仕事やダイエットが楽しくなる!ゲーミフィケーションの実例とヒント

心理カウンセラー・ラッキー

vol.0099

「ゲーミフィケーション」という言葉をご存知ですか?

 

ゲーミフィケーションとは…

ひと言でいえば、「ゲーム化」

 

たとえば…

・仕事をゲーム化すれば、従業員のやる気を引き出せます

・ダイエットをゲーム化すれば、楽しくなって長続きします

・商売をゲーム化すれば、お客さんが集まり商売繁盛します

 

あらゆることを、楽しものに変えてくれるゲーミフィケーション。

昨今では、大企業もチカラを入れて取り組んでいます。

今回は、その実例とヒントをご紹介します。

スポンサーリンク

 

ゲーミフィケーションの実例

①【仕事】ゲーム化で従業員のやる気を引き出す

 東京ディズニーランド

数々のゲーミフィケーションを取り入れているのが、東京ディズニーランド。

 

お客様に対してだけでなく、スタッフのやる気を引き出すためにも、さまざまな工夫を凝らしています。

 

たとえば、「ファイブスタープログラム」

幹部が、素晴らしい仕事をしているキャスト(スタッフ)を見つけると「ファイブスターカード」を渡します。

20150709five
出典 http://www.olc.co.jp/csr/recognition/

このカードを集めると、オリジナル記念品と交換できたり、特別なパーティーに参加できたり。

パーティーにはミッキーやディズニーの仲間たちも登場するそうです。

 

また、入社後に「M⇒A⇒G⇒I⇒C」と昇格するグレードアップ制度など、

さまざまなゲーミフィケーションで、スタッフのやる気を引き出しています。

 

そのため、スタッフに行なわれた「不満のアンケート」では、

このような回答がほとんど↓

「ありません。人生20年、これほど充実したときはなかったです」

「まったくありません。学校よりもたのしいぐらいですからね」

『ゲーミフィケーション(井上明人)』NHK出版より

 

②【商売】ゲーム化でお客様を楽しませる集客術

くら寿司

回転ずしチェーン店の「くら寿司」では、「ビッくらポン」というゲームで子供たちの心をつかみ、集客に大成功しています。

 

ビッくらポンとは、皿の返却をゲーム化したもの。

皿回収ポケットに、食べ終わった皿を5枚入れると抽選が行われ、オリジナルグッズが当たります。

20150709bikku
出典 http://www.kura-corpo.co.jp/pr/bikkura.html

これがあることで、「もう1皿食べようか!」となり客単価も上がります。

 

ドクターシーラボ

化粧品メーカーのドクターシーラボ。

そのネットショップに「肌ポリー」という名のスゴロクがあります。

 

一日1回サイコロを振ることができ、1週間以内にゴールするとポイントを付与。

商品購入時に「1ポイント=1円」で使うことができ、また、商品を購入すると「10こま進む」「3倍進む」などのアイテムがもらえます。

 

これなら、単なるポイントカードより何倍も楽しいですね。

 

ちなみに、この「肌ポリー」で会社が負担するポイントの合計は、週に12,000ポイント(12,000円分)程度。

しかし「肌ポリー」経由の売り上げは、1億円以上になるそうです。

劇的な費用対効果ですね!

 

③【運動】万歩計の進化系

任天堂

ウォーキングのときに使われる「万歩計」は、ある意味ゲーミフィケーション。

「どれだけ歩けるのだろう?」とワクワクできます。

 

更にこれを進化させたのが、1998年に任天堂から発売された「ポケットピカチュウ」

歩けば歩くほど、ピカチュウが仲良くしてくれるという万歩計です。

20150709pika
出典 http://www.nintendo.co.jp/n09/pokepika/

最初はうろうろしていたピカチュウが、愛らしい行動をするようになる。

しかし、ウォーキングをさぼると、ピカチュウがどんどん無愛想になってしまいます。

 

ポケットピカチュウは、当時一番売れていたソニーの「プレイステーション本体」の売上を上回るほどの大ヒット商品になりました。

 

④【ダイエット】計るだけでやせられる

ためしてガッテン

NHKの情報番組「ためしてガッテン」で紹介され大ブレイクしたダイエット法「計るだけダイエット」

やり方は、毎日朝晩の2回、体重を計ってグラフを書くだけ。

これでダイエット効果があるというのだから凄い!

 

計るだけダイエットのように、

「グラフ化する」

というのは、ゲーミフィケーションの基本形。

 

グラフ化するだけで…

達成感を感じたり、焦りを感じたり。

その気持ちが「カロリー制限・運動」のやる気に火を付けます。

 

⑤【貯金】楽しく節約できる貯金箱

タカラトミー

タカラトミーから発売されている「人生銀行」という貯金箱。

500円玉を貯金するたびに、液晶画面の住人が幸せになっていきます。

最初は、三畳一間の生活からスタートし、就職・恋愛・結婚など、人生を充実させていきます。

 

そして、目標金額を達成できれば、ハッピーエンドに。

達成できなければ残念なことに…。

 

本来、節約は楽しくないものですが、

ゲーム化することで、こんなに楽しめるのですね。

 

⑥【環境問題】ゲーミフィケーションでCO₂削減

プリウス

トヨタのハイブリッドカー「プリウス」にもゲーミフィケーションが上手く組み込まれています。

 

メーターパネルで、さまざまな「数値・グラフ」を確認できます。

20150709meta

この「燃費」という数値が高いと、なぜか嬉しくなる。

逆に、燃費が低いと、「運転がヘタクソ」と言われている気になります。

 

その気持ちが「ふんわりアクセル・ゆっくり走行」につながり、しいてはCO₂削減になる。

 

また、最近では全国各地で「ゴミ拾い大会」が開催されています。

これも環境問題を解決するための、1つのゲーミフィケーションといえるでしょう。

 

ゲーム化を、私生活にも取り入れよう!

ゲーミフィケーションは、アイディア次第であらゆることに応用できます。

 

ゲーム化するときの基本は

 

「目標+期限+グラフ」です。

 

たとえば勉強で

「500ページの問題集を、1ヵ月以内に終わらせるぞ!」

というのであれば…

下のようなグラフを作り、毎日書き込むだけでゲーミフィケーションになります。

20150709gurafu

 

ジョギングであれば…

走った距離を計測して、

「今月は横浜まで走るぞ!」

「今年中に博多まで走るぞ!」

と、日本地図に印を付けていくのも良いかもしれません。

 

このように、少し頭をひねれば、

ゲーム化するのは簡単。

 

仕事・勉強・運動・貯金・読書・掃除・子育て・ダイエットなどなど、

ゲーミフィケーションを取り入れれば

楽しさが増し、きっと成果も上がるはずです。

 

以上、『仕事やダイエットが楽しくなる!ゲーミフィケーションの実例とヒント』でした。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございます!
(心理カウンセラー・ラッキー)

スポンサーリンク