはありません。

不眠症

 

では、「イヤな人と、どう付き合うのがベストなのか?」というと…

嫌な人とは距離をおく

嫌な人とは距離を置く

 

ですが…

社会人になると、そういうわけにはいかないケースが多いと思います。

 

そして、一番いけないのが…

言い争い

言い争い

 

相手は決して「自分が悪いことをしている」とは思っていなくて、むしろ「良いことをしている」と思っています。

正義

 

ですので、なにを言っても相手は変わらないし、たとえ言い争いに勝ったとしても、うらみを買うのがオチ。

 

では、どうしたらいいのか?

考え方を切り替える

 

ほんのちょっと考え方を変えるだけで、ストレスをうんと減らせます。

「嫌な人にそれほど腹が立たない」

「嫌な人が気にならなくなる」

というわけです。

嫌な人が気にならない

 

そのための方法が、今回ご紹介します、こちら↓

①初級編
「イヤな人」の心の正体を知る

②中級編
「上から目線」より「神様目線

③上級編
のれんに腕押し」戦法

 

それと、もう一つおまけで…

「嫌な人」を味方に変えるヒントを最後にお伝えいたします。

 

 

嫌な人との賢い接し方

①初級編:「イヤな人」の心の正体を知る

「性格の悪い人は、なぜ人の嫌がることを平気でするのか?」

その理由がわかると、相手を違う目で見ることができます。ずいぶん気分が楽になります。

嫌なことをする理由

 

  • イヤミなことを言う人
  • 必要以上に大きな声で怒鳴る人
  • 人の欠点ばかり探している人

このような人の「心の底」に横たわっているもの。

心の底

 

その正体は…

劣等感

 

心の奥に「劣等感」を隠して生きている人は…

●人の足を引っぱってでも、相対的に自分が上に立ちたい

人の足を引っ張る

●他人をおとしめることで、少しでも自分を上だと思いたい

他人を貶める

そんな心理が、自動的に働いてしまう。

 

心理学ではこれを「引き下げの心理」といいます。

 

そのため…

  • 嫌みなことを言う
  • やたら自慢する
  • チャンスがあったら必要以上に大声で怒鳴る
  • 人をけなす
  • せせら笑う
愛のない行動

そんな「愛のない行動」が無意識のうちに行われてしまう。

 

簡単にいえば、常に「怖れ」ているということ。

「弱みを見せてはならない」

「ナメられてはいけない」

常に怖れている

 

「弱い犬ほどよく吠える」のと同じで、本当は自分に自信がない。心に余裕がないのです。

吠える

 

このような心のメカニズムをわかっていれば、「まったく違う目」で相手を見ることができますよね。

「この人は劣等感が強いんだ」

「強そうにしてるけど、心の底では怖れてるんだ」

違う目で見る

 

そんな正しい見方をすることで、相手に対する怒りを50%offにすることも可能になるとと思いますよ。

怒りがへる

 

②中級編:「上から目線」より「神様目線

嫌な性格の人に会ったときに…

「あいつ最低だなぁ」

「あの言いかたは無いだろ」

などと、「上から目線で相手をみる」と腹が立ってきます

性格の悪い人

 

そうではなくて、もっと上から見る。

「ちょっと上から」ではなく、「はるか雲の上」から相手を見るのです。

雲の上

 

心理学でこれを「メタ認知」といいますが、そうすることで、見え方がまるっきり違ってくる。

 

「あれでは、どこに行っても嫌われちゃうんだろうなぁ」

「あの性格で生きていくのは大変だろうな」

「自分はあんな性格に生まれてこなくて、よかった」

 

神様目線になって相手を見ることで、哀れみの気持ちが湧いてくる。

「かわいそうな人だなぁ」

「気の毒に」

 

仏教ではこれを「慈悲」といいますが、哀れみの気持ちで相手を見ると、不思議なもので それほど腹は立たない。

これでまた、怒り50%offになるというわけです。

怒り50%off

 

③上級編:「のれんに腕押し」戦法

たとえば、「君はのろまだな」「その服、忍者みたいだね」と嫌味を言われたときに…

「もう!なによ」「失礼な!」と、それを「否定」すると、ますます腹が立ってきます。

否定する

 

腹が立つだけではなく…

こちらが「ムスっとした態度」を見せると、相手は面白がって、ますますイジってきたりします。

イジってくる

 

●否定するから、腹が立つ

●否定するから、ますます相手が調子に乗る

 

では、どうすればいいのか?

 

「否定」ではなく、「肯定」したらいいんです。

 

「君はのろまだな」と嫌味をいわれたら…

「そうなんですよ。遺伝みたいで自分でも困ってるんです」と、涼しい顔で肯定しちゃう。

涼しい顔

 

「その服、忍者みたいだね」と言われたら…

「拙者、伊賀流でござる」とかね。

肯定する

 

相手の言葉を真に受けない

「相手にしない」ということですね。

 

このように、あっさり肯定して受け流してしまえば、腹は立たない。

だけではなくて、相手は「のれんに腕押し」で拍子抜けしてしまう。何も言えなくなってしまうのです。

暖簾に腕押し

 

これが「のれんに腕押し」戦法。

 

ぼくが、こののブログを始めて5年くらいになるのですが…

はじめた当初は、「何かの宗教ですか~?」などと、嫌がらせみたいなコメントが来たりしたんです。

コメント

 

そんな時は、あっさり「はい、そうですよ~」と肯定しちゃう。

返信

そうすると、相手はなにも言ってこなくなるし、こちらの胸もスッとするんです。

 

不思議なもので、悪い評価は「否定」するよりも、「肯定」してしまった方がよっぽど気分がいい。

 

それと同時に、会社や学校であれば、周りの人に対して「自分の器の大きさや心の余裕」を、さりげなくアピールすることもできますからね。

いい事ずくめ、なんです。

 

嫌な人を、自分の味方に変える法

嫌な人を、自分の味方に変える。

その方法がないわけでも、ないんです。

 

では、どうすればいいのか?

雑談の量をふやす

雑談

 

親密度は、雑談の量に比例します

そして雑談とは、「必要な話」ではなくて「どうでもいい話」。

 

 

「新発売のハーゲンダッツ、食べた?」

「駅前の新しいラーメン屋さんに行った?」

「お子さんが受験生なんだ。大変な時期ですね」

どうでもいい話

 

雑談をふやすと、相手との共通点が見つかったり、お互いの苦労が見えてきたり。

自然と親密度が上がっていく。

親密度が上がる

 

そして、親密度が上がってくると、なかなか冷たい態度は取れなくなるものです。

冷たくできない

 

心理学ではこれを「単純接触効果」といいます。

 

相手が「自分に対して冷たい」のなら、もしかしたら「雑談の量が少ない」ことが原因かもしれませんのでね。

意識して「雑談の量」を増やしていくと、雰囲気がガラッと変わってくるかもしれませんよ。

 

まとめ

「嫌な人をなんとかしたい!」と思うこともありますが…

嫌な人をなんとかしたい!

それに対して、あの天才アインシュタインはこう言っています。

「人間の邪悪な心を変えるより、プルトニウムの性質を変える方がやさしい」

アインシュタイン

 

アインシュタインが言うように、他人の性格を変えることは、まず不可能。

人間は、自分の性格を変えることすら難しいですからね。

 

他人を変えようとすることは、無駄な努力、時間の無駄。

それよりも、今回ご紹介しました方法を使って、自分の考え方をちょこっと変えてみる。

 

自分の「考え方」や「受け止め方」をちょこっと変えてみて、今よりもっとストレスの少ない毎日。楽しくて清々しい毎日を手に入れてくださいね。

 

 

☆☆☆

以上、「イヤな人」との上手な接し方、でした。

 

●こんな記事もありますよ

「善人は損をする」は本当?コンピュータが出した驚きの結論とは

「善人は損をする」は本当?コンピュータが出した驚きの結論とは

2018年10月20日

著者:心理カウンセラー・ラッキー

★YouTube 始めました★

きっと役立つ知恵をお届けします

☆ラッキーのTwitter☆


★読むだけでみるみる幸運になる「ラッキー語録」も、TwitterとFacebookで無料公開中!

「イヤな人」との上手な接し方・3選