人に気を使いすぎる性格の改善法

投稿日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。


 

 

「他人に気を使いすぎてしまう」

「周りに合わせすぎてしまう」

「きっぱり断れない」

そして、一日が終わるころには「もうグッタリ」。

気を使いすぎてしまう人

 

そんな方へ、気を使いすぎる性格の改善法をご紹介させていただきます。

やり方は簡単ですよ。

 

スポンサーリンク

 

気を使いすぎる性格は『過剰適応』

 

●飲みに誘われて、断ることができずに毎回お付き合いしてしまう

断れない人

 

●本当はラーメンを食べたいのに、つい「なんでもいいよ」と言ってしまう

牛丼

 

●スーパーで試食をすすめられて、「申し訳ないから」とつい買ってしまう

試食

 

このような状態を「過剰適応」といいます。

 

社会に適応することは「大人になる」ということ。

それは大切なことなのですが、過剰なほどに適応してしまっている状態。

 

それが、過剰適応。

 

「社会適応能力が行き過ぎてしまっている」ということです。

 

例えるなら、F1マシンで公道を走るようなもの。

F1

もう少し性能を落としたほうが、生活しやすくなるわけです。

 

 

過剰適応になると…

 

過剰適応の状態で生活していると、困ったことがたくさん起きてきます。

・すぐに疲れる

・自分の意見を言えない

・相手の印象に残らない

・ズルい人に利用されてしまう

・深い人間関係ができない

・すぐに不安になる

 

これらを一言でいうと…

「他人のために、自分の人生を犠牲にしている」ということ。

 

もったいないですよね!

たった1度の人生を、自分を犠牲にして生きるなんて、それこそ人生の無駄遣いです。親が泣きます。

 

 

気を使いすぎてしまう原因

 

では、なぜ過剰適応の人は、すぐに気を使いすぎてしまうのか?

原因は何なのでしょうか?

 

それは…

自分のことを尊重できていないから。

 

自分  他人

過剰適応の人は、自分を尊重できていない分、つい他人を優先してしまう。

 

ちなみに、「ずうずうしい人」はというと、この反対。

 

自分 他人

他人を尊重できていないから、つい自分を優先してしまうわけです。

 

つまり、理想的なのは…

他人を尊重するのと同じくらい、自分を尊重する状態。

理想的な人間関係

これが理想の形。健全な心の状態です。

 

では、理想の状態にもっていくには、どうしたらいいのでしょうか?

 

本来は、今よりちょっとワガママに生きれば、それでいいんです。

「悪いけど、ちょっと手伝って」

「先輩、それは無理ですよ」と。

断る

 

でも、それがなかなか難しいんですよね。

 

というわけで、とっておきの方法をご紹介させていただきます。

 

 

簡単!気を使いすぎる性格の改善法

 

過剰適応の人は、きっと今まで、こう考えてきたことが多いと思います↓

「悪いから…」

「申し訳ないから…」

 

「お誘いを断るのは、なんだか悪いから」

「忙しい店員さんに尋ねるのは、申し訳ないから」

店員

 

この「悪いから」「申し訳ないから」というのを、ちょっとだけ変えてみる↓

「悪いけど

「申し訳ないけど

 

「悪いけど」「申し訳ないけど」を意識的につかって、自己主張することに少しずつ慣れていくわけです。

 

●飲みに誘われても…

申し訳ないけど、体調が悪いから今日は帰ります」

 

●忙しい店員さんには悪いけど

「風邪薬はどこですか?」

 

●自分が忙しいときは…

悪いけど、手伝ってもらえる?」

 

●先輩に無茶を言われても…

「申し訳ないですが、それは無理ですよ」

 

このように、「悪いけど」「申し訳ないけど」を意識してつかって、自己主張することに慣れていく。

「自分を大切にする」ことに慣れていく、ということですね。

 

 

自己主張はワガママではない!

 

「自分を大切にする」とか「自己主張」と聞いて…

「それってワガママじゃないの?」と感じた方もいらっしゃると思います。

 

安心してください!

ワガママではありません。

 

自分の気持ちを大切にすることです。

 

「人を大切にしましょう」とよく言いますが、そのの中には「自分」も含まれています。

 

他人を大切にするのと同じくらい、自分も大切にしなければならない、ということ。

 

そのバランスがうまく取れたときに…

自分と他人を同じくらいのレベルで尊重できる。理想の人間関係になる。

理想的な人間関係

 

そのときにはじめて「過剰適応」が消えていき、健全な心の状態に戻ることができるのです。

 

 

過剰適応が消えると、いい事づくめ!

 

過剰適応が消えていくと、良いことが盛りだくさんです。

・一日の疲れが軽減する

・自己主張できるようになる

・他人に利用されなくなる

・深い人間関係ができる

・精神的にも肉体的にも自由になれる

 

一日一日が変わることで、人生全体がガラッと変わってきますからね。

きっと、楽しい努力になると思いますよ。

 

 

まとめ

 

今回ご紹介しました方法は「スキーマ療法」って呼んだりするんですけど…

難しい話は抜きにして、結局やる事は簡単!

「悪いから・申し訳ないから」という気持ちを捨てて

↓↓↓

「悪いけど・申し訳ないけどを意識して使うようにする。

少しずつ自己主張することに慣れていく。

 

「お店で商品の場所を尋ねる」「人に道を尋ねる」といった簡単なことから始めていき、少しずつステップアップしていくのがいいと思いますよ。

 

 

☆☆☆

以上、人に気を使いすぎる性格の改善法でした。

 

●こんな記事もありますよ

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 

YouTube 始めました

★YouTube 始めました★
ラッキーのYouTube
(きっと役立つ知恵をお届けします)

☆ラッキーのTwitter☆


★読むだけでみるみる幸運になる「ラッキー語録」も、TwitterとFacebookで無料公開中!


フェイスブック はじめました



この記事が役立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してね。

-人間関係
-,

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2018 All Rights Reserved.