【心の健康】心配性の原因は、テレビの悪影響?!

更新日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

財布を忘れて帰宅する途中、コンビニに立ち寄ってしまいました。こんにちは!ボケが心配な心理カウンセラー・ラッキーです。

心配性の原因は「テレビの影響」かも

テレビは情報の宝庫。

テレビの見過ぎ

しかし、心に悪影響を及ぼすような番組が、非常に多いのも事実。

テレビが心に与える悪影響

テレビは子供に影響を及ぼすだけでなく、大人の心にも悪影響を及ぼします。

 

「小さいことでも、すぐに不安になってしまう…」

そんな方は、心が荒むようなテレビ番組の見過ぎかも。

 

今回は『心配性』と『テレビ』の関係についてお話させていただきます。

スポンサーリンク

 

映像でもトラウマになる

トラウマとは、心的外傷(つまり心の傷)。

過去の実体験が、心に傷を残してしまうわけです。

トラウマ体験

 

が…、

実は、映像を見るだけでも、それがトラウマになってしまいます。

テレビの悪影響

 

忌まわしい映像やニュースを見るだけで、実際に体験したかのごとく、心に傷を残してしまうのです。

 

これは、心の奥にある『潜在意識』と深い関係があります。

潜在意識

潜在意識の不思議な性質を知ることで『心に取り入れる情報』の大切さを、改めて理解できると思います。

 

潜在意識の不思議な性質

心の奥にある潜在意識。

その潜在意識には、とても変わった性質があります。

 

それは…

「映像や情報を、自分の実体験と勘違いしてしまう」

ということ。

 

スポーツ選手が本番前におこなう『イメージトレーニング』も、この性質を利用したもの。

イメージトレーニング

成功する場面を、くりかえし想像することで、「今までに何度も成功している」と潜在意識が勘違いするのです。

だから、過度な緊張がほぐれて上手くいく。

 

同じように…

テレビの映像や情報も『自分が体験したこと』として、潜在意識が記憶してしまう。

潜在意識が記憶し心配性になる心

 

恐ろしい映像を見るだけで…

「恐ろしい体験をした!」という自分自身のトラウマになってしまうのです。

テレビの悪影響を受けた心配性の女性

 

その傷の一つ一つは小さいのですが…

それが蓄積されれば、不安症・神経症・心配症・うつ病へとつながる危険性もあります。

 

「すぐに不安になる」

「わけもなく不安で眠れない」

「子どもの性格がオドオドしている」

というのなら…

不安になる

それ、テレビの悪影響かもしれません。

 

不安をあおる番組が80%

報道情報の80%は…

「事件・事故・政治不信・病気などのネガティブな情報」なのだそうです。

 

その理由は簡単で、

怒りや不安を煽ることで、視聴率が取れるから。

 

なので、どんな情報でも、ネガティブな一面だけを放送する傾向があります。

 

たとえば、円高になると…

「○○自動車が、何百億円も損しました」という、一部のネガティブなことを取り上げ報道する。

円安になっても同じように、「○○業界がたいへん厳しい!」という一部のネガティブなことを取り上げ報道する。

ネガティブなテレビ番組

 

それから、

「最近の子どもはキレやすく、少年の凶悪犯罪が増えている」と思い込まされ、不安を感じている人も多いと思います。

 

しかし「犯罪白書」によると、少年犯罪は急速に減少しているのが現実です。

 

つまり、テレビの情報は、現実よりも暗い。

現実よりも暗いテレビの情報

これらネガティブな情報を、潜在意識は「自分の体験」として認識してしまいます。

 

すると、心はどうなってしまうのでしょうか?

 

次に、テレビが心に及ぼす悪影響を、具体的にみていきます。

 

テレビは、どんな悪影響があるの?

こんなことを書くと、テレビ番組を制作している人たちに怒られてしまいそうですが…

書きます。

 

『警察24●』のような、物々しい番組をみると、どうなるか?

 

パトカーを見るだけで、なんとなく不安な気持ちになります。

パトカー 不安な気持ちになる

 

『政治家の理解できない言動』や、『企業の失態をあばくような報道』ばかり見ていると、どうなるか?

 

「世の中、悪い奴らばっかりだ」人間不信になります。

人間不信になる

 

『衝撃的映像』や『誘拐事件』ばかり見てると、どうなるか?

 

「両親の乗った飛行機、大丈夫かな?」

「子どもの帰りが遅いけど、もしかして!?」

というように、現実的でない想像(妄想)が膨らむようになります。

心配性になる

つまり、心配性になってしまうのです。

 

僕自身も東日本大震災の直後は、海に近づくことが怖かったし、大好きだった釣りも今ではほとんどしていません。

「津波の映像」を見過ぎてしまったようです。

 

僕の妻の知り合いも「津波の映像」を見過ぎて鬱になり、精神科を受診しました。

 

その先生いわく、

「ワイドショーを見過ぎて、鬱になる専業主婦が急増している」とのこと。

 

テレビのなかった時代は『実体験』のみがトラウマの原因でした。

テレビのなかった時代

しかし、現代ではテレビの疑似体験も、トラウマの原因となっていまうのです。

 

心の病が急増した原因も、もしかしたら、ここにあるのかもしれません。

 

ネガティブな情報も、少しは必要

とはいっても、ネガティブなテレビの、すべて悪いわけではありません。

『詐欺の手口』『被災地の現状』を知ることができたり、経済状況を把握できるなど、ためになることも多い。

 

また『不安』を感じることも、大切なこと。

不安があるからこそ「わたしも気をつけよう!」となって、用心することができます。

不安があるから頑張る人

不安とは、命を守るための『心の警報機』

 

身体にとって、ビタミン・ミネラルが大切なように、

『ネガティブな情報』適度に摂取することが必要です。

 

テレビの悪影響まとめ

『恐ろしい事件』『役人の失態』など、ネガティブな情報ほど知りたくなるのが人情です。

また、テレビに映る『悪い人』に対して文句を言えば、優越感や正義感を感じ少しは楽しいかもしれません。

テレビに映る悪い人に文句を言う夫

 

しかし、起きた犯罪・事件・事故にいくら精通しても、心にトラウマを残すだけ。

最後に苦しむのは、自分自身です。

心の傷

 

ネガティブな情報で頭をいっぱいにすることは、栄養にもならない食べ物を詰め込むより、ずっと危険なこと。

ネガティブな情報で頭がいっぱい

 

身体に取り入れる栄養と同じように…

心に取り入れる情報の『質と量』にも気を配りたいものです。

 

  • なるべく明るい番組を見るようにする
  • 「不安をあおってるな」と感じたらチャンネルを変える

などの、ちょっとした心がけが、心の健康には不可欠です。

心の健康

 

 

以上、『【心の健康】心配性の原因は、テレビの悪影響?!』でした。

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 


(ツキを呼ぶ名言・更新情報など、つぶやいています)

フェイスブック はじめました

 

スポンサーリンク

-安心

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2017 All Rights Reserved.