気楽に生きるために「今すぐやめるべき」こと・4選

心理カウンセラー・ラッキー
YouTube Twitter Facebook

世の中には、「気楽に生きているにもかかわらず、人生がうまくいっている人」もいれば、

反対に、「悩み事が多くて、人生がなかなか上手くいかない人」もいます。

 

両者の違いは、どこにあるのか?

 

性格?才能?自信?運勢?

そうではありません。

 

両者の違いは、境界線が見えているかどうか

 

何の境界線かというと…

「自分で変えられるコト」「自分で変えられないコト」の境界線です。

 

たとえば、病院の待ち時間で…

境界線が見えていない人は、「どうなってるんだ!いつまで待たせるんだ!」とイライラします。

ひどいと、受付の人に文句を言います。

「変えられないコト」にエネルギーを注いでしまうんですね。

 

一方、境界線が見えている人は、「イライラしても文句を言っても、何も変わらない」と分かっているかので、静かに本を読んだり、週末の計画を立てたりします。

 

「明日は遊園地で彼女と初デート。でも、天気予報は曇り時々雨」。

 

こんなときでも、境界線が見えていない人は、「明日大丈夫かな?」と天気予報を何度も繰りかえし確認します。

「明日天気にな~れ♪」と靴を飛ばします。

 

一方、境界線が見えている人は、「願ったところで天気は変わらない」と分かっているから、「雨のためのプランB」を考えます。

ワクワクしながらネットで調べます。

 

で、当日が雨だったとしても、素敵なデートを楽しめます。

彼女も、「私のために、ここまで考えてくれてたんだ♡」と感激します。

 

このように、境界線が見えている人は、「自分で変えられないコト」を一切しない。

「変えられるコト」に、すべてのエネルギーを注ぐ。

 

いわゆる「選択と集中」ができている。

 

だから、余計なことで気を揉むことなく、気楽に生きていける。

だけでなく、人生がより良い方向へ進んでいくわけです。

 

境界線が見えるようになるには?

では、境界線が見えるようになるには、どうしたらいいのか?

 

これは、もうシンプルな話で…

自分で変えられないコト」をやめる

 

やめてしまえば、残るのは自分で変えられるコトだけになりますからね。

エネルギーを無駄に消耗しないで済みます。

 

では、具体的に何をやめたらいいのか?というのが、今回の本題。

 

というわけで今回は、気楽に生きるために「やめるべきこと」4つご紹介させていただきます。

 

この動画を見終わる頃には、境界線がクリアに見えてきて、気楽に、そして清々しく生きていけると思いますよ。

 

 

気楽に生きるために「やめるべきこと」①

気楽に生きるために「やめるべきこと」、その1つ目は、こちら↓

後悔を、やめる

 

後悔には1円の価値もありません。

「あのとき、あんなことを言わなきゃよかった」と過去の自分を責めれば、何となく懺悔した気持ちになりますが、現状は何も変わらない。

 

変わらないどころか、貴重な時間を奪い、心に傷がつき、自信まで失ってしまう最悪の行為です。

 

完璧な人はいません。

誰にでも過ちはあります。

そして、過去は変えられません。

 

大切なのは「今」です。

後悔ではなく、「今自分ができること」をする。

 

たとえば、「口が滑って、相手を怒らせちゃった」というのなら、まずは相手に謝って、「もう、あんなことは言わないぞ」と心に決める。

 

これで、人として1つ成長できます。

それだけで充分です。後悔は必要ありません。

 

プレゼンでミスをして、「もっと練習しておけばよかった」と後悔する必要はありません。

 

「次からはもっと練習しよう」と心に決める。

これだけで充分です。

 

ミスや過ちをおかしたときは、後悔するのではなく、「今自分ができること」をする。

これを自分の習慣にすれば、無駄に心をすり減らすことがなくなる、だけでなく、未来がより良いものに変わっていくと思いますよ。

 

気楽に生きるために「やめるべきこと」②

気楽に生きるために「やめるべきこと」の2つ目は、こちら↓

心配を、やめる

 

心配とは、脳内で「幻の恐怖」をつくり出し、それによって自分自身を苦しめる無益な行為。

 

「心配したおかげで問題が解決しました」ということは、絶対にありません。

心配すればするほど、幻の恐怖は大きくなります。

 

心配は、時間とエネルギーの無駄になるだけでなく、心の平和を奪いシワが増えます。

多大なストレスがかかり寿命が縮みます。親が泣きます。

 

良いことは1つもありません。

 

心配している暇があったら、「今自分ができること」をする。

 

たとえば、「地震が怖い」というのなら、避難袋を用意して、避難場所を家族と決めておく。

やることをやったら、そこから先は神の領域。なるようにしかならない。

 

とはいっても、「私、心配性で、心配したくないのに心配してしまうんです」という方もみえると思います。

 

そんな方におすすめの方法があって…

それは「未来を希望で埋める」こと。

 

「今年中にあの資格を取るぞ」
「副業でガッツリ稼ぐぞ」
「今年こそはハワイに行くぞ」
「夏までに彼氏をつくるぞ」
「今夜はラーメン二郎のマシマシとやらを食べにいくぞ」

 

何でもいいのですが、未来が希望で埋まっていると、心配の入る余地がなくなります。

 

心配事が頭に浮かびにくくなるんです。

 

ですので、心配性の方はもっともっと欲張りになって、「未来はこうするぞ」と希望を抱いてみてください。

それだけで、心配事が減り、毎日の生活も充実してくると思いますよ。

 

気楽に生きるために「やめるべきこと」③

気楽に生きるために「やめるべきこと」の3つ目は、こちら↓

他人の評価を気にするのを、やめる

 

「嫌われてないかな?」
「ダメなやつだと思われてないかな?」
「みんなから、どう思われてるのだろう?」

 

他人からの悪い評価を恐れて生きる。

これほど馬鹿らしいことはありません。

 

なぜなら、他人の評価は人それぞれだからです。

 

「不真面目な人が嫌い」という人もいれば、「真面目なやつが嫌い」という人もいます。

「自信のない人が嫌い」という人もいれば、「自信のあるやつが嫌い」という人もいます。

「陰キャが嫌い」という人もいれば、「陽キャが嫌い」という人もいます。

「笑顔が好き」という人もいれば、「ニコニコしてるやつは嫌い」という人もいます。

 

他人の評価は、相手によってコロコロ変わります。

 

自分がどんなに立派になろうが、どんなに有名なろうが、どんなにお洒落をしようが、それを嫌いケチをつける人が必ず現れる。

 

どんなに頑張っても、他人の評価はコントロールできない。

 

そんな他人の評価をモノサシにしていたら、一生かかっても自信は持てません。自分らしく生きていけません。

 

大切なのは、他人の評価ではなく、自分の評価です。

 

「人を大切にできているだろうか?」

「自分に恥じるようなことをしていないだろうか?」

「清潔感を保てているだろうか?」

「半年前の自分より成長しているだろうか?」

 

自分の評価をモノサシにして生きていると、だんだんだんだん自信がついてきます。

 

自信がつけば、他人の評価は気にならなくなります。

自分らしく生きていけます。

 

他人の評価を気にするのをやめて、自分の評価を気にして生きる。

これを続ければ、毎日をすがすがしく、そして堂々と生きていけると思いますよ。

 

気楽に生きるために「やめるべきこと」④

気楽に生きるために「やめるべきこと」の4つ目は、こちら↓

他力本願を、やめる

 

「会社が悪い」
「部長が悪い」
「親が悪い」
「政治が悪い」
「給料が安い」
「税金が高い」

 

うまくいかない理由を、自分以外のせいにするのは簡単だし、実際にそうかもしれません。

 

でも、どれだけ一生懸命訴えても、外部要因はコントロールできない。

 

時間とエネルギーの無駄遣いになるだけで、生活は一向に良くならない。

だけでなく、常に被害者として生きていかなければならない。

 

これでは、生きづらくなるのは当然ですよね。

 

会社も、社会も、他人も、天気も、コントロールできません。

コントロールできるのは、「自分以外の何か」ではなく、「自分の行動のみ」です。

 

「今の会社が気に入らない」というのなら、転職や独立の計画を具体的に考えてみるのもいいし、そのために資格を取るのでもいい。

 

「給料が安い」と思うのなら、副業・節約・投資術などを研究して、実際にやってみるのもいい。

 

外部要因に期待するのをやめて、自分の行動で人生を切り開いていく。

そのときにはじめて、「自分の人生を、自分でコントロールしている」という感覚になります。

 

「人生は、自分の手で切り開いていくんだ!」と覚悟を決めれば、その瞬間から本当の自由を手にすることができると思いますよ。

 

まとめ

何をしないのかを決めるのは、何をするかを決めるのと同じくらい大事だ

これは、スティーブ・ジョブズの言葉です。

 

「無駄な努力はやめて、実る努力をしようぜ」ということでしょうね。

 

今回の内容も、これと同じで…

「自分で変えられないコト」にエネルギーを注ぐのをやめて、「自分で変えられるコト」にエネルギーを注ぎましょう、というお話。

 

では、具体的に何をやめるのか?というのが、この4つ。

①後悔を、やめる
②心配を、やめる
③他人の評価を気にするのを、やめる
④他力本願を、やめる

この4つは、心身を消耗するだけの無益な努力。

 

これらをキッパリやめて、その代わりに「今自分ができるコト」にエネルギーを注ぐ

これが、「気楽に生きているにもかかわらず、人生がうまくいっている人」の生き方。

 

ぜひみなさんも、この4つをキッパリやめて、気楽で充実した毎日をゲットしてくださいね。

 

 

以上、気楽に生きるために「今すぐやめるべき」こと・4選でした。

●こんな記事もありますよ

【やめれば人生急上昇!】なんか勝手に幸せになる!やめることリスト

著者:心理カウンセラー・ラッキー

★YouTube 始めました★

きっと役立つ知恵をお届けします

☆ラッキーのTwitter☆


★読むだけでみるみる幸運になる「ラッキー語録」も、TwitterとFacebookで無料公開中!