【仕事のやりがい】今の仕事を好きになるコツ

更新日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

親指を見つめていたら、ダルマに見えてきました。こんにちは!心理カウンセラー・ラッキーです。


 

「仕事にやりがいを感じない…」

「もっと人の役に立つ仕事がしたい」

だから…

「転職しようかなぁ」

仕事にやりがいを感じなくて転職を考えている人

 

ちょっと待ってください!

ストップ

 

仕事のやりがいは『職種』で決まるわけではありません。

大切なのは『考え方』です。

 

今回は、どんな仕事でも「やりがい」を感じられるコツについてお話させていただきます。

 

今の仕事を好きになるコツ

「仕事のやりがい」って、むちゃくちゃ大切です!

 

人生の時間のほとんどは、仕事に費やされます。

もしもあなたが「ガマンと引き替えに給料をもらうのが仕事」と考えていたら、人生が灰色になってしまう。

我慢して仕事をしている人

 

では、どうしたら「仕事にやりがいを持つ」ことができるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

仕事にやりがいを感じるコツ

「仕事にやりがいを感じる」ための、とても分かりやすい実話があります。

 

松下電器創業者の松下幸之助さんが、やる気のない工員の気持ちを一瞬で変えたお話です↓

幸之助さんが松下電器を創業して間もない頃…

出荷前の電球を、つまらなそうに磨いている工員を見つけました。

電球電球2仕事がつまらない工員

 

幸之助さんは、彼に話しかけます。

「君の仕事はええ仕事やなぁ」

笑顔の松下幸之助

 

すると工員は…

「どこが『ええ仕事』だ!電球を磨いているだけじゃないか」とでも言いたそうな顔をして、ふて腐れています。

ふて腐れる工員

 

そこで幸之助さんは、彼に対して素晴らしいアドバイスをしました↓

君の電球はな、どこで光るかあんた知ってるか?

たとえば子どもたちがな、絵本を読んでいたとする。外が暗くなると、家の中はもっと暗くなるわ。

そしたらどんな物語も途中で絵本を閉じなあかん。

でも、あんたの電球1個あるだけで、子どもたちのドラマは続行や。

あんたは電球を磨いてるのやないで。

子どもたちの夢を磨いているのんや。

子供たちの笑い声が聞こえんか?

モノづくりはモノつくったらあかん。モノの先にある笑顔を想像できなかったら、モノをつくったらあかん

 

この話を聞いた工員は…

自分の仕事にやりがいを感じるようになり、それ以来バリバリと仕事をこなすようになりました。

仕事にやりがいを感じるようになった工員

【参考文献】

いい話ですね!

 

きっと、この工員さんは…

その日の帰り道、さまざまな家庭に灯る電球の明かりを眺めながら、ニッコリとほほ笑んだことでしょう。

家庭に灯る電球の明かり

 

その後、この工員さんがどこまで出世したのか?

それは、ご想像にお任せします。

 

すべての仕事が「笑顔をつくる仕事」

高校生や大学生が、

「人の役に立つ仕事がしたい!」と話しているのをときどき耳にします。

人の役に立つ仕事がしたい若者たち

とても素晴らしいことです!

 

しかし、よく考えてみると…

 

すべての仕事が、

「人の役に立つ仕事」

「誰かを笑顔にするための仕事」

なんですね。

 

たとえば、病院の場合…

お医者様や看護師さんは、人の役に立つ仕事であり、患者さんを笑顔にする仕事です。

人の役に立つ医者と看護師

 

しかし…

そこへお薬や器具を納品する会社だって「患者さんを笑顔にするお仕事」のはず。

お薬や器具

 

それから、

  • その薬の研究者も
  • それを梱包する人も
  • それを運ぶ運送屋さんも
  • 病院を建てた建築屋さんも
  • 受付の人も
  • 駐車場のガードマンも
  • トイレ掃除のおばさんも

すべてが、患者さんを笑顔にするお仕事。

トイレ掃除のおばさん

 

どれ一つ欠けても「患者さん」や「その家族」の笑顔はつくれないのです。

 

自分の仕事の先に…

どんな笑顔が待っているのか?

どんな笑い声が聞こえるのか?

笑顔を想像している人

 

それを、ありありと想像できる人なら、

どんな仕事をやっても「やりがい」を持てるのではないでしょうか。

 

「お客様の笑顔を想像する」のが成功の鍵

ぼく自身も、こんな経験があります↓

車を車検に出している、いつもの整備工場が「手抜き」をしている気がしてとても不安でした。

駄目な修理工場

 

それで、整備工場を変えたんです。

そこは町の小さな車屋さん。

 

「車検が終わりました」と連絡をもらい、車を取りに行くと…

なんと、愛車がピッカピカ!

ピッカピカの愛車

ほんとに綺麗に洗車してくれていました。

 

それで、社長さんに尋ねたんです。

「いつもピカピカに洗車するんですか?」

社長と僕

 

すると、社長さん…

お客さんの笑顔が見たいもん!汚れたままなら渡せないよと。

 

それを聞いて「ここなら安心して任せられるな」と思いました。

安心した僕の笑顔

 

その社長さん、こんなことも話してくれました。

うちはね、お客さんが友達を紹介してくれるんだよ。

そして、その友達がさらに友達を連れてくる。

だから、常連客がどんどん増えていくんだ。ありがたいね~

 

これを聞いて、この小さな車屋さんが繁盛している理由がわかりました。

 

社長も作業員も「お客さんの笑顔」を想像しながら仕事をしているんでしょうね。

仕事にやりがいを感じている作業員

 

お客さんを笑顔にしたいから、いい仕事ができる
↓↓↓
いい仕事をするから、お客様が満足する

だから、自然と繁盛していく。

 

ぼくも、今ではこのお店のファンになってしまいました。

 

仕事のやりがい・まとめ

お客さんの笑顔を想像するから「やりがい」を持てる

↓↓↓

やりがいを感じるから、いい仕事ができる

↓↓↓

いい仕事をするから出世・繁盛する

↓↓↓

出世・繁盛するから、さらに「やりがい」が出てくる

 

仕事の「やりがい」も「成功」も、

すべての出発点は「お客様の笑顔を想像すること」なのかもしれませんね。

 

自分の仕事の先にある「誰かの笑い声」

仕事の先にある家族の笑い声

心の耳を澄ませば、きっとあなたも聞こえてくるはずです。

 

 

以上、『【仕事のやりがい】今の仕事を好きになるコツ』でした。

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 


(ツキを呼ぶ名言・更新情報など、つぶやいています)

フェイスブック はじめました

 

スポンサーリンク

-

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2017 All Rights Reserved.