【速読術】大量の本を速く読むテクニック

心理カウンセラー・ラッキー
YouTube Twitter Facebook

この記事でお伝えしたいこと
  1. 2つの速読テクニック
  2. もっと速く読む3つのコツ

 

Facebookに質問をいただきました。

ラッキーさんは一年に数百冊の本を読むそうですが、速読のようなテクニックを使っているのですか?いい方法がありましたら、ぜひ紹介してください。

 

結論からいうと、テクニックを使ってます。

2つの速読テクニックを臨機応変に使い分けて、本を読んでいます。

2つの速読テクニック

 

昔は読むのが遅かった

実はぼく、もともと本を読むのが遅くて…

必死になってモクモクと読書をした時期があるのですが、一年間で80冊。これが限界。

年間80冊

 

多いといえば多いのかもしれませんが…

本を読んでいると、「私は年間200冊読んでいます」という人もいれば、多い人だと「年間700冊読んでいます」という人もいる。

本

 

それがもう、うらやましくて、うらやましくて…。

で、研究したんです。

 

読書術の本をたくさん買ってきて…

ああでもない、こうでもないと試行錯誤した結果、出来あがったのが、今回ご紹介します2つの速読テクニック

試行錯誤

 

どちらも、やり方は簡単です。

あきれるほど簡単です。

 

それでいて、大量に読める

しかも、ほとんど疲れない

 

今では、年間500冊~1000冊くらい読んでいます。

年間500冊から1000冊

 

というわけで今回は…

2つの速読テクニックをご紹介させていただきます。

 

あと、おまけとして、速読をもっと速くする3つのコツも合わせてお伝えします。

 

「もっとたくさん本を読みたい」「疲れず楽に本を読みたい」という方には、きっと役立つ内容になると思いますよ。

 

 

2つの速読テクニック

テクニック① オーディオブックをフル活用する

速読テクニックのまず1つ目は…

オーディオブックをフル活用する

 

「もうすでに使ってるよ」という方もみえると思いますが…

オーディオブックとは耳で聞く本。スマホアプリで再生できます。

オーディオブック

 

代表的なオーディオブックは、2つ。

●AmazonのAudible(オーディブル)

Audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー

 

ぼくは、Audiobook.jpを使っています。

Audiobook.jp

 

オーディオブックのメリット①

オーディオブックの何がいいのか?というと、メリットはたくさんあって…

まずは、スキマ時間で読める

 

通勤中に

通勤

家事の合間に

家事

ウォーキング中に

ウォーキング

ドライブ中に

ドライブ

あと、寝る前の30分など。

 

わざわざ読書時間を設けなくても、スキマ時間だけで本が読めちゃう。

 

ちなみに僕の場合は、車に乗ることが多いので、ラジオ代わりにいつも車で聞いています。

ラジオ代わり

たとえば、日帰りでドライブに行くと、2・3冊は充分に読めちゃう。

 

ウォーキング中でも、3日で1冊くらい読めちゃう。

3日で1冊でも、年間120冊ですらかね。

 

それで良かった本は、あらためて「紙の本」を買います

2つ買うのは、ちょっと勿体ないですけどね。

 

で、大切なところにパッパッと付箋を貼って、読書ノートに書き写すというのが、いつものパターン。

読書ノート

 

オーディオブックのメリット②

2つ目のメリットは…

スピード調節できる

 

たとえば、ぼくが使っているAudiobook.jpであれば、0.5倍速~4倍速までスピード調節が可能。

スピード調節

 

おすすめは2倍速です。

最初は「ちょっと速いなぁ」と思うかもしれませんが、だんだん耳が慣れてくるので、大丈夫です。

 

たとえば、『夢をかなえるゾウ』。

350ページ以上あってボリュームがあるのですが、紙の本で普通に読めば、速い人でも5時間はかかります。

夢をかなえるゾウ

 

でも、オーディオブックの2倍速なら、3時間45分

しかも、ラジオのように聞き流すだけなので、ほとんど疲れない。

疲れない

 

オーディオブックのメリット③

もう1つメリットがあって…

ハズレ本が少ない

 

オーディオブックになる本は、ほとんどが人気のある本です。

・ベストセラー

ベストセラー

・ロングセラー

ロングセラー

・書店で平積みになるような人気の新刊

平積み

 

なので、ハズレ本に出会う確率がグッと下がります

その分だけ読書効率が上がる、ということですね。

 

そんな3つの理由で、本をたくさん読みたい人にとっては、オーディオブックがおおいに役立ちます。

あと、読書する時間のない方や、本をあまり読んだことがない人にも、オーディオブックはおすすめですよ。

 

テクニック② スキミング

速読テクニックの2つ目は、こちら↓

スキミング

 

スキミングとは、わかりやすく言うと「雑誌読み」です。

 

みなさんも歯医者や美容院の待ち時間に、置いてある雑誌を読むことがありますよね。

雑誌を読む

 

1ページずつペラペラめくりながら…

「目立つところ」や「読みたいところ」だけを読むと思うのですが、あれがまさにスキミングです。

 

スキミングのやり方

では、具体的なやり方をみていきましょう。

 

まずは「まえがき」を読む

まえがきを読むと、「この本に何が書いてあるのか」「何を解決してくれるのか」がだいたい分かります。

まえがき

 

次に「目次」を読む

 

目次は、大見出しだけ読めばOKです。

大見出しだけを読むと、本の構造を理解できます。

目次

 

これで、準備はOK。

 

いよいよ本文を読むわけですが、やり方は簡単で「目立つところだけ読む」

・見出し

・太字とその前後

・図表

本文

・「この章のまとめ」みたいなものがあったら、そこも読む

まとめ

 

だいたいこんな感じで「目立つところ」を読むと、その本の80%くらいは十分理解できます。

大切なことが書いてある場所もわかります。

 

で最後に、大切なところに戻って、付箋をペタペタ貼っていく。

付箋

 

そして、読書ノートに書き写す。

読書ノート

 

これが、ぼくがやっているスキミングの手順。

 

もう一度おさらいすると…

①「まえがき」と「目次の大見出し」を読む

②本文は「見出し」「太字の前後」「図表」「まとめ」など、目立つところだけ読む

③戻って付箋を貼り、読書ノートに書き写す

 

この方法だと、だいたい一冊1時間

分厚い本でも2時間くらいで読むことができます。

 

スキミングの欠点

ただ、スキミングには欠点もあって、小説は無理です。

読み飛ばして小説を読んだら、ストーリーが分からなくなってしまいますからね。

 

あと、太字がない本、もしくは太字の少ない本も無理

外国人の本に多いのですが、太字がないと、どこを読んだらいいのかわからないですからね。スキミングは難しいです。

 

そんなわけで、スキミングできない本は、オーディオブックで探すか、オーディオブックに無ければ普通に読むしかないということですね。

残念ですけど…

 

速読をもっと速くする3つのコツ

ここからはオマケですが、けっこう重要です。

 

もっと速く読むコツ①

まず1つ目のコツは…

ハズレ本を読まない

 

オーディオブックでもスキミングでも同じですが…

本の3分の1くらいで、こんなことが頭をよぎることがあります↓

 

「この本、つまらない…」

「この本、自分には必要ない」

頭をよぎる

 

そう思ったら、この本は間違いなくハズレ本

もう、読むのはやめた方がいい!

 

というのは、本というのは、前半ほど面白いことが書いてあって、後ろに行くほどダレてきます。

本の流れ

 

つまり、3分の1まで読んでつまらないのなら、後半はもっとつまらない

 

あと、つまらない本を無理して読むと、ストレスになりますからね。

つまらない本

読書が嫌いになるんです。

 

「最後まで読み切らないともったいない」という気持ちもありますが、全部読んでいたら時間がもったいない!

時間のムダ使いは、水の出しっぱなしよりも勿体ないですからね。

水の出しっぱなし

途中でやめる勇気も大事、ということですね。

 

もっと速く読むコツ②

もっと速く読むコツの2つ目は…

できるだけ本屋で買う

 

本を速く読めない最大の原因は、自分のレベルに合ってない本を読むこと。

 

そして、自分のレベルに合ってない本を買ってしまう原因が、ネット書店電子書籍なんです。

 

たとえば、こちらの本。

いやな気分よさようなら

『いやな気分よ さようなら』

 

表紙の絵もかわいくて、なんだかすぐに読めそうな気がしますけどね。

すぐに読めそう

 

でも、これをAmazonで注文すると、ずっしり重い電話帳のような本が送られてきます。

分厚い本

普通の新書と比べても、こんなに違う!

比較

しかも、中を見たら、細かい文字がビッシリ。

文字がビッシリ

専門用語もけっこう多い。

 

この本は、とても良い本なのですが…

読書に慣れていない人が読んだら、何カ月かかるかわからない。

 

もっと嫌な気分になっちゃいますよね。

 

では、本屋さんで本を選ぶと、どうなるのか?

本屋

 

「これが7つの習慣かぁ。ゲッ!小さい文字がビッシリじゃん」

驚く

「しかも500ページ以上ある!」

びっくり

「だったら隣に置いてある『まんがでわかる7つの習慣』にしよう」

マンガ版

 

こんな感じで…

本屋に行くと、自動的に自分のレベルに合った本を選ぶんですね。

 

だから速く読める。楽しく読める。

速く読める

 

そんなわけで、本はできるだけ本屋さんで買ったほうがいいですよ、ということですね。

 

もっと速く読むコツ③

最後。速読をもっと速くする方法の3つ目は…

音声入力

 

これ、何かというと…

さきほど「読書ノートに書き写してる」と言いましたが、今はもうやめちゃったんです。

 

代わりに、パソコンに入力しています。

パソコン

 

というのは、手書きだと時間がかかり過ぎる。

一冊書き写すのに、1時間以上かかっちゃったり…。

 

でもパソコンなら、手書きで1時間かかるものでも、10分で終わります

10分で終わる

 

やり方にはコツがあって、それが音声入力

音声入力

 

まずは、スマホのメモ帳に音声入力。

一冊分入力したら、メールでパソコンに送る。

メール

 

ぼくの場合は、データバンクというフォルダのなかに「本棚」をつくって管理しているのですが、これが便利!

というのは、検索ができるんです。

フォルダ

 

この前も、ぼくの妹が「血圧が高くて、検査でひっかかっちゃった」らしいんですけど…

妹

そんなときでも、「血圧」で検索すれば、血圧に関するお宝情報がズラッと出てくる。

血圧で検索

 

「集中力」と検索すれば、集中力に関するお宝情報がズラッと出てくる。

集中力で検索

便利でしょ!

 

このパソコン版読書ノートが、ぼくにとって何よりの宝物になっています。

 

まとめ

年間500冊~1000冊読んでいるラッキーの速読法は2つ。

①スキマ時間にオーディオブックを聞き流す

②スキミングで「まえがき」「目次」「目立つところ」だけ読む

 

速読をもっと速くする3つの方法は…

ハズレ本を読まない

できるだけ本屋さんで買う

読書ノートは音声入力してパソコンで管理

 

以上が、ぼくの速読術。

ご質問にお答えできたのではないかと思います。

 

速読だけではダメ!

最後に余談になってしまうかもしれませんが…

たくさんの本を読んでいくと、「自分の人生を変えてくれそうな本」に必ず出会います。

人生を変えてくれる本

 

そのときは速読ではなく、ぜひ熟読してください。

熟読

何度も何度も、本に穴が開くほど読んでいく。

 

一冊の本をくり返し読むと、考え方が変わります

考え方が変われば、行動が変わります

行動が変われば、習慣が変わります

習慣が変われば、運命が変わります

 

一冊1500円の本で、自分の運命が変わる。

こんなにワンダフルなことは、他にないですからね。

 

その一冊にめぐり会うためにも、速読を使って、たくさんの本に触れてみてくださいね。

宝探しみたいな気分になって、読書が今よりもっと楽しくワクワクしたものになると思いますよ。

 

●AmazonのAudible(オーディブル)

Audiobook.jp(オーディオブックドットジェイピー

 

 

以上、【速読術】大量の本を速く読むテクニックでした。

●こんな記事もありますよ

幸せになれる!おすすめ本・3選

幸せになれる!おすすめ本・3選

著者:心理カウンセラー・ラッキー

★YouTube 始めました★

きっと役立つ知恵をお届けします

☆ラッキーのTwitter☆


★読むだけでみるみる幸運になる「ラッキー語録」も、TwitterとFacebookで無料公開中!