人から軽く扱われる≪7つの原因と対策≫

更新日:

心理カウンセラー・ラッキーのプロフィール

体はだんだん丸くなる妻ですが、言葉にトゲが増えました。こんにちは!妻に軽く扱われがちな心理カウンセラー・ラッキーです。


 

学校・職場・友達関係…

人から軽く扱われる・からかわれやすい・馬鹿にされやすい・雑に扱われる・見下される・うまく利用される…

「なんで、俺はいつもこうなるの?」

人から軽く扱わるる人

 

そんな悩みを抱える方も、少なくないと思います。

 

相手が赤の他人であれば、「まだ人間ができていないのだな」と受け流すこともできますが、

相手が、同じ職場や学校となると、そうも言ってられません。

職場で馬鹿にされる女性

 

というわけで…

「人から軽く扱われる原因と対策」を7つお伝えいたします。

自分に当てはまるものがあれば、さっそく対策を講じてくださいね。

スポンサーリンク

 

人から軽く扱われる
≪7つの原因と対策≫

軽く扱われる原因①
『声が小さい or 早口』

「声」は、その人の印象を大きく左右します。

 

大切なのは、声の音量スピード

 

・「声が小さい」と、自信がないように見え、人から軽く見られます

声が小さい女性

 

・「早口」でペラペラしゃべると、言葉の重みがなくなり、信用も低くなります

早口でしゃべる人

 

心理学の実験でも、「ゆったり話す人ほど魅力的にみえる」という結果が出ています。

 

対策①『大きな声でゆったり話す』

対策は、この2つ。

1.ライオンをイメージして、「大きな声でゆったり話し、ゆっくりうなずく」

2.言葉の最後が尻切れトンボにならないように、語尾までしっかり発音する

 

話し方の習慣を変えるのは、意外と大変なことです。

家族と話すときや、店員に話しかけるときなど、「普段」からの心掛けが大切です。

 

軽く扱われる原因②
『やることが遅い』

何をやっても「速い人」もいれば、

何をやっても「遅い人」がいます。

速い人と遅い人

 

「遅いのが悪い」という話しではありません。

遅いというのは、言い換えると「慎重・丁寧」ですから。

 

ところが、「速い人」から見ると、「遅い人」はダラダラやっている風に見えてしまう。

一生懸命やっているにもかかわらず、「速い人をイラ立たせてしまう」のです。

苛立つ人

 

対策②『マイペースを上げる』

速い人と、遅い人の違いは、「マイペース」です。

 

マイペースとは、「生命の周波数」みたいなもの。

 

ハエを叩こうとすると、忍者のように素早く逃げます。

ハエは、とてつもなく「生命の周波数が高い」のです。

ハエ叩き

 

この「生命の周波数」は、自分で変更することが可能。

 

その方法が、こちら↓

「早歩きする」

早歩き

 

普段から、タッタカタッタカ早歩きをしていると、徐々にマイペースが速くなります。

がんばらなくても、やること為すこと、すべてが速くなります。

 

「高速道路を降りたあと、スピードが出過ぎてしまう」のと同じ原理です。

車

 

軽く扱われる原因③
『ムキになる』

「人をからかう」のが好きな人は、どこにでもいます。

人をからかう人

 

なぜ、人をからかうのか?

「反応をおもしろがる」、それが一番の理由。

 

自分がからかわれたときに…

「ムキになって反応する」ほど、それを面白がって、何度もからかってきます。

何度もからかわれる女性

 

やがて、周りの人にも伝染してしまい、「たくさんの人から、からかわれる」という最悪の状況に陥りかねません。

 

それを回避するには、どんな対処法があるのか?

 

対策③『否定しないで、肯定する』

「ムキになる」とは、相手の言葉を「否定」すること。

否定したら、相手の思う壺です。

 

それとは逆に、「肯定」してしまえばいい。

「乗ってあげる」と言い換えてもいいかもしれません。

 

キーワードは、「そうだよ」。

 

「その服、スイカみたいだね」と、からかってきたら…

「そうだよ。おれがスイカ好きなの知らなかった?」

 

「字が汚いなあ。ミミズみたい」と、からかってきたら…

「そうだよ。うちは先祖代々、字が汚いのが伝統なの」

相手の話を肯定する女性

 

「そうだよ」と肯定すれば、相手は暖簾に腕押しで、拍子抜けしてしまうのです。

拍子抜けする人

 

ついでに、こちらの「器のデカさ」をアピールすることもできます。

 

軽く扱われる原因④
『自分を大切にしていない』

「自分を大切にしない人は、他人からも大切に扱われない」という法則があります。

 

「おれ 才能ないから…」

「どうせ私なんか…」

卑屈になって自分の価値を下げてしまうと、他人から見ても「なんとなく価値のない人」に見えてしまう。

オーラが暗い女性

地味な感じのオーラになってしまうのです。

 

対策④『自分で自分を褒める』

自分の価値を上げるには、「自分褒め」がいちばん簡単。

とくに寝る前、布団に入ってからおこなうと効果大です。

 

「なんだかんだ言っても、今日もよくがんばったよなぁ」

「いつもがんばってるよね。わたしって偉い!」

眠たいとき

 

眠たいときは、潜在意識の扉が開いているので、心の奥までメッセージが染み込んでいく。

 

こうして自分の価値を上げていけば、卑屈になることも減ってきて、出てくるオーラも違ってくるはずです。

スポンサーリンク

 

軽く扱われる原因⑤
『自己主張していない』

「牛丼よりラーメンが食べたい」

「土曜日のほうが都合がいい」

「ちょっとボールペン貸して」

このような、ハッキリとした自己主張。

 

それをしない人の周りには、必ず「ズルい人」が集まってきます。

都合よく使われる人

「便利な人」「都合のいいヤツ」として、うまく利用されてしまうのです。

 

自己主張しない人は、もともと「いい人」「優しい人」です。

しかし、気づかいしすぎて、それが裏目に出てしまう。

 

つまり、「必要以上に気づかいしない」ことが大切です。

次に、そのための対策をご紹介します。

 

対策⑤『心構えを変える』

自己主張しない原因は…

「相手を悪い気持ちにさせたくない」「誰からも嫌われたくない」という、心の奥にある思い。

 

その思いを緩めるには、多少の「覚悟」が必要です。

覚悟を決める人

「覚悟を持つための2つの心構え」ご紹介します。

 

心構え1
『自分を幸せにする』

まずは、「いい人になりたい」のか、「幸せになりたい」のか、はっきり決断すること。

 

当然、「幸せになりたい」を選択しますよね。

「自分は、いい人になりたいんじゃない。幸せになりたいんだ」という、しっかりとした気持ちを持つことが大切です。

 

心構え2
『誰からも好かれることは不可能』

すべての人から好かれようとすれば、個性が消えてなくなり、逆に「誰からも好かれない」という状況に陥ります。

軸がブレて、ヘラヘラしたような態度に見えてしまうのです。

 

「誰からも好かれる」ことは理想ですが、現実的には絶対に不可能です。

 

たとえ相手を褒めたとしても…

「うれしい!」と喜んでくれる人もいれば、

「イヤミ?」と返してくる人もいる。

イヤミととらえる人

 

こちらの発言に、相手がどう反応するかは十人十色。人それぞれです。

 

それはすでに、こちらの問題ではなく、あちらの問題。

「あちらの問題」まで、自分が背負い込まなくてもいいのです。

 

そのためには、「誰からも好かれることは不可能なんだ」という現実を肝に銘じ、勇気をもって自己主張していくことが大切です。

 

軽く扱われる原因⑥
『見た目』

他人は、その人の品性を「身だしなみ」から感じています。

身だしなみを整えない人

 

・ヨレヨレの服装、ボサボサの髪型、机の中がグチャグチャでは、それ相応の扱いを受けてしまいます

・パリッとした服装、清潔な髪型、整理整頓された机なら、それ相応の扱いをしてくれます

 

もう一つ、外見で大切なのは「目つき」

視線

「目は口ほどに物をいう」と言われるように、目つきはその人の印象を大きく左右します。

 

では、それぞれの対策を見ていきましょう。

 

対策⑥『ワンランク上のおしゃれ』

「性格や行動は、服装に合わせて変化していく」

これを、心理学ではユニフォーム効果といいます。

 

つまり…

ワンランク上のおしゃれにチャレンジすれば、それにふさわしい性格に変化していく
↓↓
さらに、もうワンランク上のおしゃれにチャレンジする

お洒落な人

 

このサイクルを繰り返せば、自分の品性を高めていくことができる。

品性が上がれば、周りの人の扱いも自然と変わってくるものです。

 

目つき

ちょっとしたテクニックですが…

「目を細める」

これは、意外なほど効果あり。

 

もちろん「目つきを悪くする」という話ではありません。

視力の低い人が遠くを見るときのように、「目を細めて遠くを見る」。

 

それを見た人は…

「なにか深く考えてるな」

「こいつ芯のあるやつだな」

と感じてしまう。

 

「深みのある人間」を演出することができるのです。

 

ときどき「目を細めて遠くを見る」だけなので、とても簡単ですよね。

 

軽く扱われる原因⑦
『友達が少ない』

戦国大名は、どんな手をつかって国を守ったのか?

「味方の大名をふやす」

 

単純な原理ですが、現代の人間関係にも十分応用できます。

つまり、友達を増やせば、それに比例して、他人から責められることも減少するというわけです。

 

対策⑦『友達を増やすコツ』

対策として、「友達を増やすコツ」を3つお伝えいたします。

 

1.雑談をふやす

親近感は、「雑談の量」に比例します。

 

雑談とは、仕事の話でも、必要な話でもありません。

「どうでもいい話」です。

 

ハーゲンダッツの『抹茶のオペラ』、もう食べた?
ううん、まだ食べてない。おいしそうだよねー
だよねー

 

雑談をふやして、その中から「お互いの共通点」を探していく。

それが、友達づくりの基本です。

 

2.自分から話しかける

「ちょくちょく話しかけてくれる人」と「いっさい話しかけてくれない人」の、どちらが好きですか?

答えは、言うまでもないですよね。

 

人は、「話しかけてくれる人」に自然と好意を抱くものです。

 

中でも大切なのが、朝の挨拶。

・自分から

・笑顔で

・名前をつけて

これがベストの挨拶です。

笑顔で挨拶

 

また、「先に話しかけた人の方が、なぜか立場が強くなる」という利点もあります。

 

3.人を褒める

「いい声してるよね」

「度胸があるね」

「いつもありがとう」

「課長、感謝してます」

 

人は、「自分を褒めてくれた人」を大切にする傾向があります。

なぜなら、褒めてくれた人を否定すれば、自分の長所までも否定することになるからです。

 

どんな人にも、必ず長所があります。

人を褒めるには、「意識して長所を探す習慣」をもつことが大事です。

 

「人から軽く扱われる」の原因と対策・まとめ

長くなってしまいましたので、最後に要点をまとめておきます。

使えそうなものがあれば、一度試してみてくださいね。

原因①『声が小さい or 早口』

対策

・大きな声でゆったり話し、ゆっくりうなずく

・語尾までしっかり発音する

 

原因②『やることが遅い』

対策

・早歩きを心がけて、マイペースを上げる

 

原因③『ムキになる』

対策

・からかわれたら、否定しない

・「そうだよ」と肯定する

 

原因④『自分を大切にしていない』

対策

・毎晩 寝る前に、自分を褒める

 

原因⑤『自己主張していない』

対策

・「誰からも好かれることは不可能なんだ」という現実を肝に銘じ、勇気をもって自己主張していく

 

原因⑥『見た目』

対策

・ワンランク上のおしゃれに挑戦する

・目を細める

 

原因⑦『友達が少ない』

対策

・雑談をふやす

・自分から話しかける

・人を褒める

 

以上、人から軽く扱われる≪7つの原因と対策≫でした。

 著者:心理カウンセラー・ラッキー 

スポンサーリンク

☆ラッキーのTwitter☆


(ツキを呼ぶ名言・更新情報など、つぶやいています)

フェイスブック はじめました

 

-人間関係

Copyright© 【しあわせ心理学】パンダの温度 , 2018 All Rights Reserved.